-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2008年7月新刊購入予定リスト | main | 『至福の庭 〜ラヴ・アゲイン〜』/六青みつみ(樋口ゆうり) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『理髪師の、些か変わったお気に入り』/榎田尤利(二宮悦巳)
エダさんにしては長いタイトルですね。

タイトルと言えば理髪師ですが、髪を外で
切るようになってからというもの、2回を除いて、
ずーっと同じ床屋で髪を切ってもらっています。

そこで一番気持ちいいのは顔剃りなんですよね……。
あの有終の美とも言える爽快感と心地よさは最高です。
美容院はあれがないのでどうもダメでした。
女性は特別なとき(結婚式とか)以外は行かないかもですが、
行ったことがなければぜひオススメします。

さて、藤井町シリーズ最終巻のこの作品、
顔剃り並に心地よいフィナーレでした。
以下、感想です。




『理髪師の、些か変わったお気に入り』/榎田尤利
徳間書店 (2008/6/25)
【Amazon】



☆あらすじ
都心での修業を終えしぶしぶ実家を継ぐため帰郷した美容師の晴輝(はるき)。
そこで再会したのは、疎遠になっていた幼なじみで親友の圭治(けいじ)。
海洋学を学ぶため街を出た圭治は、家業を継いでなぜか理髪師になっていた。
幼い頃のまま世話を焼いてくる圭治だけど、晴輝はその真意が掴めずに……

*   *   *   *   *   *

わしの萌えツボは108まであるぞってぐらい多いのですが、
「幼なじみ」「朴訥な攻め」「ヘタレ」「黒髪攻め」は
そのなかでもかなりポイントの高い要素です。
それらがつまっているとあってはもう…たまりません。


1話目のは晴輝視点で進みます。圭治の理解できない行動、
そして平凡ゆえの自分の悩みが主軸になって進み、
どちらの答えも原点にあったと気づく青い鳥なお話です。

この辺は榎田さんだから心配無用だったのですが、
心配したのはこのカップルがニブチンすぎること。

圭治はたとえBLの中じゃなくとも、どう見たって
晴輝のことが好きだろ、な態度をとっているのに、
晴輝はまーったく気づかず誤解するばかり。

2話目では、圭治視点で進むのですが、
晴輝に自分が与える影響を気にしすぎて、
晴輝の気持ちを全くわかっていない。…こいつらダメだ。
そのうえ、圭治の表面鉄仮面、内面ガラスな描写が面白すぎる!

とかく晴輝がらみでなにかあると、
・途端に圭治の心臓に、ひびが入る。
・ひびが入るどころか、ショットガンで撃たれたような衝撃を受けた。
・ぴきぴきっ……セロハンテープはどこだ。
・もうセロハンテープじゃおっつかない。
 ガムテープを持ってこないと……
ショック受けすぎですから!
前半は行為には出ていても心理は見えづらい、
けれど後半だと鉄仮面の下で滑稽なほどに暴露しまくる、
そんな圭治のニブチンヘタレ描写が素晴らしかったです。

もちろん、ちゃんと最後はくっつきますが、
長い付き合いでお互い分かってる気になっちゃうけど、
じつは全然見えていない、いかにもニブチン同士の
幼なじみもの、という面白さを堪能しました。


藤井沢シリーズの最終巻とあって、
2話目の最後はオールスターズの出演があり、
しんみり、けれど暖かくフィナーレ。
ほんのちょびっとしか出ない人も居ますけどね、
町内の繋がりが上手く描かれていました。

そうそう、『歯科医の憂鬱』の穂高は地元民のせいか、
かなり出番は多めでした。相変わらず三和先生への
デレデレっぷりが見られて、大満足でした。(結局なんでも好き)

藤井沢シリーズを好み順に並べたら、
『歯科医の憂鬱』>『ゆっくり走ろう』=『理髪師の、〜』
>『アパルトマンの王子』>『ギャルソンの躾け方』かな?
また全部読み返したくなってきたな……。

シリーズを既読の人はもちろん、
このシリーズを読んだことの無い人にも
オススメしたい一冊です。
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |