-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 本のことしかない日常 | main | 2008年7月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『蝶宮殿の王子様』/沙野風結子(稲荷家房之介)
来週からはもう7月ですね。
今年も半分が終わってしまうだなんて、
信じたくもないけれど、自分が読んだBL本の
数を振り返ってみれば信じざるを得ません。

今年も例年通り、上半期の Best と Worst 企画を
やりたいと思い準備にとりかかっております。
なんでたまにやる Worst はこんなに楽しいんだろう。

さて、Worst に入らなくてもあまり自分好みの
作品が出ないアルルノベルスですが、
この沙野さんのアラブはエロ面白かった!
以下感想です。




『蝶宮殿の王子様』/沙野風結子
ワンツーマガジン社 (2008/06)
【Amazon】





☆あらすじ
淡い恋情を抱いていた大学時代の友人にしてベノール王国の
第一王子ナイルスに、翻訳家として招かれた望。
しかしその主な仕事は蝶宮殿(ファラーシャマハル)に
囚われた、第四王子ムスタファの無聊を慰める事だった。
初めこそどうにもならない鬱屈に荒れるムスタファだったが、
次第に生来の屈託なさを見せるようになっていく。
一方、ナイルスの施政者としての冷酷さに
疑問と迷いを持ち始めていた望は……

*   *   *   *   *   *

アラブものの定番=「権力&金&傲慢を持ち合わせた攻めが
日本人の受けをむりやり引っ張ってくるか逗留させて
熱烈にセックスして誤解されて誤解を解いてラブラブ」
という認識なんですけれど(大体間違って無い気がする)、
ちょっとこの作品は独特なものがありました。

攻めのムスタファは血統は問題ないものの、
権力&自由に使える金は囚われの身のため一切なく、
傲慢や嫉妬心はあるものの、ムスタファの母である
ファラーシャ(これは愛称で、実は日本人。つまり
ムスタファは日本人とのハーフでこれも珍しい設定)の
常識的・理性的な部分を受け継いでいるのか、
ハナシが通じないレベルまでは行っていません。

望をなぜ好きになったのか、望もなぜムスタファを
好きになったのか、若干説明不足かと思われたのですが、
14歳のときに母親を暗殺されて、18歳のときに幽閉されて
鬱屈していても精神を正常に保っていられるムスタファの
純粋さと漢らしさには惚れる気がする……かも。

王子であっても権力も何もない、ただの男として
出会えたから逆に良かったのかもしれません。
はじめから安全な王子より、ハングリーな王子のほうが
危険な男って感じでカッコいいと思うのは私だけでしょうか。


逆にどんどんと望の歓心をなくしていったのが
第一王子ナイルスでして、過去には淡い恋心も
もたれていたというに、権力&金&傲慢をふりかざして
望をむりやり手篭めにしようとするのです。
そりゃあこいつとムスタファを比較したら
後者に傾くわな、と思える本当に気色悪いキャラでした。

この3人、『天は赤い河のほとり』に良く似た構図かもです。
ムスタファ=カイル(実力者なのに1番の権力者で無い)
望=ユーリ(呼び寄せられる・正しい方向へ導く)
ナイルス=ナキア皇妃(一番の権力者・主人公を呼び寄せる)
うーん、ナイルスは同情する点も無いからナキア以下かも……。

最後の形勢逆転劇は一大事のわりに急すぎた感も
なくはないですが、お互いの関係を高めあえていたし、
ムスタファも望も安寧を取り戻せたので、まあ、
ファンタジーファンタジー。全然問題なしです。


さて、BL界のエロチャレンジャーこと沙野風結子さん(うそ)、
今回はアラブだしどんな仕掛けがくるかな?と思いきや、
比較的普通でした。媚薬は当然普通の範疇だし、
鉄柵越しのフェ○チオぐらい?え、普通じゃない?
……基準がわからなくなってきました。

でも、シンプルですけれどエロイと思ったのは、
ムスタファの睡眠中を望が視姦してるうちに
○ェラしたくなって実行、寝ぼけながらも
ムスタファ感じる、というシーンでした。
シンプルながら沙野さんのエロスはやっぱり良いと
再認識です。(稲荷家さんの挿絵がまたエロいんだ、これが…)
BLエロ愛好家(?)として見過ごせない作家ですね!

アラブが苦手でも一味違ったこのアラブ、
試してみる価値はあると思います。
| [BL・小説]沙野風結子 | 21:54 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:54 | - | - |