-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『深紅の背徳』/夜光花(高階祐) | main | アンケート・「好きなアレの呼称は?」【150万企画】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
深夜はハプニング
ひさしぶりに日記です。

□ 終電は何かがハプニング □

今週は平日5日間のうち4日間が終電と、まあ、
ハードなスケジュールだったのですが、終電は酔っ払いと
疲労困憊の人ばかりなので他人を観察するには面白いです。

水曜と金曜の夜に、1つずつ面白いことがありました。

水曜は、酔っ払ったおじさん(見た目に気を使っている、
ちょっとこじゃれた風体)がドアの脇に立ちながら、
手すり支えにしながらうとうとしていたときのこと。

私はそのその向かい側に立って本を読んでいたのですが、
あまりにおじさんの舟のこぎ方が大きくなってきたので、
大丈夫かな、と思った瞬間、電車が軽く揺れ、
おじさんが落ちました。膝からがくんと、バタンと!
それが無抵抗にくず折れたものだから綺麗に
_| ̄|○ な状態に倒れて、悪いけど吹き出しかけました。

膝をぶつけた音が大きく響いたので痛かろうな、と
笑いをこらえながら見ていると、本人は眠いせいか
あまり痛みを感じていなかったもよう。
その証拠に「へへやっちまった」といわんばかりの
へらっとした表情で見上げてきたもので、はい、
「このオヤジは受け!」と認定した楽しい出来事でした。


金曜日は先日BLの携帯用Webコミックを見せてくれた
先輩と終電で帰っていたときのこと。

電車の座席の前に2人で立っていて、周りの人が
ほとんど寝ているね、なんて話をしていたら、
先輩の左隣(私が右隣)で立ちながら寝ているオヤジが、
斜め前に座っている20代後半とおぼしきリーマンの前髪を、
突然なでたりつまみはじめたのです!
図で言うとこんな感じ。

○ ○ ○ ←座席(20代のリーマン、女性、女性)
↑ (突然髪をなでる)
○ ○ ○ ←立ってる人(左からオヤジ、先輩、私)


先輩も私もその光景に「えっ、何、えっ?」と驚いてしまい、
ただただオヤジがなでるのを見ていたばかりでした。
そのうち(5秒〜10秒ぐらい)に異変に気づいたリーマンが
髪を払うように首を振り、オヤジもその手触りで
目が一瞬覚めたのか、手をさっと引っ込めて
何が起きたのか分からない表情をしていました。

先輩「いまのなに? ねえ」
私「……知り合いだってあんなことしないですよね」
先輩「いや知り合いならよけい変でしょ。男だし」
私「うーん、いつものくせがねぼけて出たとか…」

男同士と言うことにつっこみは入れつつも、
微妙に嬉しそうな顔をしていた先輩は、
やっぱりこっちの住人かもしれない。
でも美味しいハプニング続きでした。


□ 家に帰ってもハプニング □

今週はまあハードな日々だったので本屋に一度も
立ち寄れず、新刊が買えなくて鬱々していましたが、
こういうときはAmazonでの買い物は助かります。

睡魔と闘いつつ、自分の購入リストを見ながら商品を
かごにどさどさと入れて、買い逃したものも入れて、
あとはそうだ、オノ・ナツメ祭りをやっている
IKKI 7月号も買わなきゃ……とかごにほおりこんで、
確認画面はもうめんどうだから見ずに購入をクリック。
これで2日後には届くだろーとベッドに倒れこみ、
まさに2日後の今日、Amazon箱を開けてみると…



あっるれえええ? バイバインをふりかけた記憶は無いよ?
Amazonったらはやとちりだなあ、2冊も、って…あれ?
ゴミ箱に速攻で捨てた納品書を確認してみると…

ikki2

しっかり2冊注文していました。やっちまった!!
そうだ思い出した、先に忘れちゃいけないと思って、
会社でランチ中に放りこんどいたんだった。

…まあ、オノさんの読みきりが超絶良かったからいいや!
2話目の父親と息子の優しさが眼にしみるっ!
家族ランドマークというシリーズ?の幼馴染の
オヤジ同士の話も美味しかったし……
あとは金魚屋古書店をのぞく続き物は知りませんが、
スエカネさん(むとべさんの別PN)との連載は面白そうでした。

ハプニングも楽しめれば妙なもの、ということで。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 20:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:41 | - | - |