-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『春いちばん』/湊川理絵(麻々原絵里依) | main | 『ビューティフル・プア』/榎田尤利(稲荷家房之介) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『おおきくふりかぶって 10』をいつもの通り腐読み
前巻の9巻が12/26なので約5ヶ月…、前回よりは
間隔が短くなり、仕事がちょっと立て込んでいる
日々の週末にじっくりと読めるとは幸せです。

…実は先に昨日の帰りの電車の中で読了したんですけどね。
「今日は用があるので」と残業を打ち切って、
用なんて本屋が閉まる前に行きたかっただけで、
電車の中で読んでたら顔がにやけちゃってきもくて、
それでもいいからと読んで再読までしたんですけどね。
ニヒニヒムハムハしすぎたので冷却期間を置きました。

<一般的感想>
桐青戦とは違い、手に汗握る試合展開ではないものの、
強いチームでも、弱いチームでも、野球をしたい、
誰かと一緒に野球をやりたい!という気持ちはかわらない、
その情熱と青春に熱い気持ちを抱かずにいられません。
群像にならず、野球をやる個人の心情に焦点を
当てているところが相変わらずいいですよね。
はあ、満足でした。以上。

嘘です、以下で全然冷却できていない思いを
ぶちまけようと思います。では、以下ご注意を。





『おおきく振りかぶって』/ひぐちアサ
講談社 (2008/5/23)
【Amazon】

*   *   *   *   *   *   *

p.7 アベ母とミハシ母
「スイマセンウチのがスキカッテにやっちゃってて」って、
アベ母、し、知ってたのかー!(何をどこまで)

p.43 花井独白 「なあ田島!」
この巻全体にいえることですけれど、
この田島様への執着心がたまりません!
でもそれがいいんだよ、いいんだよ!
野球では競争してあとはラブラブがいいんだよ!

p.51 アベはいつでも腹黒
うわあ…相変わらずの腹黒さですね。
でも父譲りというのが受けました(笑)

p.57 イッちゃんとタイさん
やばい…にしうらーぜびいきの立場ですが、
イッちゃんの涙とタイさんの覚悟(とアホの子の号泣)の
せいで、敵チームにも燃えて萌えてしまう!

p.70 モモカンの今日の目的
モモカンも黒い…まあ、ハナタジ、タジハナを
推奨しているということですよね。(違う)

p.90 アベ母、またも謝罪
どう見ても「うちの娘のしつけがなってなくてすみません」と
謝っているようにしか思えない私は末期。

p.95 田島様×ミハシ
やばい田島がかっこいい!その1シーン。
こういうところが天性の魅力なんだよな…。

p.112 クソレ、ニッコリ
試合だというのにこの緊張感のなさがクソレたる所以ですね。
泉のドキドキはいったい何のドキドキよ。

p.116 やばい田島が…
かっこいい!その2シーン。試合中はやっぱり
ずっと田島様のターンですなあ。

p.127 花井、ドキンッ
田島様の応援で胸がドキドキしてしまうのですね、
わかります。いや、腐った見方でない意味も
わかるんですけれど、擬音の「ハフ」がエロイと思う。

p.130 アベはいつでも束縛
花井がミハシの肩に手を置いたのが気に入らなくて
怒っているようにしか見えないw
そして調教済みのミハシの動きがすごい。

p.138 田島様×ミハシ その2
なんという以心伝心ぶり!アベとの差が
はっきりしていてとても興味深い。

p.145, 149 やばい…
田島がかっこいい!その3&4シーン。
田島様の笑顔が花井じゃなくてもまぶしいぜ。

p.151, 162 ××××
ごめんなさいごめんなさい、栄口の口から、
モモカンの思考からそんな単語が出るだなんて!と
勘違いしてごめんなさい。漢字変換されてしまったんだもの!
気づくまでゆうに1分はかかってしまったわ…。
スプレー=ジェルか?と栄口の思いやりを
さらに勘違いした私は死ねばいいと思う。

p.163 アベはいつでも青筋
自分の思いやりが届かなくて凹んでるんですね、
わかります。花井は良い子だなあ…。

p.171 花井、あごが外れる
結果的には良かったけれど、今までの経験上、
少なくともミハシに相談すべきではなかった(笑)
花井の決意した顔がとてつもなくかっこ可愛い!

p.179 田島様、カンチガイ
なんという田島様→ミハシへの親愛の情!
つまり、兄・田島様と花井、弟ミハシとアベの
スピンオフってことですね。
そして「オレは慣れてる」泉は名脇役。

p.194 アベはいつでも大声
アベの心配は伝わっても、いつも一方通行ですねえ…。
ミッフィーこと沖も大声にびびってるのが美味しい。
阿部めえ…というミッフィーの声が再生されてしまう。

p.221 田島の予想
なんというタジハナタイム……!
心に何かが満ちてつきあげてくるっ。

p.230 アベはいつでも性格が悪い
この「アベはいつでも」シリーズ最後はさすがアベという展開。
なんつーか…敵に回したくない男だよ、アベは。

p.240〜p.243
さ、最後の最後でこの試合後の田島様は可愛すぎる!
「背ェ高いヤツキライだし!」精一杯のツンデレに
ハナタジ、タジハナも大好きな自分としては大満足。

カバー下
大地のエピソード!大地のツナギ!
アホの子萌えにはたまらないカバー下です。

*   *   *   *   *   *   *

今回はだいぶ長くなりましたね…それもしょうがないです、
熱い試合展開の代わりにお熱いタジハナがあったんだもん!
ああ、アニメ2期もやってもらって、10巻を動画で見たいわ。

感動もできて腐読みもできて、2倍どころか2乗楽しめる
素晴らしいマンガをこれからも愛読しようと思います、まる。


P.S. 今回のこれだけで妄想可なコマ


((c)講談社 ひぐちアサ)
| [その他]おお振り特集 | 21:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:16 | - | - |