-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『年下の彼氏』/菱沢九月(穂波ゆきね) | main | 『美男の達人』/小林典雅(高峰顕) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『瞳をすまして』/杏野朝水(やまがたさとみ)
昨日の帰り、『しゃにむにGO』の新刊や、花丸文庫の新刊を
買いにまたふらりと地元の書店に立ち寄りました。

何冊か手にとってレジへ行ったら、回ってるときは
無いと思ったダイヤモンドコミックスの新刊、
『最後の三月』をとっといてくれましたとさ。
もちろんいつものおじさんが。

入荷が1冊だけだったから、って、その気遣いには
感謝しますが、絶対にこいつはこの新刊を買う!と
判断された私っていったい……(顔に青筋が走る)

まあ、それは置いておいて、一緒に買って
先に読み終わったこちらの感想です。




『瞳をすまして』/杏野朝水
幻冬舎コミックス (2008/05)
【Amazon】



☆あらすじ
聴覚障害のため、音が聴こえない大学生の牧野登和(とわ)。
過保護な兄と優しい友人に守られる日々を送っていたある日、
モデルをしている本多滋人(しげと)と知り合う。
明るく社交的な滋人と過ごす時間は楽しく、
彼の存在が登和の中で次第に大きくなっていった。
一方で滋人が自分に構うのは同情ではないか、
という不安を抱くようになる。滋人への恋心を
自覚した登和は、誰にでも優しい彼の「特別」に
なれない現実に心が痛み、距離を置こうと決意するが…。

*   *   *   *   *   *

店内をうろついていたらこの作品のタイトルが
いやに目に飛び込んできました。
瞳をすまさなくったって見えるわい、もしや
「耳をす○せば」のパクリか……?と思いつつ、
手にとってあらすじをみたら聴覚障害者の話だそう。

ああだから瞳をね、と座布団一枚な気分だったので
座布団じゃなくて千円出したご祝儀買いしたのですが、
覚悟していたほど重い物語でなくて良かったです。


私自身も近しい人にも、ろう者がいませんし、
聴覚障害について勉強したことも無いので、
描かれた内容が真実に近いかどうかはわかりません。
が、少なくとも「障害者=かわいそう、大変そう」という
いちばん腹の立つ(ゲイだからってかわいそうとか思われたら
むかつくのに似ています。あ、障害と性癖を同一視している
わけではないのであしからず)描かれ方はされていないですし、
そのように見るひとも作中にでてこないので、
その点で苦々しい思いをしなくてすみました。

たぶんこれは、登和の性格によるところが大きいです。
先天的にろう者であるゆえに多少おとなしめだけれど、
卑屈なところはなく、とかく頑張る可愛い子だから、
まわりにもちゃんと登和の人間性を評価する人間が
集まって、良いコミュニティが形成されています。

そして、滋人がそんな登和に惹かれ、また、
登和も滋人に惹かれて、互いに求め合います。
ろう者ならではのすれ違いや伝達の仕方とかもありますが、
その切ない劇的なシチュエーションに頼りきらず、
シメはちゃんと思っていることを伝え合う、という
真っ当かつ古典的な方法で描かれているのが良かったです。

2人を隔てる脇役として登場している兄には、昔、
滋人と似たタイプの男にひどいめにあわされた過去があり、
単なる過保護の人に終わってないのも良いです。
兄の物語も考えているそうでして…、私は読みたいな。


さて。エロという観点で良かったのは手の平なぞり。
まだ手話を勉強し始めたばかりの滋人にはすぐに
表現できる言葉が少ない、そこでどうしたかというと、
指で手のひらをなぞって登和へ伝えるんです。

「とわをぜんぶみせて」「おしえて おねがい」

必死に伝えようとする滋人の気持ちと、同じく
恥ずかしがりながら読み取ろうとする登和の、
これも別の意味でボディーランゲージ。いいわあ…。

ただ、またエロの観点で気になるところも1つあります。
それは最初のセックスで挿入&気持ちいい
→フィニッシュ(しかも中出し…)、があまりに
手軽すぎると思っちゃったんですよね。

いや、BLですからそこは追求してないんですが、
「お産のときどのくらい時間がかかると思う?」と聞いて、
「3分ぐらいでポーンとでてくんじゃないの?」と
回答する現実を知らない男(私も良く知りませんが)、
みたいな安易さだったものでちょっと減点かなと。
先日読んだ菱沢さんのが比較的ねっとりと慣らした
作品だったせいもあるかもしれませんが…。


浅すぎず深すぎず、BLとして上手に設定を扱った作品でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - |