-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『NOW HERE』/木原音瀬(鈴木ツタ) | main | 自覚って大切 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オヤジが続いた3冊
月火はそこそこの残業で帰れたものの、水木はダメでした。
続くときは不思議と続いて続いてしまうんですよね。

それは読書もそうだったりして、なんと意図せずに
(朝適当にフィーリングで積読から選ぶから)、
オヤジまたはオヤジ臭い本が続きました。
『NOW HERE』を含めたら4冊か、すごい!と思いつつ、
オヤジばっかり買ってるのでは…と自分の趣味にあきれます。

で、それぞれ違った特色があったのでご紹介です。



『不運な不破氏の愛人契約』/鳩村衣杏
不運な不破氏の愛人契約 (AZ NOVELS)イラスト無し
イースト・プレス (2008/05)
【Amazon】

☆あらすじ
かつては一流のギャルソンだった隼人は、今ではバツイチ、
リストラの三十路ダメ男。そんな隼人の実家の小さな喫茶店が
経営難に陥り、大手外食企業から買収の話がある。
店を守りたい隼人に、企業の御曹司、栄が接触してきて…。

*   *   *   *   *   *

鳩村さんのオヤジといえば『ドアをノックするのは誰?』の
ヘタレ攻め・甲田ですが、こっちはヘタレオヤジ受でした。
会社は退職になり、家は無し、とりえはお人好しなこと。
……なんというへたれ。へたれというか、ダメオヤジ。

そんな隼人が、できる年下に、姉の借金の返済と
仕事をもらうかわりに、ペットになるという…
まあ、オヤジであることを除けばありふれたBLかと。

しかし、オヤジのヘタレぐあい(とけなされぐあい)と
ヘタレなりの鳩村さんらしいワーキングの見せ場の
バランスはよかったと思います。鳩村さんは
そういうところを手を抜かないので好きです。

栄の何気ない鬼畜さと変態さもよかった……のですが、
栄の双子の存在が、他の要素を中途半端に削ってしまい、
水をさしてしまっているような気がしました。
3Pかと思っていたらお邪魔虫で終わってしまったし、
3すくみというレベルまで行かず、もったいないかな……。
それに。オヤジを(性的に)いじめていいのは
攻めだけだと思うので、そこもちょっとマイナスでした。

全体としては軽めで読みやすいオヤジ受けでした。


『カザン』/佐藤ラカン
カザン (二見シャレード文庫)イラスト無し
二見書房 (1998/07)
【Amazon】

☆あらすじ
施設を逃げだし学校をさぼって公園のベンチに寝そべっていた、
そんなシキが出会ったのは、無精髭と目尻の皺がセクシーな
新進気鋭のカメラマン、カザンだった。
不可思議なシキの魅力に瞬時に囚われの身となったカザンと
彼によって初めて新しい世界を知るシキは……

*   *   *   *   *   *

時代のせいか、どことなく退廃的でJUNEっぽい雰囲気でした。
コインロッカーベイビーなんて死語も使われているし、
シキはカザン以外ともセックスしてしまいますし。

しかし、全体が退廃的とは言い切れないのは、
シキがすこぶる性格がまともで穢れないこと、
セックスシーンが短くあっさりしていること。
そして、オヤジの見栄っぱりな行動と煩悶が可愛いこと。

ケモノのようにシキを手に入れたいという衝動を抱きながら、
紳士ぶって抱かずにいて先に他の男に取られてしまうだとか、
電話でテレフォンセクハラをしようとちょっかいを
出しておきながら、本当にシキが応じようとしたら
鼻血を噴きかけるだとか……、なんというか、
お調子者の少年がそのまま育ったようで可愛いんですよね。

艦方氏シリーズとも通じるような面白さでしょうか?
でもあちらのコメディとは違い、孤独な人間の心理を
描いているのになあ…笑ってしまいます。
でもそのアンバランスさが面白い1冊でした。


『風にそよぐ綺麗な色のカーテン』/吉田珠姫
風にそよぐ綺麗な色のカーテン (白泉社花丸文庫 (よ-1-30))イラスト無し
白泉社 (2008/5/20)
【Amazon】

☆あらすじ
美容師の剣持恭生は、店の前で関という男を拾った。
仕事の失敗で家に帰れないという彼を捨てて置けず、家に連れて帰るが
『微笑みの王子』とまで呼ばれる親切さは、少年期のある事件を
契機としていた。毎回駄目男に利用されてはドロ沼になる彼を、
高校時代からの友人である各務健治はいつも心配していたが……

*   *   *   *   *   *

先に言いますが、攻め受け共に年齢的にはオヤジではありません。
しかし、なぜオヤジものなのか。それには2つ理由があります。

1つめは、剣持が拾った男がオヤジだと言うこと。
しかも家出人で居候、しかも剣持の体を求めたうえに、
最後は家へ帰るという、後味悪いキャラなのです。

関はきっと幸せの象徴(家族の元へ帰れる)だから、
剣持との比較でこんな扱いなんでしょうけれど……
最近の花丸文庫の飛びっぷりに驚いていましたけど、
この展開はいかがなもんでしょう…酷すぎるような。

まあそれは置いておいて、2点めは、攻めの各務が
後半、どんどんオヤジ臭さが増してゆくこと。
齢28にして『マグナム』なんて言わないって!
(いくつになったって普通言わないけど)

しかも3回も言う上に、バリエーションも豊か。
1回目:「ほれ。お待ちかねの、俺のマグナム様だぜ?」
2回目:「おいおい。お前の愛しい『マグナムちゃん』だぜ?」
3回目:「俺の極太マグナムで、ヒーヒーよがり泣かせてやるよ」

股間が俺のだったりお前のだったり忙しい男ですよ。
このオヤジよりもオヤジ臭いオヤジっぷり、凄いですよね。
口調もエロオヤジになってゆくばかりで、
まったくもう……ここまでくれば楽しめる!(え)

さすが花丸、今さら感が漂うトラウマものでしたが、
さすがたまきん(吉田珠姫さんを勝手にそう呼んでいる)は
なにかしらで楽しませてくれる1冊でした。


オヤジと言っても多種多様、千差万別、魑魅魍魎(違う)。
この分野も深いものですね…精進します。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |