-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2008年6月新刊購入予定リスト | main | 深夜はハプニング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『深紅の背徳』/夜光花(高階祐)
おとといの夜中に更新したリストに、結構な量の
ミスがありましたので、修正しました。
ご指摘くださった皆様、ありがとうございました。

間違った情報をそのままにしておくと私だけでなく
見てくださってる方にも非常によくないですから、
ご指摘いただけるのはとってもありがたいです。
データ系の更新は深夜は避けようと思います…。

さて、朝の側仕え選び(持ってく本を決める)のとき、
なんとなーくダークなものを読みたかったので、
この作品にしましたが、期待と違っていました。
以下、感想です。




竹書房 (2008/5/24)

【Amazon】


☆あらすじ
真人が神父を務める教会に、嵐の夜にずぶ濡れで
ひどい怪我をした男が現れた。
もちろん怪我の手当てをして助けようとする真人だが、
男が流している大量の血を目の前に、強い欲求が湧き上がる。
真人には、人として神父として、今までひた隠しにしてきた、
吸血鬼でも無いのに血を求める、という秘密があったのだった。
怪我が回復してきた男・奈義は真人の秘密に気がついていて……

*   *   *   *   *   *

「吸血症」(昔調べたことがあったので既知でした)に神父、
まあなんてダークな雰囲気なのかしら、と思ったら、
ホラーでもゴシックでもない、ラブエロでした。

とにかく、エロ濃い目!ひさしぶりにHシーンのページを
数えてみたけれど、16+10+10+10+6+10=62、
攻め以外とのを含めると70ページを超える勢いです。
はるひんや秀さんのエロエロと良い勝負じゃないの…。
ラヴァーズのはじけっぷりがすごいです。

オノマトペも多用されており、1回目の16ページ分でも
「びくり、ぬるり、ぬちゅっ、ずぶり、きゅうきゅう、
びくっ、ぐちゅり、とろり、ぐちゅぐちゅ、
ぎしぎし、ひくんひくん、ずるり、ぎくり」他、
なんとなくもうこれだけで情景が脳裏に
浮かんできますよね…、擬音の効果恐るべし。


で、まあ、エロエロなんですけれども、そのエロさに
拍車をかけているのは「吸血症」と「神父、聖職者」です。

吸血症は性的に恥ずかしい(片タマとか)ものでは
ないですけれど、充分、自分を変わっていると思わせて、
ひとから遠ざける理由にはなると思います。
それプラス、神父という堅い職で背徳感を抑えようと
しながらも、それがさらなる背徳感、そして快楽に
つながっていく性的な背徳感が良かったと思います。

先天的な背徳感と性的な背徳感……、それぞれが
違う形でスパイスになっていたのでしょうかね。


ただ、ラブエロとも書いたとおり、全体的には
ダークな雰囲気をまとっていないですし、
むしろ最後のほうは奈義と対立関係にある男すらも引き付け、
3Pハッピーエンドになりそうな予感すらさせています。

それがいいのか悪いのかは好みでしょうが……、
私は少なくとも読後感が良かったなと思います。
(3Pエンドも好きだから終わり方も嫌いじゃないですし)


惜しかったのは、吸血症とエロがもっと直結して
エロさを醸し出していたらよかったなあと思いますが…、
すでに充分エロいから過多になってしまうか。

あとは……奈義という男が若干つかめなかったところですかね。
デイトレーダーを職としながら銃は使いこなし、
けが人の癖に神父に欲情し、身を隠しながらH三昧、
ちょっとアウトローな雰囲気なのに軽くヘタレ。
無駄にバイタリティに溢れている方でした。
……まあ、そういうバカっぽい攻めも好きですけど。


表紙ほどダークではないので、夜行さんのダーク系が
苦手なかたもこれはいけるかもしれません。

P.S.
ラブコレの短編も読みました。やっぱりいつかは3P?(笑)
| [BL・小説]夜光花 | 00:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:48 | - | - |