-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 朝からニコニコ、ニヤニヤ | main | 『見えない星』/京山あつき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『それは罪なアナタのせい』/萩野シロ(夏目イサク)
……こんばんは、昨日と一転してローテンションです。
なぜかと申しますと、齢XXにして初体験したためです。

…ぎっくり腰を。
岩井課長(『黄昏に花』/樹生かなめ)まっしぐらだ!

昨日の昼ごろから急に痛み出し、父の知り合いが
経営している整体院(これも初体験)に行ったら、
ぎっくり腰と判定されてしまいました。
マッサージのおかげでだいぶ楽(ほぐしてる最中の整体の
オッサンはまさにエンドルフィンマシーン)にはなりましたが、
連休は静養です……それは痛む腰のせい。

と、タイトルにかぶせてオチをつけたところで、
以下、B-PRINCE文庫の初感想です。




『それは罪なアナタのせい』/萩野シロ
アスキー・メディアワークス (2008/05)
【Amazon】
(5/2 現在イラスト無し…)

☆あらすじ
ナルシストでちょっとおバカな高校生・斉賀。
自分よりも恰好イイ下級生・夏木の存在を知り偵察に向かうが、
その顔を見る前に階段から転げ落ちてしまう。
助けてくれたのは、王子様のように綺麗で
キラキラきらめく笑顔の持ち主……それが夏木だった。
優しく指が触れる感触さえいいと感じて、動悸息切れ目眩に襲われ、
眩い笑顔に見惚れてしまうばかりか、愛しいなんて思ってしまった。
これってまさか……恋!?

*   *   *   *   *   *

萩野さんはガテンや硬い文章のイメージばっかりだったので
「ええっ、高校生もの?」と首を傾けてしまいましたが、
読み終わってみればこういうのも書けるんだ、と
嬉しい気持ちになりました。そういや
絶版になってしまった『秘密の唇、嘘つきな接吻』も
こういったすこしライトなテンションでしたね。


さて、高校生ものと銘打ってはいますけれども、
あんまり高校生もの……という感じがしません。
それは作者も言っているとおり、学園生活の描写が
あまりないというのもありますが、登場人物がいい意味で
典型的な高校生ものらしくないってところもあります。

受けの斉賀はおバカですが、「きゃんっ」とか言っちゃう
BL特有の理知的とはいえないおバカではなく、
現実にいそうな、バカが許される可愛いキャラです。
学力的にはバカなんでしょうが、気持ちには敏感で、
攻めにリードされるでなく恋に自覚的で、
能動的に働きかけるのがポイント高いです。
(攻めに振り回されるだけの高校生受けには食傷気味……)

萩野さんの文章の硬さと、おバカキャラの視点が
いい感じにミックスされて普段より読みやすかったです。

そして攻めの夏木も、モテモテ王子様(死語)なのは典型的ですが、
モテモテすぎて他人からの好意に鈍くなっている、
また、ひたすら受動だったため、能動的でない
「自分から攻めない攻め」だったのがとても珍しかったです。

メールを自分から出さない、バイトを変えても話さない、etc,
本当に自分から求めたことが無いがゆえの無神経さというか、
未発達さにイラッとしながらも、その描写に納得しました。

自分が相手のこと知りたいと思ったことが無ければ、
相手も自分のことを知りたいと考える想像力がないんですよね。
たしかにモテるひとってこういう無自覚なところが
多少なりともあるな、と現実世界のことを思ったり。

そんな完璧で美形だけれど無神経な夏木と、
感情には敏感な斉賀との価値観・行動のズレに、
高校生ものらしからぬ恋愛の深い部分を読ませて頂きました。
まあ、実際は高校生だってなんだってそうなんですよね……、
「価値観」なり「思いやる行動」が大切ですよね…(遠い目)


あ、あとエ口も生々しい肉感があってよかったです。(付け加えるのがそれか)
萩野さんのエ口シーンって五感を感じさせる、
どこか汗臭いエ口スを感じさせるので大好きです。
夏目さんのでんぐりがえしの挿絵もエ口くて素敵。


というわけで、高校生ものらしからぬ作品ではありましたが、
しっかりとした恋愛ものでした。オススメ!
| [BL・小説]萩野シロ | 21:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:10 | - | - |