-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『瞳をすまして』/杏野朝水(やまがたさとみ) | main | 「好きなアレの呼称は?」アンケート結果発表 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『美男の達人』/小林典雅(高峰顕)
以前、この作家さんは『老舗旅館に嫁に来い!』を
読んだことがあるのですが、シャレードパールで
本が薄いということもあり、自分としては
それほど印象に残らなかった作品でした。

とはいえコメディは脱力系で自分好みだったため、
次も買ってみようと思い購入してみたのですが……
すごかったです。
予想よりすごかったです。
ホリ○モンだって想定の範囲外です。(古いなー)
トンデモに近い、すごいコメディでした。
以下、感想です。

binan
『美男の達人』/小林典雅
白泉社 (2008/6/19)
【Amazon】





☆あらすじ(なのか?)
『淑女の皆さん、ごきげんよう。美男塾塾頭の箭内です。
美男塾――それはイケメン養成所もしくはモテない男救済機関。
「すべての男性に素敵な恋を!」と、日々悩める子羊を
導いているわけですが、この度面白いことが起こりました。
一見モテるはずの爽やか好青年・上遠野(郵便局勤務)が、
説明会を経て入塾したのですが、どうやらうちの講師で
あの猫かぶりの夏秋に一目惚れしたらしいのです!
当塾の有用性が実証される瞬間です、ぜひその目でお確かめください!

*   *   *   *   *   *

と、あらすじからしてもう別格で格別扱いです。
カップルの名前を入れるために多少文をいじりましたが、
脇役の語り、カップルの名前無しという、この扱い!
担当の編集さんが心から楽しんで作ってそうです。

楽しんで作ってそうなのはもちろん、中身もでした。
百聞は一見にしかず、はい!



改行が多いBLのなかで、この文字の多さときたら
名探偵コ○ンにおけるベタの多さに匹敵しています。
230ページ弱とは思えない読みでがありました。
(あらすじもほとんど余白が無い……)

さらに、その大半がBLとはほぼ関係ない美男塾の
授業内容で占められているというのがすごい!
正直、女性にモテるための講義ばかりなので
BL読者にとって必要なのか意味がわかりませんが、
まあ、共感はできるだろう内容が並んでいます。
(『家事は手伝え』『話には共感しろ』『とにかく褒めろ』etc.)

しかしというべきか、なのにというべきか、いちいち話が
笑えたりしまうんです。少し引用してみますと、

晩年のアインシュタインがペロッと舌を出している
有名なポートレートがありますが、あれだって彼が天才物理学者と
知らない人が見たら、ただのお茶目なボケ老人かと思うかも
しれません。それだけ外見の印象は大切なんです (p.42)
だの、
浮気をしても許されるのは白金あたりに16LLLDDDKKくらいの
マンションとBMWとベンツを三台以上ポンと即金で
ポンとプレゼントできるくらいの財力のある男だけと心得て、
浮気はしないのがベストです (p.121)
だの、的を射てるのにオーバーでつい吹き出してしまいます。

そのとおり!と思う箇所も、それは女性に譲歩を
しすぎでは…と思う箇所もありましたが、
不特定多数でなくひとりの女性にモテたいために、
努力する塾生達と教える講師たちの姿勢と熱弁には
なかなか見習うべき熱いものを感じました。

恋愛本の楽しさってこういうところ…ってあれ?
BLなのか恋愛本なのかわからなくなってきましたが、
BLに関係ないところをコメディに描写するあたり、
樹生かなめさんに似た楽しさがありますね。


かようなキョーレツな美男塾の部分とは裏腹に、
BL部分はストーリーもHもあっさりです。
美男塾がこんなに多けりゃそりゃあページがなくなるわ(笑)

ただ、夏秋の講義の間、いちいち恋愛に関する言葉を、
自分に投げかけられているとのぼせ上がってしまって、
いちいち夏秋に照らし合わせて考えてしまう上遠野の
おばかなヘタレっぷりと、美男塾の講師を勤めながら
バツイチで自分の恋愛は放棄して猫かぶりの夏秋、
というカップルはなかなか面白い組み合わせでした。

恋愛を指南する話はいくつもありましたけれど、
大抵どっちかが斜に構えたり好きな気持ちを隠して
「教えてやるよ」みたいなストーリーが多いですが、
受けの恋愛講義にポーッっとする攻め…斬新です!


『絶対に負けない恋愛』(鳩村衣杏)も読んだときは
ハウツーものとしては新しいと思いましたけれど、
この斬新さでは『美男の達人』、群を抜いていました。
限りなくトンデモに近いコメディ、ぜひお試しを!
| [BL・小説]小林典雅 | 21:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | - |