-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アンケート・「好きなアレの呼称は?」【150万企画】 | main | アレ、を切り取っちゃった作品2冊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『狼伯爵―永久のつがい』/剛しいら(タカツキノボル)
いま、書き始めた時点で、アンケートが75票も入っています!
ご回答くださったみなさん、ありがとうございます。
引き続き 6/16まで実施しております。

さて、アンケート実施中ですが、さっと回答に
目を通しましたところ、3点ほど、気になる回答が
ありましたのでご紹介と簡単な回答を。

・「あれ」「それ」でいい(Mさん)
 →ああ! 「代名詞」もありですね。失念でした。
  いまさら項目追加はアンケートが崩れますので、
  もし他にも代名詞が良い、というかたが他にもいましたら、
  8・その他を選んで「代名詞」とコメントにてご記入願います。

・「情欲」「劣情」は感情系?(Nさん)
 →感情系…確かに…でも、私としては性欲に限りなく近い
  感情だと思うので、これは4へ分類してもよいかな、と。
  
・「シャフト」(匿名さん)
 →シャフト…、は、まあ、日本語で「軸」ですから、
  3・物質系に分類させていただければと思います。
  少なくともゴルフクラブのあの細長い「シャフト」を
  さしているのではないです……よね?
  ただし、マグナムなら6・一般的な性器の別称です。

そんなところでしょうか。他にも興味深い回答、
お待ちしております。

それでは今日は剛さんの新刊ケモ系作品の感想です。




『狼伯爵―永久のつがい』/剛しいら
幻冬舎コミックス (2008/05)
【Amazon】


☆あらすじ
銃で撃たれた金色の毛の狼を助けた獣医の良宏(よしひろ)。
ある夜、狼は美貌の男へと変貌し、つがいとなる
同族の良宏を探していたと告げる。その男・カイルは百年程前、
狼伯を継ぐ者として生まれ、儀式を経て人狼となったという。
驚愕する良宏だったが、言われるがまま逞しい体に噛みつくと
甘美な興奮を覚え、己に眠る人狼の血に目覚め始めた良宏だが……

*   *   *   *   *   *

さすが剛さんだなあ、と頷ける出来でした。
こういう剛さんしか書けない、書かないようなものがあるから、
乱発される著作を次々と買わされてしまうのでしょう。

狼にへーんしん!とか伯爵だとかは、BLにおける
萌えの要素ですけれど、それを結論にはせず、
民俗の伝承から見た狼、また、環境保全の側面から見た狼…
そんなアプローチをさらっと組み込んでるのが特筆すべき点です。

とくに、日本の大神とヨーロッパでの悪魔という宗教上の差と、
環境と時代の流れを盛り込んで、もちろん架空上だけれど
説得力のある敵の組織を作り上げて対立させた構図が凄いです。

そのわりにはちょっと敵がしょぼすぎる気もしますし、
敬虔なカトリックのひとが読んだら怒るかもしれませんが、
まあ、そのへんはファンタジー、ファンタジー。(強引)

剛さんをBL界の赤○次郎と呼んだことがありまするが、
柳田○男の側面もあるとは、剛しいら……恐ろしい子!
アホアホからそこまで、まったく幅がとてつもなく
広いことに、感心せざるを得ませんね。

さすがにふたりとも人狼ですから、微妙にけものくさい
Hシーンがありますが、そんなのは同レーベルから
出版された沙野風結子さんのに比べたら、
どうということはございませんことよ。

むしろやってくれ!てなぐらいですよ。
獣は無理矢理だと絶対に萌えられないんですけれど、
立場が同等で、意思疎通が可能なうえで、
ラブラブなら全く問題なくいけます。


ほんの少し、ダリア文庫の秘密シリーズのあるキャラが
文中でほのめかされますが、知ってるひとは嬉しく、
知らない人は知らなくとも困らない程度なので、
知らなきゃ楽しめないってほどでもありませんでした。
(この作品が楽しめるなら秘密シリーズもオススメですけれど)

『海へ還ろう』などの、その地の伝承などを題材にした
作品がお好きなら、似た系統ですのでオススメです!

P.S.
タカツキさんの挿絵でひさしぶりにあたりが来た…嬉しいです。
| [BL・小説]剛しいら | 00:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:05 | - | - |