-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『この胸をどうしよう』/高遠琉加(笹生コーイチ) | main | 『茨木さんと京橋君』/椹野道流(草間さかえ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最近読んだ一般マンガ@2008.4.17
最近…と言っても1ヶ月単位になってしまうのですが、
一般マンガの感想です。

「最近」などの時間感覚の表現は共有しがたいし、
自分でも時によって異なる時がありますけれど、
誰しもある程度の判断基準を持っていますね。
本の面白さもそんなもんだなあ、と当然のことを言ってみたり。

さて、では短い感想4本立てです。


1・『番線』/久世番子
【Amazon】

『暴れん坊本屋さん』で(かつ本好きの間で)
一世を風靡した久世番子さんの、
最新エッセイコミックです。


前述の『暴れん坊本屋さん』では書店員としての事情、
漫画家としての事情を主に描かれていましたが、
今回は本に関わる人たちへの取材が加わり、
バラエティ豊かになって本好きの元へやってきました。
写植、国会図書館、校正、辞書編集者などの特集、
非常に興味深く読むことができました。
特に校正さんの仕事は…他人事とは思えない……(泣)

で、特にお気に入りの特集は、「雑誌履歴書」の話と、
「教科書図書館」をたずねる話でした。
「雑誌履歴書」は今までに購読・定期的に読んできた
雑誌を履歴書のように書いてみるという話で、
これ、本好きの人とやったらきっと楽しいと思います。
「教科書図書館」はぜひ1度行ってみたいです。
図書館の話ってすごく盛り上がるんですよね。
なんでだろう? 多少なりともわくわくしたから?
「朝のリレー」が私は一番好きでした。

本好きに捧げる1冊、ご馳走様でした。
(『配達あかずきん』とで全プレサービスがあるみたいです…)


2・『とめはねっ!』3/河合克敏
【Amazon】

これは日本人として読むべきだよ!と
主張するつもりはないですが、
書道マンガ、面白ッ!!


すべてに安定感を持って楽しめるんですよね、
河合さんの作品って帯の藤田和日郎さんの文句どおり、
「楷書」の持つイメージととてもリンクしています。
キャラクターも立っているし、ギャグは外さないし、
知識面も惜しみなく描かれているし、絵も美しく、
読みやすく、規則正しく、そして美しい。

いま、一番コミックスが待ち遠しいのがこの作品かなあ。
連載中だというのに、河合さんは今までスポーツマンガが
多かったため、どうやってこの文化系マンガを
終わらせてくれるのか、いまから気になります。

ちなみに私はさすがに篆刻オタクではありませんけれども、
「かな」は粘葉本和漢朗詠集が好みです。
……マニアックですか?…そうですか。


3・『カボチャの冒険』/五十嵐大介
【Amazon】

この本に関しての感想は簡単です。
絵の美しさと、カボチャ(猫)の可愛さです。
以上。


では寂しいのでもうちょっと書くとして、
『海獣の子供』などで有名な五十嵐さんですが、
実を言うとあまり得意ではありませんでした。
あまりにも絵が克明過ぎて…海の近くで育ったくせに、
海の中とか、海の生き物があまり好きではないので、
トラウマになっていたのですが、山の中での猫との生活は
全く問題なしに読めました。カラーの色使いがすごい!

カボチャの可愛さは言わずもがなで、
猫のやんちゃ具合が、やんちゃ受けがはしゃいでるのを
読んでいるようでたまらん充足感です!(一部表現がおかしい)
いいなー猫と田舎でふたりぐらし……と
アパートで夢見るのに最適な1冊でした。


『ファンタジウム』1/杉本亜未
【Amazon】

こちらは外出先で読む本がなくなってしまい、
書店に駆け込んで本を物色していたとき、
「これはは…ここで見たな」と思い出して
急場凌ぎで買ったのですが、予想以上に面白かったです。

文字が読めない、書けない「ディスクレシア」の少年が持つ
稀有な才能であるマジックを題材にしたお話です。
年齢を超えた友情のような、家族のような、
少年とその師匠の孫との不思議な関係も
BL的に美味しい関係なんですが、それ以上に、
幸せとは何ぞや?と自分に問い質してみたくなる、
一言では言えない何かを訴えかけてくる作品でした。

マジックのシーンは華麗にして愉快、魔法などないと
分かっていても楽しめるその場の雰囲気が伝わって来ます。
地味な装丁であっても(笑)、素晴らしい内容でした。
2巻も読みたいけれど楽しみすぎて躊躇しています…。


いまさら言わずもがなですが、ファンタジウムに寄せて、
私の幸せは、マンガや小説を読んで楽しむことです。
| [その他]BL以外のコミック | 23:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - |