-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『知らない顔』/日高ショーコ | main | 『年下の彼氏』/菱沢九月(穂波ゆきね) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
非BLマンガ読了メモ@2008.6.16
最近、がどこまでの範囲を示すのかはおいといて、
最近楽しく読んだ非BLマンガの感想です。


1・『麗子物語』/坂井久仁江

角川グループパブリッシング (2008/6/5)
【Amazon】

国枝彩香さんの別PNにて発売されたこちら。
母に貸したら「やだーブサイク…」と
言いながら読んで笑っていましたが、
国枝名義で出版された『番人』収録作、
「めぐり逢い…COSMO」を既読の人には
全然へっちゃらの不細工さです。


父、母ともに標準以上の容貌で描かれているのに、
娘だけ奇妙な、そう、あの岸田○生の麗子像をさらに
デフォルメした顔の少女が主人公の家族ギャグマンガです。

奇妙な顔で奇妙な振る舞いをする麗子が笑い所なのですが、
それが「美」「醜」の価値観から来る差別的な笑いでなく、
ちゃんと両親に愛されている子供だからこそ、
少し(だいぶ)変わった振る舞いを楽しいと思えるマンガです。
読み終わると麗子、可愛いですもん……。
国枝さんのギャグ系がお好きなら絶対にイケます。


2・『花盛りの庭』/坂井久仁江

集英社 (2008/3/18)
【Amazon】

『麗子物語』とはうってかわって、
シリアス・ドロドロ方面の坂井作品です。
これはちょっと読む人を選ぶ、というか、
みんな読んで楽しめるかどうかは不明です。
(なんだってそうですけど)


とにかくドロドロです。この作品では時系列的に
大きく分けて二つありますが、そのひとつめの
雅樹という主人公とその父〜祖父世代の確執のお話が
とんでもなくドロドロ。関係が分かってしまうと
限りなくつまらないと思うのであまりネタバレしませんが、
近親相姦・同性愛・死にネタ…なんでもありです。

誰も悪人ではないのに、えてして悪いことと言うのは
連鎖してしまうものなのだなあ……としみじみ思いました。
でも、暗くなりすぎないのは雅樹の娘世代が
ちっとは明るい終わり方をしているからなんでしょうかね。
悲劇が起こった花盛りの庭ですが、最後の結婚式でも
花が咲き誇っているのがとても印象的でした。


3・『Baby Steps』1〜3/勝木光
講談社 (2008/2/15)
【Amazon】

テニスマンガといえばあのジャンプの超テニスマンガが
思い出されますが、こちらは至って正統派のテニスです。
松岡修造の帯が非常に邪魔臭いですけど。


マジメしかとりえが無い主人公・エーちゃんが
テニスの面白さにめざめ、そこでもこつこつと
やり続けるのですが……練習が苦にならない、
反復練習がつらくない、そういうタイプのマジメさって
何よりもすごい才能なんじゃないのかと思いました。

あのテニスマンガの乾を並みのデータ分析力(超自然現象を
解き明かすことはないけれど)と、アドバイスを
すぐに理解する頭脳、コンセントレーション力の高さ。
……恐ろしい子!

『少女ファイト』の小田切といい、秀才マジメ型が
苦手分野で努力するって、見ていて楽しいです。
まだ3巻までしか出ていないのでこれからが楽しみ〜。
(やっぱり本命はタ○マ×エーちゃんなのかしら。
あらなんでもござあませんことよ、つい癖が…ホホ。)


4・『聖・おにいさん』/中村光

講談社 (2008/1/23)
【Amazon】
少なくとも最寄の書店で「大絶賛!」だったので
買ってみたらAmazonでも大絶賛でした。
そんなに有名だったのねん、これ……。


○ッダとイ○スが休暇中に下界の日本で
部屋を借りてバカンス…という設定からして
超シュールでして、ネタがこれまた上手すぎる。
ブッ○が手塚治虫の「ブ○ダ」を読むとか、
○エスが水に顔をつけようとしたら水が割れるとか、
ネタが笑わずにいられない細やかさです。
すごいなあ、確かに聖人の言い伝えって
とても神懸り的だけれどそれをネタにして
ギャグにしてしまうなんて…発想が素晴らしい。

2人とも2千歳をこえてるんだけどやることなすことが
すっとぼけてて面白くて可愛くて、でもって2人きりで
アパートってそりゃ妄想しろってなもんだと思うんですが……
イエ○×仏○だと思う人、手を挙げて!(はい!)

……コホン。
まあ…楽しんだもの勝ちってことですね、ハイ。
| [その他]BL以外のコミック | 23:47 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |