-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「好きなアレの呼称は?」アンケート結果発表 | main | 『大人は愛を語れない』/崎谷はるひ(ヤマダサクラコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『狼は花と散る』1・2/佐藤ラカン(山田ユギ)
ここ1週間ほど逆転裁判2〜3をプレイしているので、
あまり読書の進みが芳しくありません。
しかも帰宅がこんな時間ですし…。

ちなみに、鬼畜眼鏡は「オヤジ」⇒「体育会系」を
落としただけで飽きてしまいました…すみません。
好みじゃないタイプは本当にどうでもいいんだな、と
自己分析したくなる体たらくです。

さて、今日はボクシング以外はどうでもよかった受けが、
はじめて男に翻弄される作品の感想です。




『狼は花と散る』1・2/佐藤ラカン
二見書房 (1999/11.2001/01)
【Amazon】 1巻  2巻
(2巻のみ画像がありましたので、画像は2巻のものです。)


☆あらすじ
元Jフェザー級ボクサーの手塚明良(あきら)は
今は酒場のバーテンをしつつ、しがない弱小ジムの
トレーナーを続ける毎日だ。そんな明良が
偶然出会ったひとりの少年、耀司。
不遜な態度でいきなり口づけてきたこの少年には、
自分と同じ飢えた肉食獣の匂いがする。あいつが欲しい。
あいつをボクサーとして開花させたい…。だが、二人の前に
明良のかつてのライバル、元世界チャンピオンの明石が現れ…。

*   *   *   *   *   *

狼といえば、最近読んだ本に剛さんの「狼伯爵」が
ありまして、あれは孤独な人狼が番を探すお話でしたが、
やっぱり狼のイメージといえば一匹狼です。

その「一匹狼」のイメージまんまなひとが明良でして、
ある事件によって一線を遠のいていても、
ボクシングから離れられない男です。
今は牙を隠している、眠れる狼といったところ。

その狼を目覚めさせたのが若い狼、耀司です。
孤高な禁欲生活を送る明良とは全く共通点の無い、
若い、挑発的な男の中に同じ狼の存在を嗅ぎ取り、
耀司をボクシングのチャンピオンにしようとするのですが、
その耀司が要望した対価は年老いた狼の体だった…。

と、あらすじのここまでなら年下耀司としてそこらに
ありそうなんですが、花を散らされた明良が、
狼の本能を目覚めさせて蘇るのが思わぬ展開でした。

ボクシングでは老兵とも言うべき年齢、けれど耀司と戦いたい、
打ち合いたい……と考えるのがもう狼たる証ですよね。

その後も、本気になった明良に耀司は追い詰められ、
明良もまた耀司と道が違えることを気にしたりするのですが、
それでもボクシングも互いもあきらめられない、
契った狼同士の苦悩は実にリアリティがありました。

言葉で全て説明されるわけじゃないんです、このあたり。
そのうえどちらかの一人称なので、視点の人以外が
どのような感情を抱いたかはかなり推測になりますが、
こういう行間を読むのが苦にならない作品です。
その肝心なところを自分で読めるように、
必要な脇の細かい描写はありますしね。

敵愾心も恋も愛も執着も渾然とした感情が
あっさりと書かれると安っぽくなるような気がするので、
これでいいのかもしれません。


また、悩まない野生のおバカタイプの耀司、
ストイックさの中に苦悩を押し込める受け、
事件後ごとにそれぞれの性格もよく書き表され、
好対照なキャラクタがとても魅力的です。

受けのストイックゆえのフェロモン、それにやきもきして
襲い掛かっちゃう耀司の年下おバカ攻めの雰囲気を
残しながらも、漂うケモノ臭いエロスも素敵です。

脇役も何故かみんな明良にほれてしまうのですが、
男惚れに近い恋心を抱いているのが可愛い。
私としては明石が明良にだけへタレなのに、
まったく気づいてもらえてないのが良かったです。

ユギさんの絵も、バランスが今と異なっていて、
懐かしく感じる絵でした。『太陽の下で笑え』も
ボクシングでしたね、あれと同じ時期ぐらいかな?


結構旧作ではありますが、秀作です。
もし見かけたらお手にとって見て下さいませ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 01:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:41 | - | - |