-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『花がふってくる』/崎谷はるひ(今市子) | main | オヤジが続いた3冊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『NOW HERE』/木原音瀬(鈴木ツタ)
先日の試験の解答速報がすでにネットで出回っており、
うろ覚えながら採点してみたらやっぱり足りない!

・もともと落ちると見込んでいた
・2ヶ月しか勉強していない
・仕事のピークと重なった

などと言い訳をしてみても、あと1問2問合ってれば、
頭が真っ白になっていなければと思うと非常に悔しいです。
まあ、それでも試験自体をやらずにいる後悔はマシかな…。

さて、今日の作品のキャラは、やらずにいたオヤジです。
さすがコノハラさん、容赦ないオヤジでした。
以下、ちょっと濃いめの感想です。




『NOW HERE』/木原音瀬
蒼竜社 (2008/5/29)
【Amazon】

☆あらすじ
朝、目が覚めると、福山の隣で冴えない中年の男が眠っていた。
酒に酔ったいつもの流れで男をお持ち帰りしたのだと気づき、
覗き込んだみすぼらしい男の顔には見覚えがあった。
なんとその中年の男は、福山の勤める会社の、
いつもさえない目立たない、経理部部長・仁賀奈だった……

*   *   *   *   *   *

p.5【…水気が抜け、古ぼけた男だった。肌は白いが顔の凹凸は浅く、
これといった特徴もない。「どんな顔?」と聞かれて
「おっさん」以外に形容詞のない、一番困るタイプだ。】

p.12【仁賀奈は背中を丸めて腰をトントンとたたいた。
張りのない白い双丘が床で揺れる。腰が立たなくなるほど
古ぼけたこの尻にがっついたのかと思うと……】

p.36【七三に分けた髪と、銀縁眼鏡。事務職特有の黒色のアームカバー。
福山はスーツ姿の男が好きだが、仁賀奈からは色気の欠片も感じられなかった。
…(略)…小さくしょぼくれていて、そこはかとなく貧乏臭い。】

p.69【仁賀奈の萎えた中心が振り子のように揺れ、
なだらかな山になった下腹が波のようにうねる。】

……いきなり引用から入りましたがどうですか、この描写。
『オヤジが好きなんですぅ〜♪』と言いながらも、
オヤジは三十代まででギラギラしているものだ、と
思っている小娘たち(って誰よ)を「控えおろう!」と
言わなくっても控えるというか引かせてしまう描写は。

少し出た下腹だの、皺だの、かさかさの肌だの、
BLとは思えないこのオヤジ描写の徹底振りは!
……私を萌え悶え殺す気でしょう、きっと。

さすが『Don't Worry Mama』を書いたひと、フリーダム!
いや、私はオヤジが大好物だから推測ですけれど、
もしやこれは『Don't〜』を越えているのかもしれません。

なぜなら、『Don't〜』は受けが性格悪い肥満のマザコンですが、
後半ではちゃんとBL範疇のキャラになっています。

しかし、仁賀奈は経年による容姿の劣化だから
いきなりSFにならない限りどうやってもこのまんま!
時の流れは残酷です……しかし、だから良いんです。
年齢のコンプレックスを抱えたままの、初心で純情で
しょぼくれた枯れオヤジと言うのが良いのである!
というか、私が好きな枯れオヤジなのである!

(…すでにこの辺でいつもの感想と大して変わらない文字量が
ありますが、ここまで読んでいる方いらっしゃいます?
30%ぐらい?それとも3%ぐらい?どっちでも続けますけど)


と、仁賀奈はこれだけ劣位の立場に立たされて、
しかも童貞で恋愛慣れしておらず、福山のおもちゃの
ような立場に追い込まれてしまうのですが、
こっからがさすが木原さんなのです。

優位に立っていたと思われた福山がいつの間にか
なんやかや言いながらも傍から見てベタぼれになり、
劣位に立っていたはずの仁賀奈がいつの間にか
ふたりの行方を左右する主人公になっているのです。

特に、いったん別れようとするあたりからは加速します。
別れようとする理由と、仁賀奈が福山につきあわされる
原因となった、「福山の告白に感動したから」という、
少し、電波な理由と仁賀奈の心情にハッとさせられました。
このパワーバランスの転換がたまらなく素敵です。

また、パワーバランスの変化にともなう、
別れることで今までどうとも思わなかった、
どうしようもないところが実は好きだったと福山が気づき、
しかしもう関係は元に戻れないというこのジレンマ……、
なのにそこからハッピーエンドへ繋げる芸当は、
木原さんならではだと思います。
フリーダムさは、実力との比例なんだろうな……。


あと、鈴木ツタさんの挿絵も非常によかったですね。
木原さんと共通点があるというか、変態であることに
生い立ち(トラウマ)を求めない開き直りの強さを感じます。
オヤジです、性格悪いです、なにか?という感じ。

枯れオヤジが好きかどうかの試金石になると思います。
我こそは!というかたはお試しを。

今日のオヤジ:「私をどうぞ」 ……も、萌え死んだ。
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - |