-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2008年5月新刊購入予定リスト | main | 『さらってよ』/渡海奈穂(麻々原絵里依) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ロイヤル・ゴールド』上・下/生野稜(西崎祥)
この作品、タイトルが花の名前だけあって、花言葉などが
頻繁に出てくるのですが、花言葉ってだれがつけたんでしょうね?

ちょっと調べてみたら、起源はオスマン帝国らしいですが、
現在はぶっちゃければ「各民族が持つ伝承や歴史や風習、
書物による故事来歴、宗教」となっているようなので、
もはや国によって違うってことですね。

ちなみに私の誕生花は「つるこけもも:心痛のなぐさめ」でした。
あ、この作品のケイン(受)にとってのジーン(攻)みたい…。

以下、感想です。




『ロイヤル・ゴールド』上・下/生野稜
心交社 (1998/10)
【Amazon】





あらすじ
ニューヨーク市警察殺人課所属の刑事、ジーン・マッコイは、
麻薬売人の事件捜査のため、田舎町のコーシカを訪れた。
そこでマッコイは、ユリの精かと見まがうほどの美貌を持つ、
東洋人とケイン・ディビット・マツダイラと出会う。
彼こそが、マッコイをこの地に呼んだ日系のFBI捜査官であった。
どうやらコーシカは、麻薬組織の中継地点であるらしく、
また、組織関係者が数日前に謎の死をとげていたため、
さっそく捜査にあたる二人であったが……

*   *   *   *   *   *

「書きたかったのは刑事ものでも、捜査ものでもない」と
著者があとがきで書かれていましたが、そんなことはなく、
上下巻を一気に読ませるものがありました。
というか、ありすぎで楽しかった!

ジーンの花の知識を生かした推理、ケインの植物遺伝子的な検証、
ジーンの管轄で見つかった1人の死体から、14年前のケインの
家族の事件とつながる接点、最後の最後まで二転三転する真相……、
さすがに本格推理とは比べられないけれど、
充分、BL刑事ものとしても楽しませて頂きました。

鍵となるキャラクターが多数出てきますけれども、
他人を植物で喩えるというジーンの癖のおかげで、
特徴もつかみやすく、理解に苦しまずにすみました。
(海外小説苦手な私にとっては、この点が非常にポイント高い)


そして著者が書きたかったという「生野流昼メロ」は
さすがに刑事パートをしのぐどろどろっぷりで、
ケインの家族の確執と自己破壊願望なんて、自ら不幸へと
転がってゆく姿が痛々しく、目を背けたくなるものがありました。
「もうやめて!ケインのライフポイントは0よ!」と
叫びたくなるほど、最後のほうは凄惨です……。

ハッピーエンド(と思われる)ではあるんですけれども、
こうなると、ゲイ小説もしくはJune風味です。
受けの喘ぎ声が「おおぅ……あああ」って初めて見ました(笑)

ただ、このケインの陰惨な過去などが、刑事パートと上手く
リンクしており、そこに強烈に引っ張るパワーがあり、
つらいだけではなくようやくハッピーになるだろう、な
ところまでつなげてくれて本当に良かったです。
いやー、ほんと最後の最後までケインが危なっかしいもんで……。


ひたすらケインのどろどろっぷりにひきずられて暗くなる中で、
清涼剤になっているのが、ジーンの可愛さだったりします。

二百センチ百キロのマッチョで、男らしく厳つい容貌ながら、
笑うと人懐こく、優しさの中に強さを感じるタイプ。
けれど「瓜二つ」を「クリミッツ」と覚えていたり、
花の知識が豊富な乙男(オトメン)な部分もあるという、
なんともぎゅーっとされたい(自分の願望)キャラです。
ジーンみたいなタフガイ、大好きすぎて困る……。

西崎さんの絵も、表紙の絵でお分かりかと思いますが、
「鍛え上げられた肉体」と描写されていても挿絵はスリム……
なんてBLにありがちなことはなく、筋肉愛好家の
諸兄にも満足していただける素晴らしい絵でした。
だってこれだもん!



き、筋肉万歳・・・!
いけない、筋肉が素敵すぎて意識を失うところでしたわ。


と、大満足だったのですが、かえって惜しく感じたのは
以上のように要素がてんこもりすぎたこと。
ラストスパートはついて行くのが精一杯……(自分のせいか)
良い点とも感じるし、残念な点とも感じます。


痛くてもしっかりとしたミステリ風BLを読みたければ、
オススメしたい一冊です。筋肉が好きでもね!

P.S.
このシリーズの続編、『白と黒のペルソナ』は
挿絵が変わっていて残念…西崎さんがいいんだい!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - |