-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ロイヤル・ゴールド』上・下/生野稜(西崎祥) | main | あと1人いれば >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『さらってよ』/渡海奈穂(麻々原絵里依)
今日買って来ました!などとご報告したわりに、
実際読むまで2週間近く経ってしまいました。
なんでなのかと申しますと、積読本の中にいかにもな
「オヤジ本」の在庫がなかったため、もったいないから
オヤジ本があと1冊入るまでは我慢しよう、などと
考えていたせいなのです。

いつか読みたいときが来るからその日のために!と、
空き缶や包装紙や紙袋をとっておいてしまうのと
同じ状況に陥ってしまいます。困ったものです。

まあ、そんな感じでしたが我慢できなくて読みました。
……これは素敵な枯れオヤジ!
以下、オヤジアワーのはじまりです。



『さらってよ』/渡海奈穂
新書館 (2008/4/10)
【Amazon】
(いまだに画像がないのは何故だ、amazon…)


☆あらすじ
初恋相手・平尾を相手にずるずると都合のいい恋人を演じていた三木。
平気なふりをしながらも平尾の身勝手さにひっそりと
傷ついている三木の心の慰めになっているのが、
仕事先で知り合った年上で穏やかな有元だ。
初めに自棄で有元に関係を迫って失敗して以来、
有元は困った顔をしつつも三木を拒まない。
そんな付き合いが心地よかったのに、突然有元に抱きしめられ…

*   *   *   *   *   *

渡海さんの作品を読むのはこれで3〜4冊目(のはず)。
他の作品はやさしくかわいらしく、万人に受け入れられやすい
すっきりしたもの…というイメージがあるのですが、
この作品は違いました。読む人を選ぶと思います。

本に選ばれるのは、43歳のオヤジが18歳も年下の
恋愛経験未発達な男に振り回されて翻弄されて、
あげくに当て馬に八つ当たりされるなどの
可哀相な目に合わされるのが好きな人です。
まさにこれは枯れ攻めの典型。…なんというニッチ市場!
ディアプラスでこんな作品が出るとは経済学者も驚きです。

途中までほんとはどっちが本命なのかと思うくらい、
三木の精神安定剤にされてしまう有元の儚さはもう、
昭和枯れすすきのような物悲しさがあるんです。
枯れた風情、しがない公務員、離婚歴、そして枯れオヤジの
伝家の宝刀である(と勝手に思っている)イン○テンツ。
枯れていていい大人で分別もあるのに、恋のことになると、
とてつもなく臆病になったり、突拍子もない行動に出たり、
しかしその行動もまたへたれ気味とくれば、
完璧すぎるほどの枯れオヤジなんですけれど…!

どう見てもピンクの装丁に似合わないですけれども、
まあ、そんな決まり悪さに対しても、自嘲しながら
力なさげに微笑んでいる有元が想像できるほど、
枯れ攻めオヤジを愛でるには最適の一冊でした。


しかし、それ以外の人にはなかなかオススメしにくいです。
なぜなら、もんのすごく三木と平尾にむかむか来るからです。
あ、有元もオヤジ好きじゃないとむかっとくるかもです。

三木は一人で昭和枯れすすきの2番を歌って落ち込んで、
都合のいいときだけ有元を頼るような男です。
(参考:昭和枯れすすきの歌詞はこちら→)
タイトルそのもののとおり、主体性のなさにもイラついたりします。
当て馬こと平尾も平尾で、都合よく行かないと毒舌を撒き散らし、
みなが気分悪くなるというこれまたはた迷惑なタイプで、
平尾が出てくるあたりは気分がよろしくありませんでした。

でも本当にいるんですよね、憎まれ口なのか知らないけれど、
付き合ってたひとを悪し様に言うやつって。
ここまで来ると哀れに思えます。反面教師、反面教師。


非常に狭い範囲の人しか受け入れづらい作品だとは思いますが、
枯れ攻めオヤジを読みたい、知りたいときには吉です。

今日のオヤジ名言:「すまない、もう一度――」(p.212, 事後シーンより有元)
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | - |