-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オヤジ、その4パターン | main | 『この胸をどうしよう』/高遠琉加(笹生コーイチ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『胡桃の中』1・2/川唯東子
今日は非常に気持ちよく読書ができました。

土日は昼寝(と言うには4時間ほどと長い)をするので、
読めていいとこ小説2冊と言ったペースなのですが、
今日は眠くならずにすらすらと文字が入ってきて、
しかも良い本が続き、BL小説2冊、BLコミック1冊、
非BL小説1冊を午後いっぱいで読んでしまいました。
本の中に没頭できる快感はたまりませんね。

さて、今日の感想本は、没頭する対象が「絵」の人のお話でした。
以下、感想です。



『胡桃の中』1・2/川唯東子
リブレ出版(2007/10)
【Amazon】 1巻 2巻
おまけ情報:
1巻に1ヶ月で重版かかってる…。
初版が少なかったか、人気があったのか?
☆あらすじ
寂れた画廊の店主・谷崎。
一見だらしないその風貌の持ち主は、人間嫌いの変わり者で、
実は谷崎は贋作家。だが天然の彼氏・中居の影響か、
その知識は彼の意に反して、画廊に訪れた
心優しい人たちの悩みを次々と解決していく……

*   *   *   *   *   *

川唯さんの作品を読むのはこれが初めてなのですが、
せんべい食べたら即、疲弊してしまいそうなあごの細さ、
目の切れ長さに「表紙と…あれ……?」と読み始めは
嘆きかけましたが、読むうちに引き込まれてゆきました。
(初出を見たら、これは復刊ものでした。なら絵柄に納得。)

おそらく、『ギャラリーフェイク』を読んでいれば、
主人公・谷崎が贋作師というともありますし、
BL版ギャラリーフェイクだな、と思ってしまう、
様々な絵画をモチーフにしたストーリーとなっています。

門外漢の私には、絵画の知識に関しての話はもちろん、
ギョーカイのちょっとした裏話的なストーリーもあり、
知的好奇心を満足させてもらったのも
ギャラリー・フェイクと一緒でした。

しかし、パクリなどという気はさらさらなく、
知識面を踏まえながらも、恋愛関係だけでない
人と人のかかわりに重きを置いているものが多いです。

正義とは呼べない(谷崎もそれを望まないだろう)谷崎が、
「絵画の価値」をときにシニカルに、ときに温かく見出し、
絵画にまつわる人達の問題と、その絵に含めた想いも
合わせて、解決へと導く物語に感情を揺さぶられました。
絵はちょい昔の白泉社系の少女マンガまんまなのですが、
その質素な感じがお話のじんわりとした味とマッチしていて、
次第に好感を持ってしまいました。
読みやすいのが一番よね!(変わり身早ッ)

パウル・クレーの絵を買おうとする少年の話なんて、
中居同様、涙腺が危ないことになってしまいましたもの。
人情噺はどれだけベタだって読んじゃうね、あたしゃ。
(ショ、ショタ好きだからじゃないんだからねっ!?)


ZEROコミックスなのでエ口シーンはあまりなく、
あったとしても事後シーンぐらいです。
エ口シーンよりも、事後に語らいあう谷崎と中居が
この作品のテイストにぴったりだと思いました。

ああ、読み終えたら美術館行きたくなってきた……。
今なら値段がどうの意図がどうのと、あまり考えずに
素直な心で見学できそうな気がします。

芸術関係(絵)にまつわる、じんわりくる話が
好きそうであれば挑戦して損なしかと思います。

P.S.
ちなみにこの作品、続いてるんでしょうか…?
収録作の最後の掲載が07'4月号って書いてあるのが気になる。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 19:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:52 | - | - |