-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 最近読んだ一般マンガ@2008.4.17 | main | 『シンプル・イメージ』/砂原糖子(円陣闇丸) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『茨木さんと京橋君』/椹野道流(草間さかえ)
今月末はメス花シリーズ、そして先月はこの新刊と、
椹野さんらしからぬハイペースですねえ。

他にも色々と停滞しているシリーズがありますし、
私も鬼籍通覧シリーズとにゃんこ亭シリーズは読んでいるので、
そっちも出してほしいものですが……そうはいっても、
ダメなものはダメなんでしょうかね。

まあ、着てはもらえぬセーターを編む(なんか違う)より、
新シリーズの新刊を素直に楽しむのが吉ということで
読んだこちら、やっぱり面白かったです。
これだから他のも期待して待っちゃうんじゃないかー!

…気を取り直して、以下感想です。




『茨木さんと京橋君』/椹野道流
二見書房 (2008/3/27)
【Amazon】
(作品の味そのものの色使いの表紙といい、
人柄を写し取ったような挿絵といい、
草間さんは完璧なイラストレータでした。プロだ!)


あらすじ
医科大学附属病院の耳鼻咽喉科医・京橋は、
病院の売店で働く茨木と親しくなる。
誰にも話したことのない自分の生い立ちや医者になった理由、
プライベートを初めて話した夜、茨木は優しく頭を撫でてくれた。
いつしか茨木の笑顔に癒され、彼の手の感触を思い出し、
会いたいと思う自分に戸惑うが…。
消灯時間も過ぎた病院でひどく落ち込んでいる様子の茨木に、
このまま泣かせて欲しいと抱きしめられて――。

*   *   *   *   *   *

この作品含め、椹野BLの魅力は安定感だと思います。

BLのジャンルをお弁当の具にたとえるとして、
セレブ系が肉、キャピキャピ系が果物類、
トンデモ系がチャレンジの創作おかずだとすれば、
椹野さんは常に入れておきたい常備菜ってとこです。
しかもきんぴらごぼうや、佃煮などの茶色系で、
お弁当を作る身ならわかるあのありがたさです。

そう感じるのは、恋愛関係でありながらも、いい意味で、
どこか所帯じみたような夫婦や家族にも似た絆が
存在するという、好ましい関係性があるからかと思います。
激しくドキドキハラハラするような恋じゃないけれど、
味の染み込んだ佃煮のような妙味なんですよね。
トンデモを愛好するBL読みとしては、こういった
安心の副菜も必ず傍に置いておきたいものです。


そんな安心のおかずでもいつも同じ味とは限らなくて、
今回は2人のキャラクタが絶妙な味付けでした。
普通と言っても実は容姿的に or 年相応でなかったりする
BLの受に稀有なフツーで等身大の京橋君がうろたえたり、
少しぽややんながらもSっ気を持つ茨木さんが
京橋君をちょこちょこからかうのが楽しくて堪らない、
というさまを見るのが楽しくて堪らない!(自分がSだから?)

とくに、ここ(↓ P.201〜202)とか非常に萌えました。

茨木「だって、いかにも『職場恋愛』って感じがしませんか?」
……(略)……
京橋「し、し、職場恋愛って、あんたな」
茨木「だって、実際そうでしょう?ふふ、可愛いですね。
   この程度のことで赤くなるなんて。
   そういうところが、とても好きですよ」


そう、Sは「どこが気持ち良いんだ? ん?」という、
恥ずかしいことを言わせる屈辱を与えるだけに限らなくて、
恥ずかしいことを言って相手を恥ずかしがらせて楽しむって
方法もあって、そっちが好きだからもう堪りません。


スピンオフになりそうなほどに激萌えた年下ワンコと
エリート医師のサブカップルも良かったし、大満足でした。

仲良くなるまでにあったすれ違いや葛藤、心に秘めていた
苦悩を打ち明ける苦しいシーンもあるのですが、
それでも穏やかなBLを求めている方、もしくはドSじゃないけれど
Sっ気あるのよね、と自覚している方にはぜひオススメです。
| [BL・小説]椹野道流 | 21:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:23 | - | - |