-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『熱・風・王・子 愛とバクダン3』/中原一也(水貴はすの) | main | 朝からニコニコ、ニヤニヤ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
非BLマンガ読了メモ@2008.4.28
BLだろうと非BLだろうと面白いものは面白いっ!ってことで、
最近当たりだった非BLコミックのメモです。

『少女ファイト4』/日本橋ヨヲコ

3巻での賭けバレー騒動のせいで、
「インターハイ辞退」「一ヶ月間の停学」と
なった黒曜谷女子バレー部がその間に
合宿を行うことになった4巻。


4巻でようやく動き出したって感じですね。
主人公・大石練が試合中に出したバレーへの結論は、
シンプルなんですけれど、4巻分かかっただけあって、
そのシンプルな言葉が燃える!スポーツ(マンガ)最高!

スポーツ、友情、恋愛の部分も非常に楽しいのですが、
主要の部員だけにかぎらず周りの人々の範囲まで
広く深くキャラクタを描いているのが素敵です。
引き出しが多いって言うのかな、キャラクタが
1人1人個性的でつい引き込まれちゃうんですよね…。
そのおかげか、男と男のほうが好きな私も、
この作品のカップルの恋愛は不思議と萌えちゃいます。
カバー裏までお楽しみがいっぱいと、楽しさ一杯の4巻でした。


『群青学舎 3』/入江亜季

装丁が素敵なんですよね…。
作品を彩るキャラがてんこ盛りで、
帯をつけているのがもったいない。



体が弱く、本の中の世界で生きてい「た」少年と、
彼が唯一現世で興味のあった少女の別れを描いた『薄明』。
18歳の若妻と41歳のおっさんの日常的でどこか
非日常的な結婚生活を描いた『メリーガーデン』。
旧友の女同士が温める親交を描いた『雪降り積もる』他、
まったく環境が統一されていない短編集…なのに、
まさに群青のような深い色合いで統一された作品群。
3巻になってもあいかわらず面白いですなあ。


『坂道のアポロン 1』/小玉ユキ

1960年代に青春を過ごす高校生のお話。
その年代の空気は私には分からないですが、
どこかゆったりした空気と熱気に
包まれているような気がします。



その懐かしさと素朴な絵柄がマッチしていて心地よく、
そして主人公格の2人の高校生が可愛い&かっこいい!
ちびでめがねし、色気に溢れているわけでもなし、
けれどクールに強がる姿がなぜか可愛い西見君と、
バンカラ(っていうの?)なアポロン・千太郎のタッグが素敵!

そこらへんに良そうなちょっとかっこいい子、を
描かせたら小玉ユキさんは天下一品のような気がします。

一番受けたのは、西見君&隣の席の丸尾君の4コマ。
丸尾「(略)…西見君まだ部活入ってないよね? どうかなあ……無線部」
西見「…あ ごめん聞いてなかった でももう一回言う必要は全くないよ」
クールだぜ、西見君…今度これ誰かに言いたい。


『GENTE 2』/オノ・ナツメ

表紙もデザインが独特ですよね。
白、黒、銀をあわせても6色しかない。
でもその簡素な感じがオノさんらしい。


そして中身は、

まあ、人のよさそうなフリオにこんな時代が……!
まあ、テオにこんな大人の恋があっただなんて……!
まあ、クラウディオは昔っからこんな襲いたくなるような……!

という感じ。…最後だけ趣が違いますが、それはいいとして、
『リストランテ・パラディオーソ』で完成された
老眼鏡トラットリアの初老紳士を見た後に、
彼らのそれまでの人生を描いた『GENTE』を読むと、
人生もうちょっと生きてみるのも悪くないなあと思ったり。
構成的にも美味しいですよね、年を経っているぶん、
過去へ過去へと遡って走馬灯のように楽しめるのも。

コーヒー飲みながら1巻と通してゆったりと読みたいです。



どれもオススメですが、一番のオススメは『坂道のアポロン』かな?
読みきり収録作の『種男』も小玉さんらしくて良かったですし、
こんなに面白いマンガたちが三桁はお得だよね、と、
車が趣味の隣席(会社)のひとにこっそりと思う毎日です。
(価値観って色々だよなあ……)
| [その他]BL以外のコミック | 23:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:25 | - | - |