-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自覚って大切 | main | 非BLマンガ読了メモ@2008.6.16 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『知らない顔』/日高ショーコ
最近、「なんか面白い本ないかなー」とつい口走りました。
200冊近く積読しているくせにそれはねーだろう、と
セルフツッコミしましたが、なんといいますかこう、
積読に偏りがあって、刺激が足りないのではと思ったのです。

そこで「求めよさらば与えられん! いざ行かん物語の世界へ!」
ということで、最寄り駅の書店にて、ラノベ、ルポもの、
ダリア文庫の新刊アラブ(ずいぶん波に乗り遅れてない?)と、
あまり買わない3冊を衝動的に購入しました。
そしたら感想書くほどでも無いけれど、無心に楽しめました。
様々な刺激を受けるのってやっぱり大切ですね。
…全部読んだので積読の面々は変わらんのですけどね。

さて、今日は日高さんにしては様々なタイプの
お話がつまった、短編集の感想です。




『知らない顔』/日高ショーコ
リブレ出版 (2008/6/10)
【Amazon】







*   *   *   *   *   *

『知らない顔』『見えない顔』『消えない顔』

表題作のシリーズ。『知らない顔』『見えない顔』は
幼馴染だったけれど次第に疎遠になっていった高校生が
お互いの気持ちも距離も測れないまま、衝動的に
関係(ペッティングレベル)をもってしまった話。
『消えない顔』は社会人になってから再会し、
ようやく互いの意思と位置を把握してラブになる話です。

うん、安易にくっつかないのがリアリティありますね。
高校時代の恋愛がそのままはぐくめる関係って、
現実的には相当難しいと思うんですよね。
高校時代は交友関係なり部活なり受験なり、
大学時代はバイトなり進学先なり就職なり……
変化が多く、多感な時期ゆえに価値観の違いや
コンプレックスからくる相手との距離感が難しい!

かたや全国レベルの卓球選手、かたや大したことないバレー部員。
しかも過去に卓球で追い抜かれ(そうになっ)たという思いもあり、
高校生のときにこの差は大きなコンプレックスですよね。
そのもどかしい距離感と、攻めの中にある、同性ゆえに
相手に抱く劣等感がとても上手く描かれています。

で、大人になって、未だに劣等感は刺激されつつも、
異常な自我がなくなって素直になれた2人の関係は、
これから先もいいカンジに続きそうに描かれています。
実際、年取ってから仲良くなる友人とかも居ますからね…、
大人だからこそ素直に認められる関係もあり、
ベタベタなままの幼馴染よりリアリティを感じました。


『初恋のひと』

二話めも再会もの。実は私これを読むのは
掲載していたアンソロジーに続いて2回目ですが、
やっぱり面白かったなあ、これ……。

あ、そのアンソロジーとは不細工アンソロジーでして、
(あらすじはこの時書いたので興味ありましたらどうぞ)

これ読んだのって1年半も前なのによく覚えているのは、
日高さん初接触がこの作品だから余計に覚えているのかと
思いましたが、元不細工×不細工専は日高さんの
作品の中で一番キワモノっちゃキワモノかもしれません。

以前、「これってよく考えると、不細工→美形だから
成り立つ話であって、美形→不細工だったら
成り立たない話じゃないの?」とも考えましたが、
書き下ろしの四コマを見て、不細工専にとっては
美形が美だとは感じないんだな、とわかって、
美形ではない自分の心が癒されたりして(笑)


『運命のひと』『運命の恋人』

イケメンドS歯医者とそれに耐えるM患者の運命の出会い。
これが一番楽しかった!最近Sが大好きなのかしら?
(……違うな、自分がSだからだろうな)

職権濫用もいいところですけれど、確かに歯医者で
治療を受けている最中ってすごく本性が出そうです。

私は強いて言えば痛みに鈍いっぽいので削られてる間も
「マスカラつけすぎだよこの助手、元は三分の一だわね」
「体臭からして煙草吸うのね、歯医者の癖に黄ばんでたら最悪」
などとチェックしてしまうほど平気なんですけど、
嫌がる人間には拷問のような時間なのかもしれません。

けれどそこで痛いけれど耐えまくってしまう人間に、
ちょこちょこ試すように削って、水を引っ掛けて…
Sにとってはたまらないなあ、ウフフウヘヘ。

『運命の恋人』のトイレでの色々(しかもいかせてないらしい)を
ぜひいつかの機会に描いて欲しいものです。


今まで日高さんのコミックスで一番好きかも。
未読でしたらこのバラエティあふるる短編集をお試しあれ。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:28 | - | - |