-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『天涯の佳人』/夜光花(DUO BRAND.) | main | 『プライム・タイム 1〜5』/芹生はるか(石田育絵) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『センターコート 1〜3』/松岡なつき(須賀邦彦)
昨日、記事の最後にニコニコの動画を引用しました。
あのゲーム、調べてみたら14年も前のゲームでした。

1994年といえばもう平成だし、つい最近のような
気がしますが、今年はもう2008年だもんね……。
14年後に、自分がパソコンを使ってこんなBLの感想を
書いていることになるとは思いもよりませんでした。

さて今日の感想本は10年前、1998年の作品です。
うーんあのゲームをやってた頃の4年後だったのか…、
そうやって考えると、いま、あの頃の本の感想を
書いているのも不思議な感じです。

それでは以下感想です。




『センターコート 1〜3』/松岡なつき
徳間書店 (1998/06〜08)
【Amazon】



☆あらすじ
一流テニスプレイヤー・ブライアンのコーチから、
突然ダブルスの相手に指名された智之。
以前からブライアンにあこがれていた智之の喜びも束の間、
密かに憧れていたブライアンは、智之にひどく冷たい。
コートでは実力の差を思い知らされ落ち込む智之に、
ブライアンはさらに嫌がらせのようなキスを仕掛けてきて…

*   *   *   *   *   *   *

あとがきを読んでいるとCharaの歴史が垣間見え、
なんとこのシリーズはChara月刊化記念として、
3ヶ月連続書き下ろしで刊行したらしいです。
松岡さんもはるひんみたいなことしてたんだなあ…。

もともと計画的刊行だったせいか、軸がぶれることなく、
3冊かけて起承転結がしっかりと描かれています。

あ、「出会って好きになってすれ違って和解してラブラブ」という
展開を3冊かけてグダグダとやっているわけではなく、
そのBLのセオリーの間に、テニスの試合の描写はもちろん、
テニスにまつわる様々な知識や、さらにアメリカでの
ゲイの選手に対する現状なども交えており、
『二遊間の恋』とも通じるような、ゲイ小説としても
通用するのではと思うほどの充実ぶりです。

それが恋愛のコンディションとちゃんと連動して
動いているから楽しいんですよね。
最後の試合のシーンは息を詰めて読んでしまうことよ…。

まっすぐで骨太な背骨に、スレンダーでしなやかな
筋肉がついたような、良い物語でした。


また、登場人物たちの心情もこまやかに描かれています。
自暴自棄な皮肉屋のブライアンも、とにかく快活な智之も、
類を見ないほど歪曲した性格の当て馬・ピートも、
皆個性があって素晴らしいのですが、あえて推すならば、
智之たちの友人となった名脇役のエイダを推したい。

エイダもテニスプレイヤーで、パートナーのクレアに
ひそかに片思いをしているビアンなのです。

その性癖ゆえに、ブライアンたちの心情を見抜き、
アドバイスもするのですが、それがお節介に思えないのは、
単なるアドバイザーとして存在するのではないからかと。
彼女も恋をし、口では現状で満足のようなことを言いつつ、
智之に惚れこむクレアを苦々しく思ったりする、
ひとりの葛藤する女性として描かれているのです。

知的ではあるけれど、美人とはひとことも描かれていないし、
アドバイスはするけれど、大きなお世話にはなっていない。
あんまりこういう描かれ方のビアンって少ないのではないかな?
エイダの百合小説だったら読んでみたいかもしれません。

重い腰を引きずってまんだらけを徘徊した甲斐がある、
古さを感じさせない良い作品でした。オススメ!

P.S.
「負けたとしてもおまえのせいにはしない」
「試合で全ての力を出しきることができなかったら、何にもならないんだぞ」
ブライアンのセリフがお蝶夫人とかぶる!(笑)
| [BL・小説]松岡なつき | 21:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:21 | - | - |