-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『センターコート 1〜3』/松岡なつき(須賀邦彦) | main | 『春いちばん』/湊川理絵(麻々原絵里依) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『プライム・タイム 1〜5』/芹生はるか(石田育絵)
今日はどちらかというとアホアホ本です。

どっからアホアホ=Aで、どっからまとも=Bなのか、
という作家の区分は必要ではないのですけれども、
自分の中ではその境がなんとなく存在しています。
たとえば、ナンバラン(以下敬称略)や森本あきはA。
設定は目新しくても中身は常時同じである
アホアホが、自分の中でAです。

しかし、剛しいら、水無月さららあたりになると、
アホアホでも「こ、これは……!」という中身の
斬新さに驚くこともあるから侮れないんですよね。

今日はそのAとBの境に存在するアホアホ系でした。
以下、感想です。




『プライム・タイム 1〜5』/芹生はるか
二見書房 (2000/02〜2004/3)
【Amazon】(写真・リンクは1巻)


あらすじ
ゲイの柏木は、ふと目にしたロケの見学中に一目惚れをしてしまう。
相手は倒産寸前の映画制作会社・靫プロのチーフ助監督、梶。
なんとしても彼のもとで働きたい!と、内定していた
一流企業への就職を蹴って、強引に入社を果たした。
しかし、綺麗な顔に似合わぬやり手の経理ぶりに、
周囲の風当たりは強く、プリティ守銭奴の運命やいかに……

*   *   *   *   *   *

スティール・マイ・ハートというシリーズのスピンオフらしいです。
本編のほうは読んでないのですけれど、それでも楽しめました。

ひとことで言えば「プリティ守銭奴 恋と仕事の奮闘記」でした。
この強かなキャラが斬新でありました。

プリティ守銭奴とはよく言ったもので、可愛い顔して
非常に倹約家(矛盾はしないですが)という性質の柏木が、
性質と専攻を生かして潰れかけている映画製作会社を
なんとか再起させようと頑張り、かつ、恋人をも
手に入れようと奮闘するお話なのでした。

この仕事にかける情熱というか、最初は不埒な理由だったけれど、
次第に靫プロ(山田ユギさんとは関係ありません)のために奔走して、
信頼を勝ち得るあたりは、ワーキングとして面白かったです。

実際にはありえないだろうけれど、社長の監督さえも
金勘定の点では新入社員の柏木にタジタジってのも
やりとりがなんだか可愛くてよかったです。

恋愛方面でも、梶にベタぼれなくせに、それを悟らせずに
翻弄されるようにしかけるところなんかは非常に
性格が良くあらわされていて、楽しく読めました。


しかし。
2巻以降の梶の扱いが酷い!酷すぎる!
そりゃあ朝帰りだのなんだのと頭に来る事もあるだろうさ、
しかしだよ、一日お小遣い200円はいくらなんでも酷すぎる。
せめて手綱は緩めすぎず締めすぎず、にしてあげるべきだよ。
副監督なのに、信頼されているチーフなのに、
財布を柏木に握られて、80円のコーヒーを買うか
どうかで自販機の前で悩んでいる梶の姿が
目に浮かんでなんだかもう哀れで……。
私なんて今日は朝から840円分もマンガ買ってるのに!(関係ない)


1巻まではワーキング+ケチケチ+巧妙な駆け引き恋愛で
バランスよく楽しんでいたのに、後半はなんだか
犬も食わない展開になり、結局は「愛している」と
言いまくって元鞘に戻るという延々廻りに。
(ほんとうに「愛している」を言い過ぎる2人でしたよ。
もう数える気がうせてしまうくらいに……)

隣の家のイチャイチャ夫婦が「別れる!」と突然言い出し、
心配したのに「ごめーんあのあともっとラブラブでぇ」と
言われてしまったような、まあ、具体例を挙げれば、
クレしんのヨシリン&ミッチーを字で読んでしまった感覚です。
よって、アホアホ認定ラインにギリギリ乗ると思われます。

…それでも結構楽しく読んじゃってる自分が悔しいっ!(笑)


ワーキング&アホアホというあまり例を見ない作品ですが、
どちらも好きというかたにはオススメします。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:42 | - | - |