-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『おおきくふりかぶって 10』をいつもの通り腐読み | main | 2008年6月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ビューティフル・プア』/榎田尤利(稲荷家房之介)
プア。poor。
どうやって書いても間抜けな単語に思えます。

最近はワーキングプアなんて言葉が流行していますが、
どうも緊迫感の無い単語に感じてしまうんですよね…。
「貧乏労働者」「貧窮社会人」と書けばほーら、
こんなにはっきり!…しすぎて嫌だな、意図が。

逆に山上憶良の作品を「Poor dialogue waka」と
横文字にしてリバイバルしたらどうでしょうか。
バカ売れ……しないな。発想がプアで困ります。

さて、プアだけどビューティフルな貴族が身売りをするという、
エダさんらしからぬBL的設定のお話でしたが…意外に面白かったです。
以下、感想です。




『ビューティフル・プア』/榎田尤利
リブレ出版 (2008/05)
【Amazon】


☆あらすじ
貧乏のあまり自らを売りに出した侯爵・アロウが所蔵する
絵画を目的に、父親の命で遠い異国へとやってきた画商の玲一郎。
彼を求めて大富豪が集まるなか、唯一庶民の玲一郎は
なんとか侯爵に近づこうとする。その超絶美貌にも
揺らがなかった玲一郎だが、彼の人柄に触れるうちに、
なぜだか心から笑う顔が見たくなって……

*   *   *   *   *   *

エダさんにしてはほんとポップBLのノリな設定で、
ある意味「さすがリブレ……」と思ったのですが、
目新しい、楽しいだけでない面白さに引き込まれました。

「この速水真澄ともあろうものが」と言わんばかりに
なぜ、爵位の中でもランクの高い侯爵ともあろうものが
貧窮したとはいえ身売りなどをするのか……。

そこには、まあ、陳腐と言えば陳腐なんですが、
「なぜしたのか」から「なぜしなければならなかったのか」という
動機が、きっちり描かれていたのが良かったのだと思います。
というか最後のアロウの父のツンデレっぷりは卑怯だ!(笑)
頑なだったアロウの父にも、父の影におびえるばかりのアロウにも
もやもやとしていたのが解消されて読後感はまことに良いです。


タイトルどおり、貧乏という意味でもプアだったのでしょうが、
アロウは愛に飢えていてプア(貧困)だったのでしょうね。

本書でも別の表現で言われていることですが、
愛はお金で買えないし、愛でお金も買えない。
それは、お金は生活の基盤で、愛は生活の彩りだから、
貧乏でも美しい、という直訳な意味とまた逆に、
彩りの無い人生はもし美しくても貧困であると…、
そんな風に勝手にタイトルを2重の意味に感じられました。


あと、良かった点は……庶民・玲一郎の庶民っぷりが
ほどよく活躍していたところと、老執事のサイモンかな。
前者は薪割りだとか、雑巾縫いだとか、予想もしない
小さいエピソードがさすがという感じで楽しかったのと、
後者は良いアシストを決める助演男優賞でした。
こういう脇役がぴしりとしていると嬉しいですね。

逆にマイナス点は、ハプニングの終わり方が
だいぶあっけなかったことですけれど、それが
主眼じゃないと思えば、まあいっか、ということで。
悪役が脇役のアラブの王子に指名手配されて捕まって
陵辱される続きを妄想して楽しんだのは内緒よ。(おい)

せっかく挿絵が稲荷家さんなんだからもうちょい
エロければいいのに…と思っていましたが、
最後の稲荷家さんのイラストがエロかったから
よしとしよう。(イラストが右側でちょっと焦ったけれど)

榎田流ノーブル・ロマンス(あらすじより)だかどうだかは
わかりませんけれど、少なくとも貴族とは名ばかりな
登場人物ばかりの作品よりは全然、買いでした。

「貴族ものはちょっと…」という方にこそオススメかもです。
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:35 | - | - |