-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トジツキさんサイン会参加レポート | main | 『あの角を曲がったところ』/川唯東子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『タブー』『サミア』/須和雪里(西炯子)
古本を買ったとき、チラシ、レシート、しおりなどが
挟まっているのを発見するとちょっと嬉しいです。

『タブー』には残念ながら何も挟まっていなかったのですが
『サミア』には当時のルビー文庫のチラシが入っていました。
当時はまだ隔月の発売で、あのフジミシリーズすらなく、
終わりのないラブソングの4巻が新刊と言われていたのですね。
2ページでルビー文庫全ての著作が収まっているのが凄い。

チラシってほぼ捨ててしまうのですけれど、
こういう資料的価値があると考えれば、
とっておくのも良いかもしれませんね……。

さて、以前オススメいただいた『タブー』『サミア』、
どちらとも面白かったので感想です。



タブーサミア

『タブー』『サミア』
/須和雪里

角川書店
(1993/01, 11)


   【Amazon】           【Amazon】

*   *   *   *   *   *

『タブー』と『サミア』は連作でもなんでもなく、
それぞれの文庫内も短編ばかりで連作はありません。
しかし、どれも面白かった!

『タブー』収録作品からみてみると、
「タブー」は男子校でトラウマものという、BLでは
よく使われる設定のうち2つを使ったまっとうなBL。
「テリトリー」はたぶん今ではプロットが通らなそうな
BLにホラーを組み合わせたもので、変り種。
「いつか地球が海になる日」は変態を自認する
主人公に隠された心情を描いた、トラウマに近くも
トラウマなんて言葉で片付けたくない名短編。
「俺たちの崩壊」は幼馴染+3Pのまっとうな3PものBL。

『サミア』収録作品の「サミア」はとつぜん宇宙人が現れて、
最後には離別が約束されているのに好きあってしまうJUNE。
「影法師が泣いている」は、先輩に恋する少年に憑いた
守護霊が、実は先輩の守護霊と前世でひと悶着あった、
という、うーん、分類に困る変り種その2。
「暗珠」はすれ違っては傷つけまくるJUNE。

どれも70〜80ページと短いのに、どうしてこんなに
引き込まれて印象に残るようなストーリーになるのか、
自分なりに考えてみると……、「BL」という枠に
とらわれていないが故だと思います。

もっと細かいことを言えば、「Hシーンは何回」、
「ハッピーエンドでなければ」、「萌え要素」だとか、
そういった大抵のBLが守っているお約束が無いのです。
(なかにはBLだな、JUNEだな、とか判別して考えられるものも
あるのですが、それは今だからそう思えるのであって、
きっと当時の多様な形式の中のひとつだったのかな、と……。
当時は読んでなかったから類推するしかないですが)

だから、BLとして萌えたかどうかと言うと萌えては
いないのですけれど、小説として面白かったのです。
BL読みとしてより、本読みとして面白かったと思います。
BLを否定しているわけではないですが、BLのお約束を守って
200ページも300ページも書かれているのに一向に面白くも
感動もない作品よりはページ数に反比例して面白いです。
(それが誰かは心の中で静かに叫ばせていただきます。)


さて、全体的な印象はそんなところで、個人的に
好きな作品は、「サミア」「いつか地球が海になる日」
「影法師が泣いている」がベストスリーでした。

どれも共通しているのは、設定には荒唐無稽とも言える
可笑しみがあるのに、なにかしらの哀しみが交えてあり、
気づいたら胸をぎゅっとさせられてしまう点でした。

「サミア」の爪が紫色になっていることや、
「いつか〜」の一行目、「俺は変態である。」や、
「影法師〜」の陽気な守護霊なんて設定から、
あんなに切なくさせられるとは思わなかった……。

木原音瀬さんにも通じるような人間の本質と言うか、
醜さ、もろさまできっちりと描いているんですよね。
しかも救わないところもあるのがこれまた今のBLでは
考えられないのだけれど、それがまた良いのです。
笑わされて泣かされて余韻を残されて、素晴らしい作品でした。


絶対に須和さんの著作をコンプリートします。
オススメくださったみなさま、ありがとうございました!
そして未読の貴方にもこの小説を是非にオススメします。
| [BL・小説]須和雪里 | 20:58 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:58 | - | - |