-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『見えない星』/京山あつき | main | トジツキさんサイン会参加レポート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『青の軌跡』シリーズ/久能千明(沖麻美也)
私は腰痛でへたっていた今年のGWなのですが、
ここへ訪れて下さる方々の20パーセントぐらいは
何らかの理由で外出orネットをできる状況になくなり、
5〜6日に帰ってきて巡回をしているようです。

というのは、ユニークアクセスはさほど変わりないのに、
ページアクセスがGWの後半にグーンと上昇してるんです。
たかが数字でモニタの向こうを想像できるってのは面白い。
アクセスなぞ水もので分かりにくいと思いきや、
時節やら何やらと実は連動している、というお話。

表面上は何ともなくとも、下では確実に動いている…、
このシリーズの受けにそっくりでした。
以下、感想です。




『青の軌跡』シリーズ/久能千明
【Amazon】
(リンク・画像はシリーズ最新刊のもの)



1〜2:青の軌跡(上・下) 3:カタルシス・スペル
4〜5:クリスタル・クラウン(上・下) 6:バロック・パール
7:ペルソナ ノングラータ 8:ファントム ペイン
9〜11:タイトロープダンサー stage1〜3


☆あらすじ
新惑星を目指す惑星探査船のクルーとなった傭兵あがりの
武官・三四郎は、当直の日、コールドスリープから目覚めた。
長い歳月を要するこの航海は、コンピュータにより
精神面はもちろん、身体の相性も最高と判断された
武官と文官の組み合わせ“バディ”達によって運行される。
しかし、三四郎の相手として目覚めた文官は、
万華鏡の瞳をもつ美しい……男・カイだったのだ。
驚きも束の間、2人ともう一組のバディ、160名余りの
科学者を乗せた船は、突然軌道を外れ始めて――

*   *   *   *   *   *

前置きしますが、11冊分の顛末をまとめるのは無理でした。
しかも一気に読んだため、時系列がまだ危ういです。
一気読みの利点は疾走感、弱点は細部の忘却ですね…(自分だけか)

なのでいつもどおり(?)安心してザッパーに書くとして、
軸になっているものは、2つあります。

1つめは、SF的ストーリーです。
SFでおなじみのコールドスリープ、また、オリジナルの
「月人などの用語をちりばめたSF世界を元にした宇宙船の中で、
なんらかのアクシデントが起きてそれに対応する……と
いった、じつにSFらしいストーリーが描かれています。

まあ、SFと言っても『青の軌跡』のミステリっぽいSFや、
『カタルシス・スペル』、『タイトロープダンサー』などの
アクション系SFなどがあります。
私の好みとしては、思索型の『青の軌跡』がより好きですが、
アクション系でも戦略や背景などを見抜く点で充分頭も使い、
そして一気に読ませるだけの面白さはありました。

なので、SFチックなのが好きなら読んで損はないと思います。
特に『青の軌跡』〜『カタルシス・スペル』はオススメです。


2つめは、三四郎とカイの一向に進展しない関係です。

だいぶ初期とは関係性に変化はあったのです。しかし、
その過程で、精神的退行事件や、殺人未遂など過激な事例も
起こしたのに、受・カイが出す結論は「これ!」という
はっきりとした形で表されることはないのです。
水面下でどれだけ葛藤や模索があろうとも、
攻めの三四郎が答えを求めないせいもあって、
結局のところはいつも同じになってしまうのです。
(三四郎は変わりません。ほとんど)

そして次の巻では一応出した結論がまた何らかの
アクシデントによって若干変化し、けれど、
表面上は変わらない…というループになってしまいます。

(余談:この目に見える結論をはっきりとは打ち出さず、
言葉にできない「なにか」を何かのままでとっておき、
また次の火種にするっていう書き方が、
菅野彰さんにちょっと似ているなあと思ったり。)

カイは三四郎を求めない、三四郎は誰も求めない。
さんざん繰り返されたそんな悲しい結論が覆され、
堰を切ったように互いを求めずにいられなくなる、
彼らのその瞬間を見たいがために読み続けているひとが
きっと沢山いるんだろうなあ、このシリーズは。
……もちろん私もその一人になってしまったのですけれど。
そうじゃないとせっかく濃厚なHシーンも
心ゆくまで楽しめないじゃないのよさ!(そこか)


メインキャラ、脇キャラ問わず魅力が溢れていますし、
続きも待ち遠しい…ですが、本当に最後まで
辿り着けるのかだけが心配なシリーズでした。

さんざんな焦らしプレイに耐えられる方ならオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:32 | - | - |