-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『狼は花と散る』1・2/佐藤ラカン(山田ユギ) | main | 本のことしかない日常 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『大人は愛を語れない』/崎谷はるひ(ヤマダサクラコ)
『絵になる大人になれなくても』のリンク作です。

と言いつつ、実はリンク作の内容を忘れていました。
うーんとどんな話だった?と自分のブログ内を
検索してみたら感想書いてました。それすら忘れてました。

でも恥ずかしいながら自分の感想を読むうちに、
ぼんやりと思い出したような気がします。
どんな本だったか、そのときどう感じたかを
再認識するために自分用のブログを持つと
便利かもしれません。ダブリ買いはしなくなるし!(笑)

ではでは以下、感想です。




『大人は愛を語れない』/崎谷はるひ
幻冬舎コミックス (2008/6/16)
【Amazon】



☆あらすじ
舞台役者志望の大学生湯田直海(なおみ)は、
地上げ屋に暴行を受けアパートから追い出され、
ゴミステーションでぼろぼろになって倒れていたところを
居酒屋「韋駄天」の店長・宮本元(はじめ)に拾われる。
住む場所を失った直海は「韋駄天」で居候することに。
片意地を張り続けた自分を甘えさせてくれる宮本に
次第に惹かれる直海だが、宮本は飄々として掴みどころがなく…

*   *   *   *   *   *

リンク作の『絵になる大人になれなくても』では、
<大人になったからできた恋>だと思う(と書いていた)のですが、
こちらでは<直海が大人じゃないからこそできた恋>と、
対照的なテーマだと思います。


どうすれば「大人」になるのかという定義は
法律上以外では特に決まって無いですが、
「可能性を捨てる」こともその1つでしょうか。

その「大人」になる前の直海は、
大学も演劇もバイトもすべてを頑張ろうとし、
そして恋もするりと逃げる宮本を追いすがって
手に入れようとします。精神的に自分で自分を
追いつめてしまうほどに意固地で一途です。

きっと直海が1つを選ばないといけない段階にあったら、
「大人」になって1つだけを選んだのでしょうが、
大学生というモラトリアム的な身分であることと、
夢を捨てていない子供の精神をもっていたからこそ、
演劇も、宮本も大切だと判断し、またそれを実践できる
体力と気力があったからこその成就なのだと思います。

その情熱は、相手が「大人」になっちゃっていても、
なんとか通じたわけで、やっぱり若さと言うのは
そういう点でも強いんだなあと感じました。


ちなみに、「大人」になっちゃった宮本は
国破れて山河あり、エリート外れて無精ヒゲ有りでして、
よれよれで無気力、いかにもダメな大人で
いかにもな大人の象徴で直海と好対照でした。
つまり、オヤジ好きの私のツボを突きまくるキャラでした。
しかも10年後の宮本がなお良くて、直海の危機に
涙を流してしまうだなんて可愛すぎるだろう…。


あと、はるひんの小説に時たまありますが、
「それ、自分のこと?」と思う文章がありました。
(先輩が立ち上げた劇団の旗揚げ公演を見て)
「(略)……けれど他人を認めさせるオリジナルは
本当にむずかしい。だが、なによりも旗揚げとうたうならば、
もっとマシなレベルで挑めと叱りとばしたくなる。
ここがはじまりで、ゴールではないのだ。体裁だけ整えて、
趣味の『芝居ごっこ』をやっていくだけならそれでも
いいのだろうけれど、劇団まで立ちあげたならもっと、
せめて勢いだけでも、客席を引きつける気概がほしいところだ。」(P.81)
→新人の応募作の総評文になりそうな文章です。

(才能とはなんだろう、と直海が思うに)
「いまとなっては、器用さより、表現力より、
しがみ続ける見苦しさそのものではないのか」(p.266)
→はるひんも10年選手だもんなあ…。

テーマがテーマだけに説教臭いと感じるか、
それとも共感するか…年齢によって
けっこう評価が変わりそうな作品でした。

私は楽しめましたけれどね、しかし、1つだけ、
どうしても1つだけ文句を言わせてくださいませ。

無精ヒゲオヤジなのに、Hシーンが1回しかないのに、
ヒゲを落とすんじゃあねェーッこのスカタンッ!!
ジョジョ風にしないとこの悲しみは伝えられない!
どうして圧倒的な確率で最後のH前にヒゲを
落としちゃうんだよどいつもこいつも!
(ヒゲの無いウナセラディ東京はBLの宿命なのかしら。
悲しいことも無いのになぜか涙がにじむわ……。)

ふう、すっきりした。
もう1作のリンク作、『その指さえも』はまだ未読なので、
そちらも読んでみたいと思います。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 00:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:26 | - | - |