-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あと1人いれば | main | 非BLマンガ読了メモ@2008.4.28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『熱・風・王・子 愛とバクダン3』/中原一也(水貴はすの)
ここにおいて、中原さんの感想が1年半ぶりということは、
中原さんのオヤジ本がそれぶりということを意味します。

オヤジオヤジとそればっかり言ってる私ですけれど、
オヤジにはまったきっかけが中原さんだったんですよね…。
当時、BLに出戻ってきたばかりの私にとって、
オヤジタイプ3系の「絶倫オヤジ」は強烈でした。

あれからもう…2年半の間に色々読んできましたが、
中原さんのオヤジ本を読んでいると、ああ、
いま原点に回帰した、とひとり懐かしんだり。

ま、そんなことは置いておいて、以下、感想です。




『熱・風・王・子 愛とバクダン3』/中原一也
二見書房 (2008/4/25)
【Amazon】



○あらすじ
竜崎の助手として仕事ぶりを高く評価されるようになった
謙二朗は、ある日バイクの走行会を訪れる。
そこで、レーシングチームのスポンサーである青柳の目にとまり、
急遽レースに参加することになったのだが、上級者とも互角に
渡り合える謙二朗の腕に惚れこんだ青柳は、
本格的にレーサーにならないか、と誘ってきて……

*   *   *   *   *   *

2巻の感想を書いていないのですが、大まかに言えば、
謙二朗が友人を得て今まで知らなかった感情を勉強し、
竜崎ともパートナーとして信頼を得た、といったところでしょうか。

オヤジ本であることは間違いないのですが、
このシリーズではもうひとつ大きなテーマがあり、
それは性的虐待にあってきたせいで、誰も信用できず、
他人との触れ合いを恐れてきた謙二朗の成長だと思うのです。

1巻目では竜崎への信頼と、バーのママにして
本当の母のようなオリーブへ向かう親愛、
2巻目では竜崎へのパートナーとしての信頼と
友人・崇への友愛という感情を得てきました。

しかし今までは相手からの接近が主で受動的だったのに対し、
この3巻では、自分から男としての竜崎を求めるようになり、
また、オリーブからの親離れをしようと決意します。

まだ高校生レベルの成長ではあるんですけれども、
初期の毛を逆立てていた時期を知っているものとしては、
年相応の情動を覚えることで、他人を思いやるようになり、
竜崎に守られるだけでない対等な存在になろうと本当の意味で
自立しようとする謙二朗に、感慨深いものを覚えました。

精神的にこんなに育っちゃったのね、とちょっと寂しいような、
けれど、嬉しいような……あ、甥っ子の成長を見る気分です。
阿部風に言えば「だってお前頑張ってんだもん!」って感じ。
こんな感慨を味わえて、2年半BL読んできて良かった(笑)

その謙二朗の成長を暖かく見守り、時に叱咤した竜崎は、
「オヤジ」がステータスで終わってしまうオヤジとは違い、
本当の親父のような心の広さも持ち合わせていて、
かっこいいオヤジです…庇護するだけでもされるだけでなく、
この関係性があるから中原さんのオヤジ本は素敵です。


ま、竜崎は実の息子にはできないことも沢山してますけど。
何しろ、今回のオヤジワードを抜き出そうと思い、
オヤジ臭いセリフに付箋をつけていたら、
付箋を普段の2倍以上付けてしまった勢いでしたから!

どれにするか悩んだ候補の一例をあげてみますと。

「やっぱり俺のデカマラが拝みたくて来たんじゃないのか〜?
それならそうと言えよ。獣のように襲ってやるから」(P.200)

「お前も、少しは成長、したからな。大人の世界を、覗かせてやる」(P.243)


絶倫脂ノリまくりオヤジ好きにはたまりませんな…(うっとり)

これからも中原さんについてゆくとまた決意を新たにしたのでした。

中原さん未読の方、またエロオヤジ好きな方には、
ぜひこの愛とバクダンシリーズをオススメします!

今日のオヤジ名言(名言というかなんというか…(笑))
「嫌よ嫌よってのが、そそるんだよ。今からオフィスラブごっこでも
するか?部長に迫られる新入社員なんてのはどうだ?」…(略)…
「団地妻ってのもある」「あんたが欲しいんだよ、奥さん」(P.165)

to link:
| [BL・小説]中原一也 | 20:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:35 | - | - |