-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『プライム・タイム 1〜5』/芹生はるか(石田育絵) | main | 『おおきくふりかぶって 10』をいつもの通り腐読み >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『春いちばん』/湊川理絵(麻々原絵里依)
「オヤジ、その4パターン」で紹介された
この『春いちばん』をはじめとする、
春ちゃんシリーズを読んでみました。

イー○ックオフって最近調子に乗っていて
BL系も売れ筋は値が釣りあがっていますが、
こういった古いけれど隠れた良作の在庫があって、
それが105円なり210円なりで買えるというのは
とてもありがたい(そして財布には恐ろしい)ものです。
たいてい絶版だから新刊への申し訳なさも無いですしね。

さて、今日の作品ですが、なるほど、確かに十年経って
オヤジと言われる年になっても好色な受けではありそう……。
それでは以下、感想です。




『春いちばん』/湊川理絵
角川書店 (1999/05)
【Amazon】


☆あらすじ
誘い込むような絹の肌に童顔の美青年、雛瀬春実(ひなせはるみ)。
実は彼は名門K大学理学部・天童研究室の助手だった。
昼は白衣をまとい研究にいそしむが、夜はただ欲求を
鎮めるために淫らな肌が男を求めてしまう。
そんな彼に同じ研究室の鏡沢俊一郎は本当の恋を教えてくれたが……

*   *   *   *   *   *

28歳になっても18歳に見えるってどんだけバケモノ?と
つっこんでしまいたくなる、超人でした。
たしかにオヤジになっても男を誘う魔性でしょうが、
容貌的には全く老けなさそうで人外の生き物になりそうです。

攻めがオヤジになるとだんだんとオヤジくささ、
人間くささが増してというのに、逆の立場だと
好色でもまるで異界のもののように現実味が
なくなってゆくなんて不思議です……。

受け=女性の立場が好色なのは許されにくいだとか、
そんな社会的抑圧うんたらかんたらな理屈も
ありそうといえばありそうな気もしますが、
単に現実的にあまりいないからなんでしょうか。
女性でも妙齢なのに男を虜にするひとなんてみないもんなぁ。
(まあ、それはどっちが鶏か玉子かわかりませんが)


さて、オヤジ考はその辺にしておいて、この本について。
おう…イッツ・JUNEという印象でした。(掲載もJUNEだし)
いきなり死にネタなんですもの!

ただ、しょっぱなに春ちゃんが不動の恋を手に入れながらも、
その後もいろんな性格の攻めと出会い、そして別れ、
体(と浮気な心)はまた男を求めてさまよう、というのは、
2話以降のこのシリーズの真髄であり、新鮮でした。
BL路線では無理だよなあ…少なくとも3冊で6人、
しかもそのたびごとの相手は、たとえ浮気心であっても、
脇役でなくてちゃんとした主役級の攻めなんですもの。

(ちなみにもっとも好きだった攻めは、したたかで強気、
傲慢な口をきくけれど、実は誰よりも春ちゃんと
離れることを恐れている新米政策秘書でした。>

なので、いろんな男に愛される話を読みたければ、
これはかなり楽しいシリーズじゃないかと思います。


しかし、1つ不満があります。それは、
春ちゃんをもっと幸せにしてほしいということです。

凄絶な色気をもってして、周りの男どもを誑かしても、
結局は春ちゃんの優しさが男を手放してしまうのです。
これじゃ幸せを分け与えるだけの幸福な王子のようです。
3巻まで読みましたが、一向に幸せの兆しが見えない。
ぜひツバメのように最後まで傍に寄り添ってくれる、
そんな恋人があらわれて欲しいなあ……。

いかん、読み返してたらしんみりしてしまいました。
『春いちばん』、『秋色の女神』、『クリスマス・ラブ』と
季節もので続きますので、その時々に読んで、
しんみりとした気持ちになるのもいいかもしれません。
いいJUNEでした!


P.S.
タイプ4、これからも模索してゆきたいと思います。
花梨さん、ご紹介ありがとうございました。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:09 | - | - |