-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『青の軌跡』シリーズ/久能千明(沖麻美也) | main | 『タブー』『サミア』/須和雪里(西炯子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
トジツキさんサイン会参加レポート
トジツキハジメさんの『千一秒物語』刊行記念の
サイン会 in ジュンク堂池袋店に肌寒い中行ってきました。

まったく、腰は痛いし前日は残業してたし雨は降ってるし、
それでも行きたいのか?と自らに問うや、我曰く、
「行きたい」としか答えが出ない自分が嫌いじゃありません。

まさに重い腰をひきずって池袋まで出てきて、
いつもお世話になっている方々とジュンク堂にて待ち合わせ。
すでに皆さん来ていらしたので、急いでレジにて
本を購入して整理券をもらいました。
BL系のサイン会に男が来てもあわてないところが
さすが天下のジュンク堂の店員ですね!(とりあえず持ち上げる)


サイン会開始まで時間に余裕を持って待ち合わせたため、
余裕があり、軽くお茶をすることに。
ジュンク堂の裏にある…えーと…店名忘れましたが、
雨のせいかかなり落ち着いていていい雰囲気でした。

あの先生のサイン会はどうだったとか、地上波で初放映された
BLアニメのロマンチカがどうだとか、そんなBL関連の話に
花を咲かせているといつの間にか13時を回り、
開始1時間を切ったところで会場の地下一階へ移動。


まだ早いためか並んでいる人数は多くなかったのですが、
やはり女だらけのサイン会(ポロリはないよ!)なんだなあと
予想はしていたけれど当たり前のことを思ったり。
でも実害がない限り男ひとりでも受け入れる空気が好きです。

そこでまただべりながら、だべっている内容にも
気がそぞろになり始めるころ、ついにサイン会開始。
だんだん列が減って前へ進むのって、個人的に、高校のとき
やらされた点呼(左から1、2、と声をあげていくあれ)の
緊張感に似ていて、否が応でも緊張です。

だって、サイン会に参加するのは去年のオノ・ナツメさんに
続き2回目で、BL系のサイン会に参加するのは初めてなんですもの…。
ああ、何を言えば良いのか、握手なんてできやしない、
お土産も持ってきてない、「げ、男?」なんて顔をされたら
泣いてしまう、はっ、これはもしや恋!? なわけない、
ああこんなくだらないことばっか考えてる脳が憎らしい、
どうしようったらどうしようと、内面でのテンパりが
最高潮に達したとき、ついに自分の番がきました。

そして……見事あがりました。
お顔はJ庭で見かけたひとでしたので「あっ」と
思ったのですが、そんなことはおくびにも出せず、
「応援してます」とだけ言って逃げました。
去年から進化してねえ!(笑)
本当に今日あったことなのかと白昼夢の気分ですが、


筆はぺんてるの金の筆ペンだった

うん、本当にあったことみたいです。…ああ、緊張した(笑)

でも、このプロセスがきっとサイン会の醍醐味なのかな……。
サイン本だからありがたいという考え方は私にはないので、
この一連の流れが私にとっては価値があるみたいです。

為書きされたサイン本が売買されることもある、と
聞きましたが、出版社と著者の販促が目的としても、
自分のためにサインを書いてくれた本を売買するのは
悲しいと思ってしまうのは、坊やだからなのでしょうか。


その後は腑抜けたようにかるーくアニメイトを回り、
買い物にいけなかった先週分もまとめて買い、
らしんばんをゆるーくまわりました。

さすがに新刊の重さに腰がうずいてきたので、
古本のほうは今日は興味を持たないことにして、
ここでリタイヤし、参加された方々と別れて
駅の方向へ電車を検索しながら向かっていきました。

……あれ、一本で帰れるあの電車があと5分か。
サンシャインからじゃ今の速度だと間に合わないな、
すると、その次は? げ、20分待つのか。と
思った瞬間、脚が逆方向へと向かってしまいました。
気づいたときにはK-BOOKSとまんだらけの袋が手に。
しかも20分後の電車にちゃんと乗れてる自分がKO☆WA☆I(きもい)
確かさっき、腰痛いから帰ろうと思ったんだけど……
きっと池袋には腐を惑わせる梟がいるんだわきっとそう。


計17冊を抱えてぼろぼろになった体も、6時からの
整体+マッサージのおかげで、だいぶ腰も軽くなりました。
明日は療養(つまりごろ寝)しながら戦利品を楽しみます。

トジツキハジメ先生、お疲れ様でした&ありがとうございました!

P.S.
kさん、oさん、sさん、wさん、また、初めてお会いした
aさん、pさん (アルファベット順)、お世話になりました!
腰のことも沢山お気遣いいただき、ありがとうございました…。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - |