-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 望んで望まれて | main | 『NOW HERE』/木原音瀬(鈴木ツタ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『花がふってくる』/崎谷はるひ(今市子)
BL解禁! と言っても金〜土の間だけですが、
というのも今日、個人的にとある試験があったもので、
そのためにBLを2日ほど断ってみました。

断BLの効果?残念ながら断った意味はありませんでした。
直前になって頑張ろうとしても無駄ということを
いくつになっても学ばないのはどうなんでしょ。

まあ、2日とはいえ久しぶりにBLを読まなかったので、
今日読んだこの作品は余計に楽しめました。
こっちのほうが効果あったかも…。

以下、感想です。




『花がふってくる』/崎谷はるひ
フロンティアワークス (2008/5/13)
【Amazon】

☆あらすじ
どことなく頼りない大学助手の
蓮実秋祐(はすみあきひろ)は、
大人びて落ち着いたいとこの
袴田涼嗣(はかまだりょうじ)と同居している。


際限なく甘やかしてくる涼嗣に、秋祐は密かに恋をしていた。
近すぎる距離が当たり前になっていた二人だったが、
涼嗣が恋人との結婚を決めたことから事態は大きく動き始めた……

*   *   *   *   *   *

お話の骨子は15年前、しっかりと書き始めたのは
4年前、とあとがきで書かれているだけあって、
ちと今の作品と趣が異なっていた作品でした。

しかし、本質にあるものは変わらない気がします。
共依存に近い庇護するものと庇護されるもの関係にあり、
それから転じて唯一のひと、関係を求めるということ。
崎谷さんのお話で一番多いパターンでしょうかね?

庇護の関係にある時間は短かったり長かったりしますが、
この作品は幼なじみでいとこ同士とかなり濃い部類です。
そういう意味では崎谷さんらしい作品ではないかと思います。


では、趣が異なるところはどこかというと、2点あります。
1点目は、攻めの性格が最悪ということ。
崎谷さんの甘やかしタイプの攻めは大概性格が悪いですが、
皆、受けに我こそは執着している!という自覚がありました。
しかし涼嗣は「面倒見の良いいとこ」のポジションが
最初から用意されてあり、無自覚に執着していたため、
秋祐ふくめた周りのひとを傷つけまくってしまうんです。

関係が近すぎたための弊害があったせいかもしれませんが、
できるひと特有の無神経さがものすごい。
無自覚な執着とバリバリな執着、どっちも嫌ですけど、
涼嗣のほうが近づきたくねえ人間でした。

かわりに、庇護される受けがあまり得意で無いのですが、
虫愛づる姫こと秋祐の、意外といい性格してるとこが
救いですけどね。(もちろんいい性格とはgoodの意味ではない)


2点目は、今さんが挿絵ってことで推測できるように、
あまりセックスシーンが濃くないと言うこと。
今さんの絵で「おっきい」「あぁぁん」とか叫ぶシーンが
どうにも想像できなかったのでむしろそれでよかったかも。

Hシーンが濃くないかわりに、心理や情景の描写が多く、
2話目の田舎へ帰省する話も、ふたりが育ってきた
田舎の名家の様子が人物像がより強く浮かび、
タイトルも含めて、実に味わい深いです。
別にいつものが面白くないと言いたいのではなく、
「をかし」と「あはれ」の違いっていうのかな……。

ということで、崎谷さん流「あはれ」のお話でした。
しっとり系がお好きならどうぞ。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 21:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:32 | - | - |