-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オヤジが続いた3冊 | main | 『知らない顔』/日高ショーコ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
自覚って大切
アンケート、なんと200を超えてしまいました。
スゲー!ありがとうございます!
月曜日までやってますので未投票の方は、
宜しければご協力宜しくお願いします。

さて、今日はちょっと説教臭いババア(ジジイ?)みたいな雑記です。

□ レーベルの特色 □

先日、ピアスのコミックを読み終わったとき、
カバーの折り返し部分にこんなメッセージがありました。

「携帯電話でマガジン・マガジンの
BLコミックが読めるようになりました。」


(ケータイは外で暇つぶしに使うという認識を前提にして話しますが)
100%がそうだとはいえませんけれど、よりによって、
ピアスの!コミックを外で1コマ1コマ読むのって
けっこうつらいものがあると思うんですが……。

もし濃いものだったら何回スクロールしてもあのシーンが
続きそうでちょっと外で読むには怖い気がします。
もし小説だったら、多少描写が濃かろうとも、
他人にはぱっと見で認識しづらいから
まだいいかもしれませんけど…どうなんだろう。

ディアプラスとかはごまかしがきくかもしれませんが、
ピアスはなあ…出版社も自社の特色を自覚すべきでは、と
余計なことを思う、小説の挿絵は隠す派の人間の戯言でした。


□ シャレードの装丁 □

皆様すでにご存知でしょうが、シャレードの装丁が
けっこう変わりました。前面(表紙)の変化は
ほぼ無いですが背表紙、裏表紙が変わりましたね。

すこーし現代的でおしゃれにはなりましたけれど、
なんか違う……と思ってしまいました。
(もちろん慣れてないってのもありますけれど、)

BL読者がつい衝動買いしてしまう要因の1つに、
表紙があると思うんですが、棚差しになってしまっていたら、
表紙は抜き出して手に取らないとわからないですよね。
そんななか、旧シャレードの装丁はダサいなりに、
背表紙で小説の顔とも言うべき表紙が少しでも
分かるのが、ありがたいと思ってたんですが……。

裏表紙はあらすじの領域が狭くなりました。
帯が入ることを想定してのことだろうけれど、
私はシャレードの長くいあらすじが好きだったんだーい!
引用するときも最後の「なんとかラブ」を除くぐらいで
ほとんど手を加えなくて良かったのに!(自分の都合)
……いや、ほんとに買う上でも詳しいあらすじって
ありがたかったんですよねえ……。


今までのと統一がない(背表紙の色が作品で異なる)のも、
レーベルの独自性というか、ブランド性を失って
しまったというか…、自覚がないのでしょうか。
(その点ではリブレの新表紙はいい継続感があった)

パールに表紙変更、シャレードはいったいどこへ行く。


□ 腐と香水と □

腐が好む非BL作品は、妄想するための匂いが
そこはかとなしに漂っているものではないでしょうか。
むせ返るようなものはあまり好まれません。
意図が明け透けだし、作品の空気をわきまえていないし、
濃密なのはBL作品で十分満たされるからです。
BLは男性同士の恋愛が「当たり前」なのだから。

その「当たり前」が存在しないけれども、少しだけ
漂っている、その隙間を読むのが好きなのでしょう。

それは少し、香水に似ていると思います。
ひととすれ違い、ふとよい香りがした、
あら、今の香りいい香りね、何の香り?などと
推量する余地をもったレベルが好いと思うの。

たとえ好きな匂いでも「この匂い好きなんだろ」と
無理に嗅がされるのは、不愉快ですもの。

腐女子を嫌う人たちって、香水臭すぎる女性を
嫌悪するように、腐の匂いが出すぎている人
(空気をわきまえず、BLの話をしまくるなど)を
嫌悪しているんだろうなあ…と、電車の中で
香水が臭すぎる女性を見ながら思いました。

ひとのふり見てわがふりなおせ、気をつけようっと。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:14 | - | - |