-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『胡桃の中』1・2/川唯東子 | main | 最近読んだ一般マンガ@2008.4.17 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『この胸をどうしよう』/高遠琉加(笹生コーイチ)
この本に関する、本筋とは全く関係のない、
どうでもいいような話を2つばかり。

BL小説のあらすじの大半を締めくくる「〜ラブ!」を
 色々と見てきましたが、この本は初見、「クリスタルラブ☆」でした。
 クリスタルラブって何さ……、大都会で果てしない夢でも
 追いつづけるのかと連想する年代を狙っているのでしょうか。

奥付を見たら先日感想を書いた『ネタも休み休み言え!』の
 著者、くつきかずやさんの装丁でした。意外な出会い(笑)
 でも、奥付で著者は「著者」なのに、装丁は「装 丁」と
 スペースが入っていたり、フォントが違うのはどうn…って、
 そんなチェックは精神衛生上宜しくないのでやめておいて…、

内容は文句なしの自分の萌えツボでした。以下、感想です。




『この胸をどうしよう』/高遠琉加
イーストプレス (2004/11/30)
【Amazon】


☆あらすじ
大学生の架(かける)は東京で幼なじみの耀一(よういち)と同居中。
7歳の時に出会って以来、無愛想で人づき合いの苦手な架にとって、
耀一は唯一、自分を理解してくれる存在だが、彼はゲイだった。
そして「大切な相手だからこそ、架には恋をしない」と
はっきり告げられてしまう。やがて、俳優として少しずつ
売れ始めた耀一は、失恋しては架に慰めを求めるように……

*   *   *   *   *   *

あらすじの「慰め」ってのは身体のことではないので、
物語を読み違えないようにお願いいたします。(私だけか)

さて、ツボなシチュエーションは数多くあれど、
中でもベスト5に入るツボが、幼なじみものです。
しかし好みなだけにより厳しい目で見てしまう
(読みすぎの弊害)のですが、見事にツボに入った作品でした。

小学生から大学生になるまでベッタリという閉じた世界。
耀一が成長し人望を集め、学校で、俳優の仕事で世界を広げても、
それでも、受けの世界は攻めたったひとりという現状。
耀一を失うことが世界全てを失うこと、そうなっていた
二人の完全でいびつな関係を壊してしまうことになる、
その過程での架の心理が、事細かに描かれています。

この歯の隙間に入るブラシのように細かく入り込む描写が、
誰しも友達関係でも感じ得たことがあるような、
二人でいたいと思う相手に第三者を挟まれること、
独占できなくなることで一番ではなくなることの
心細さや怖さを、否が応でもかき出すのです。


また、耀一にもあった、架は自分だけを頼ったままで
いてくれるという独占欲、好きだから変えられなかった関係を、
第三者によって壊される不安と焦り、こちらの感情も
メインの視線になることはなくても、つぶさにわかります。

この2人の描写で、私が幼馴染ものの醍醐味のひとつと考える、
互いに失うことを恐れたゆえの閉じた世界から
想いを通じ合うことで開けてゆく過程とカタルシス、
それを深奥まで味わいました……ご馳走様です。
エ口は濃くなくインサートも1回ですが、どこか本能的な、
なまめかしい体温を感じさせるエロスでした。
心理描写が好みならエ口は少なくても倍増なんだい!


そうだ、これも書いておきたいんでした。
カップルをひっかきまわす狂言回しの2人がまたいいのです。
くわせものの桜庭にオヤジくさい北見(タイプ2)も、
単なる脇役に留まらない、良い塩梅でした。
高遠さんは脇も生命感というか、血が通ってる感じがして、
そんなところもすごく好きです。

幼馴染ものがお好きな方にも、そうでない方にも、
オススメしたい1冊でした。

P.S.
ちと本棚を探してみたら、『極道はスーツに刻印する』も
くつきさんの装丁でした。アズノベルスが多いのかな?
| [BL・小説]高遠琉加 | 23:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:57 | - | - |