-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『茨木さんと京橋君』/椹野道流(草間さかえ) | main | 2008年5月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『シンプル・イメージ』/砂原糖子(円陣闇丸)
そろそろ5月にもなることだし、いつまでも桜をトップに
据え置くのは平安時代だったらとっくに野暮だよなあ、と
いじくり始めたら、テンプレートの構成も気になってきました。

そこで思い立って実行することは容易なのですけれど、
その先、スクリプトの移動などなどで不具合が起き、
配色もいじりすぎて落とし所が分からなくなり、
頓挫してしまうことが多々あります。
変えようと思っても変えるのは意外と煩雑ですよね…。
ということで、きっと次のテンプレートも今と同じ構成です。

さて、自分の意思だけで変えるのは難しいけれど、
他人に後押しされると意外と簡易ですよ、
というのが今日の作品でした。(すげー強引だな…)
以下、感想です。




『シンプル・イメージ』/砂原糖子 (文庫化)
幻冬舎コミックス (2008/3/17)
【Amazon】


☆あらすじ
海沿いの町で一人暮らしを始めた浅名千晶(あさな・ちあき)は、
コンビニのバイト店員・永倉航(ながくら・こう)に声をかけられる。
やたらと馴れ馴れしい永倉は、長い片恋に疲れて一人の時間を
この町へ求めに来た浅名には煩わしい存在でしかない。
それでも永倉の眩しく明るい笑顔は、浅名のかたくなな心を
次第に溶かし始め、やがて互いに惹かれあうようになるが……

*   *   *   *   *   *

へえ、これが砂原さんのデビュー作で投稿作なんですね!
読んだ後にあとがきに書いてあるのを見て(あらすじを読まない男)、
現在の切ない描写は確かに弱めかも知れない、と独りごちました。

それでもやはり根っこにあるものは同じなのか、
長い長い片恋を失った浅名の凝り固まった憂鬱さの描写が
淡々とでありながら、何かを感じさせるものがありました。

今までのしがらみを捨てて、ただただ逃げたい、けれど
逃げようとしても結局捨てられないもの(=ルームシェアしていた
片恋相手の好きだったソファ)があって、
そんな自分が嫌でネガティブスパイラルに陥って、
次の恋愛どころか他人と関わる気すらないし、
かといって仕事も本気で取り組めるほど強くない。

「逃げる」というのは無意識下の変身願望の現れだと思うのですが、
それでも変えられずに悪化して行くばかりの浅名に共感でした。
(片思いの相手には告白もしていないですし、かなり独りよがりな
失恋だとは思いますけどね……勇気がない私は同情してしまう。)


そんな浅名にとって、ひたすらに浅名を求める永倉が眩しくて、
彼に対して気持ちが融解しかけても、彼の嘘ひとつに
年の差を気にして疑心暗鬼になるのも判る気がします。

けれどその疑心暗鬼も、凝固した主観のせいなんですよね。
年長者と年少者の「立場」に基づく相手への勝手な主観を持つことで、
年長者が身を引いてしまう、というパターンは。

そんな浅名の凝固した主観(イメージ)を分解して、
シンプルな「好き」へと融解させた永倉の一途な愛情に、
立場に惑う年上受を年下攻がひっくり返すという
年齢差の美味しさをとくと味わわせて頂きました。
(私はそのようにタイトルを勝手に解釈しました(笑))

永倉も年上への勝手な焦りは持っていますが、
浅名のようなネガティブな感情に含まれるものではないですし、
それがいかにも年下ワンコっぽく、更に美味しかったです。
エ口シーンでもなんだかんだで焦っているのが非常に可愛い…。


円陣さんの透明感のある美しい挿絵もぴったりでした。
今回の感想は斜め上に飛んじゃった気がしますが、
とにかく、年下攻めの年齢差がお好きならぜひに。
| [BL・小説]砂原糖子 | 20:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:14 | - | - |