-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『狼伯爵―永久のつがい』/剛しいら(タカツキノボル) | main | 望んで望まれて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アレ、を切り取っちゃった作品2冊
「アレ」についてのアンケートをとっているときに、
偶然にも「アレ」を切り落とす話が続いたので感想です。

切り落とすと言えばアベサダですが、アベサダと
聞いて、調べないですぐに分かる年齢って
いくつくらいまでなのでしょうか。

私は高校生の時に読んだ本の中で知りましたが、
聞くたびに股間がきゅっとします。
男性特有なのかなあ、この感覚。
高いところに立って下を見下ろしたときの
感覚に似ていると私は思うのだけれど……。

ま、それはいいとして、感想です。




『野良猫とカサブランカ』/中原一也(挿絵/実相寺紫子)
ワンツーマガジン社 (2008/05)
【Amazon】


あらすじ
男に飼われていた過去を持つバーテン・律は、
どこか陰のある傲慢な刑事・須田に捜査の協力を頼まれる。
生意気な律の反応を面白がり、挑発してくる須田に
憤りを隠せない律だったが、消し去りたいはずの過去を
互いに抱えながらも、対峙する強さをもつ須田に掻き乱されて…

*   *   *   *   *   *

さっき、切り取られる話を読むときゅっと来ると
書きましたが、こちらの作品はあまりきゅっと来ません。
何故ならば、救いようのない敵役が過去にアレを切られて、
さらに気持ち悪さが増して登場、という展開だからです。
(ちょっとネタバレ多め?)

今までに読んだ中原さんの作品、つまり全部の作品で
一番不快なキャラクタだと思います。
その手下も可哀想半分、気持悪い半分なので、
カップルが幸せな終わりかたをしていなかったら、
あまり後味がよろしく無い読み物かもしれません。

ただ、「きもちわるーい」で片付けられないのは、
中原さんのオヤジがやっぱり好きだからだー!
元エリートだけれどいまはおちぶれて、猫のような律を
からかって遊ぶ飄々としたデカ……って美味しいなあ。
もちろん、オヤジ臭い言葉とエロもたっぷりで、その点は満足。

アルルノベルスはあまり読まないし読む気になれないけれど、
もしこのナンデモアリなにおいが上手く相互作用を
起こしたら、凄いことになるかもしれないですね。

オヤジ好き or (精神的に)ダークなお話が読みたいときはどうぞ。



『この世の果て』/毬谷まり(挿絵/石田育絵)
二見書房 (2006/3/28)
【Amazon】

☆あらすじ
元華族の家柄の和彰は、結婚して事務機器販売会社の
『オムラ』に婿養子に入り、社長として仕事に励んでいたが、
会社でも家庭でも自分に求められているのは
華族というブランドだけだと思い知らされる。
そして、和彰は精神的なストレスから、
なんと自らの手で自分の局部を切断してしまう。
そんな和彰に救いの手を差し伸べたのは秘書の長瀬だった。
退院後、長瀬の誘いで彼の家で静養することになった和彰だが……

*   *   *   *   *   *

こっちはのっけからキュッと来ました。

切り落としてしまう行為ももちろんなんですが、
自立しない妻や跡継ぎを生むための道具にしか見ない義母、
自分を軽んじる役員たち、できすぎる秘書、
婿養子、お飾り社長、セックスレス、種馬扱い……
それらのイヤーな単語が飛び交い、うつうつとした感情が
無い混ぜになって、和彰が精神的にどんどんと
追い詰められていくところにキュッと来てしまいます。

この辺の追い詰め方が上手いせいか、早くなんとか
幸せになってほしいせいか、さっと小説の中に入れました。

逆に、好ましく思っていなかった長瀬に、和彰の精神が
じわりじわりと癒されていく段階は甘く優しく、
アレが無いのにアレがあって勃っている感覚がする…、
というエロに新しい境地を見ました。
(心のアレが勃つという感覚に近いのでしょうかね?(笑))

短くなったアレさえも愛せる、懐の深い長瀬のおかげもあり、
スタートは凄惨ですが読後感は実に良いです。

不思議なものですね、自らのを切り取っちゃう話の
ほうが最後は読後感が良いというのも…。

こちらの作品は、表紙と設定が過激ですが、
それだけに終わらない、面白い作品でした。
ちょっと苦手そうな設定でもお試しアレ。

P.S.
須和さんの『あいつ』は取れちゃったお話だけど、
JUNEだと他にも切っちゃったお話がたくさんありそう…。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:11 | - | - |