-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アレ、を切り取っちゃった作品2冊 | main | 『花がふってくる』/崎谷はるひ(今市子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
望んで望まれて
□ とにかく望む □

おおきく振りかぶって 〜オレらの夏は終わらない。
……そう、放映が終わってからもまだ熱さめやらぬ
おお振りのイベントDVDが届きました!
忙しい毎日ですが、忙しいおかげで自分のお金で
DVDも迷わず買えるのはとても嬉しいものです。

こちらのDVD、おお振りが好きなら…というより、
やっぱり声優さんが好きなら、という内容でした。

でも私、声優さんのパーソナルデータには全く関心がなく、
姿かたちも写真でちらりと見たぐらいしかなかったのですが、
にしうらーぜの声が声優さんから出てくるのを見ると、
違和感と同時に、中の人の性格や考え方があって、
あの演技や声があったんだなあと不思議な感慨を得ました。

なんでしょうね、この気恥ずかしさと嬉しさの境界の
ような感覚……、サイン会のときに感じたモノと似ています。
作品が本当に目の前にいる生身の人間から生まれる、と
いうことを肌で感じられるからなのかもしれません。

まあそれは良いとして、内容は、2時間以上とボリューム満点。
オープニングらへんはまだ場がほぐれていない感じがしましたが、
生アフレコのシーンでいっきに盛り上がっていました。
目の前であの声が出たら気分は上がりますよね。

中村さん(アベ)のクソレ、福山さん(泉)のアベ、
木村さん(西広)の田島の「やべえオ○ニー忘れた!」シーンなど、
個人個人でのアフレコもよかったんですが、なんといっても
一番素敵だったのは全体でやった巣山のプロテインシーン!
あそこが削られちゃったのが悲しかったからファンの気持ち、
スタッフおぬしわかってるのう、と囁きたい気分です。

それ以降は声優さん個人にはとんと興味が無いので
ざっと見て終わりでしたが…見終わって
とにかく思うこと、2期をおおいに望む!


□ いつも望まれて □

今週は1日だけ地元の書店に寄れるくらい早くに帰れました。
一般的に早いのかどうか分からないけれど、
本屋に焦ることなく寄れるのは素晴らしい。

2週間ぶりの生本屋をかみしめながら店内をぶらつき、
3冊ほど持ってレジへ行ったら、いつものオジサンが接客でした。
もうこのひとには色々と買っているものがバレバレなので、
かなり気安い雰囲気でレジの間は雑談をします。

オジサン:「いらっしゃい。今日は少ないね」
私:「そうですね(今日は、ってなんだ)」
オジサン:「今日これ入ったんだけど、こういうの好き?」

と、おもむろにカウンタの本の山から出したのは、
なんと西洋骨董洋菓子店(アンティーク)の文庫版でした。
確かに欲しいんだよ、未収録のが読みたいんだよ!
よくわかっていらっしゃることで、まったくもう。

私:「好きですけど…(こらえて)、単行本のほう持ってるので」
オジサン:「あそう。これバラ1巻ずつとBOXセット1つしか
      入ってきてないんだよ。場所がね……」

BOXセット……なんて甘美な響き……。
そうか店側にとってはバラを棚差しするスペースで精一杯で
BOXセットは隣のラノベに押されてひっそりと隅へ追いやられ
いつのまにかこっそりと返品されてしまうかもしれないなんて
そんな運命を果たしてこのBOXに背負わせてしまったら
義を見てせざるは勇なき也ではなかろうか?

私:「……BOXの、ください」
オジサン:「ほんとうに?毎度ありがとう」

本当だよいつもあんたにのだめカンタービレの特装版だの
もやしもんの特装版だの少女ファイトの特装版だの、
いつも望まれて全部買っちゃってるんだから……。



というわけで買ってしまいました。いいもん、
12ページの未収録短編も久しぶりに読んだ本編も面白かったから!
望まれて嫁に行くのがしあわせなのです!(違う)

…まあ、幸せであることには違いない日々です。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:02 | - | - |