-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 非BLマンガ読了メモ@2008.6.16 | main | 『瞳をすまして』/杏野朝水(やまがたさとみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『年下の彼氏』/菱沢九月(穂波ゆきね)
『年下の彼氏』とは直接的なタイトルですねえ。
『セックスフレンド』といい『ケモノの季節』といい、
直接的なタイトルが好きなんでしょうか、菱沢さんは。

まあ、『〜に抱かれて』など、あまりに使われすぎて
あまり意味が無くなってしまった単語で
飾り立てられたタイトルよりはマシですかね。

あ、でも、『年下の彼氏』は要素が書かれているのだから、
たとえばアラブだったら『金と束縛と傲慢とロマン』とでも
なるのかしら……あまりに直接過ぎてやだなあ。

ま、それは置いといて、大学生×塾講師、
ずばり年下攻め作品の感想です。




『年下の彼氏』/菱沢九月
徳間書店 (2008/5/23)
【Amazon】



☆あらすじ
七つも年下の大学生に告白された、塾講師の石田楓(かえで)。
賢い大型犬のように優しく頼もしいバイトの鴻島(こうじま)涼平に、
密かに片想いしていた楓は、喜びより戸惑いに混乱する。
始まったものには、いつか必ず終焉がくると、
甘い蜜月の中で、楓はひとり予感に怯えるが……

*   *   *   *   *   *   *

ひととつきあうってのはやっぱ大変だなあ、と
350ページを読み終わってしみじみ思いました。

別に恋愛だけに限ったことでもなく、たとえば仕事なら、
「信頼したい」「信頼されたい」と考えつつも、
「負担ではないか」「よっかかりすぎていないか」と
人間関係のバランスに戸惑ったりもします。

それが恋愛だとすれば、このバランスは「甘えたい」、
「甘やかしたい」けど「度をすぎていないか」と
距離を測ることに置き換えられる気がします。
相手を受け入れると同時に、相手に与えなくては
イーブンにならない、そして距離を測りつつで
なくてはならないんだもの……大変ですよね。
(その分、その大変な2つのバランスが描かれた
リーマンものが大好きなんですけれど)


ひとりで生きるのに慣れちゃうとそれが余計に大変ですが、
その人物がこの作品では楓にあたります。
ひとを好きになっても求めない性格とあって、一見、
一途なように見えますが、それは自己完結していて、
イーブンにならない=相手を否定、にも似た行為をする、
まるで老人のように凪いだキャラでした。

その老人もどきが年下の鴻島に情熱的に言い寄られて、
甘やかな感情を覚えながらも受け入れを躊躇ってしまう……
そのバランスの描写がタイトルどおりのメインでした。
ここまでぴったりすぎるとタイトルが清々しく思える。


はっきり言ってこの↑の4行で終わる内容なんですが、
そのバランスの難しさが複雑に細やかに描かれており、
多少冗長ながらも満足感を味わいました。


Hシーンも初々しいながらも人肌の体温を感じさせる
エロティックな描写で、老人のような戸惑いの
感情とのギャップがかえってエロく感じましたし、
挿絵も角度と切り取り方がいい感じでした。


あと、挿絵にも描かれていないのですけれど、
塾の室長(塾長?)・須藤がいい味出してました。
四十代!バツイチ!目の下にスジ!でもって女好き!
……鴻島の弟(可愛い)とかとくっついてくれないかなあ。


この内容&ページで650円は費用対効果が高いと思います。
え? 別に、費用対効果の低いどこぞの真珠やら黒やらの
新レーベルへのあてつけじゃございませんことよ(……)。

なぜかAmazonには在庫がありませんが、
書店などで見かけたらどうぞお手に。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |