-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『あの角を曲がったところ』/川唯東子 | main | 『センターコート 1〜3』/松岡なつき(須賀邦彦) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『天涯の佳人』/夜光花(DUO BRAND.)
すっかり深夜型になってしまいました。
本格的に忙しくなったのはたった一週間そこらだと言うのに…
体が慣れてしまうと言うのは至極簡単なようです。

はっ、これはもしや、BLでよくあるH展開の
「体は正直だな」→「作り変えられてしまった」ってやつね!
すると残業攻めでリーマン受けとなるわけですね。
しかも残業は、コンビニおやつなどの甘いアメと
付き従う脂肪というムチを使いこなすプレイヤー。
意味が腐明です。

頭がおかしいのは深夜のテンションをひきずっているせいとして、
今日は三味線を題材にした珍しいBLの感想です。




『天涯の佳人』/夜光花
徳間書店 (2008/4/24)
【Amazon】



☆あらすじ
天才的な津軽三味線の技と音色―加々美(かがみ)は
無名の若手三味線奏者だ。地方の大会での加々美の演奏に、
青年実業家の浅井は一瞬で虜になり、稀有な才能に心を囚われ、
「君を必ず桧舞台に立たせる」とスポンサーを名乗り出る。
成り行きで同居を申し出た浅井は、恋人にするような優しさで
接してくるが、浅井を独占する加々美を妬むライバルが現れて…。

*   *   *   *   *   *   *

BL+弦楽器といえば個人的にはフジミシリーズにより
バイオリンを思い浮かべてしまいますが、三味線です。
BLって何でもありだなあ!そこが好きですけれど。

とはいえ、もの珍しい三味線を題材にしてはいるものの、
音楽ものらしく、天才とそれにほれ込んだファンの
ストーリーであることには変わりありませんでした。


三味線演奏者の加々美は、先ほど例に挙げた、
フジミシリーズのバイオリニスト・悠季と若干似ています。
一日も練習を欠かさない努力家で自己評価が高くない。

しかし悠季と決定的に違うのは、全てに無心なことです。
血筋と環境によって今まで生活に大して困らない、
よってコンプレックスと自我があまりないために、
さらに無心…というか無垢さに拍車をかけています。

他人を疑わず、褒められても上を目指すなどの野心を持たず、
ただ三味線が弾ければいいと、音楽家としてまずい性格です。
(お蝶夫人の『天才は無心なのです。』というセリフを思い出すわ。)


そんな加々美をフォローしまくる浅井の真摯な態度に、
なんかもう、いじらしささえ覚えてしまいました。
浅井、いい旦那になるだろう、いいひとなんです。

演奏で一目ぼれし、加々美のためにすべての力を行使し、
無理強いすることもなく、守るときはしっかり守る。
パトロンで金持ってて加々美に一目ぼれしているのに、
全く傲慢で無いキャラってBL界にどのくらいいるのだろう?
むっつりだけど「純愛」という言葉が似合う浅井でした。


あ、この関係は大都芸能の若社長とマヤに似てるかも。
それとものだめと千秋でしょうか?どちらにしろ、
無自覚に周りのひとを動かさずにいられなくするのも
天才であることの証明なのかもしれませんね。

自覚無くひとを振り回す天才ほどタチの悪いものはないですが、
振り回された浅井は幸せそうだからいいか…、と
いうくらいに最後にはラブラブになりました。
恋愛のこともちゃんと考えるようになった加々美と、
ベタぼれの浅井は、かなりいいカップルかもしれません。


いつもの夜光さんとは趣が異なり、人も死にませんし、
(BL全体から考えても)ドロドロとしていない、
順当なラブラブ、ハッピーエンドでした。
いつもの仄暗いものを求めている方には向かないけれど、
手に取るのにためらわずに読める、良いほのぼの系でした。

P.S.
三味線というと、作中にも登場する有名なじょんがら節より、
ライブアライブという名作ゲームの幕末編の戦闘曲を思い出します。
ニコニコに原曲にほぼ同一の打ち込みがあったので張っておきます。
三味線の出だしと渋いベースが堪らない……。

| [BL・小説]夜光花 | 20:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:11 | - | - |