-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『理髪師の、些か変わったお気に入り』/榎田尤利(二宮悦巳) | main | 2008年上半期 BL小説/コミック ベスト10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『至福の庭 〜ラヴ・アゲイン〜』/六青みつみ(樋口ゆうり)
今朝は雨が止んだすきに家を30分以上早く出たのですが、
全く雨に降られずじまい。予報は信頼できないなあ。

重装備(カッパ+傘)した意味もなく、
早く着きすぎて良いんだか悪いんだかですが、
しかたなしに会社近くのTULLY'Sでボーっとしていたら、
蒸し暑い中でのスーツが我慢できずにアイスコーヒーを
頼んだあんちゃん(30前後)が、上着をばさりと脱ぎ置いて、
ネクタイをぐいっとしようとしてこらえた(結びなおす手間を
考えたんでしょうかね?)しぐさに、
ちょっと萌えたから良かったことにします。
単なる今日の萌え日記で感想とは関係ありません。

それでは以下、そのボーっとしてる間に
読み終えた作品の感想です。




『至福の庭 〜ラヴ・アゲイン〜』/六青みつみ
幻冬舎コミックス (2004/8/28)
【Amazon】



☆あらすじ
カウンセラーの兄の仕事を手伝っている鈴木佳人(よしと)は、
過去の事件が元で男性に対する対人恐怖症となっていた。
ある夏の日の午後、佳人は唯一の安らぎの場である庭で、
藤堂大司(たいし)という男と出会う。
男性的な力強さをもつ藤堂に怯えを抱きつつも、
魅力的で真摯な態度に惹かれていく佳人は、彼と過ごした
僅かな間にも、不思議と離れがたさを感じていた。
別れ際の藤堂の、何かを訴えるような瞳に佳人の心は揺れ動くが……

*   *   *   *   *   *

六青作品の感想を書くのは初めてなことに
すごく自我自驚です。もちろん造語です。

六青さんの特徴を端的に言えば「受けいびり」。
とりあえずこれでもかと言わんばかりにすれ違い、
受けがたいてい誤解を受けるか悲惨な目にあいます。
これは絶対律なんですが、その徹底振りが凄いです。
そして攻めはひとでなしです。

そんな基本を踏まえたところで、この作品はタイトルと
あらすじからなんとなく分かるように「記憶喪失もの」です。

六青さん特有の受けいびりはその忘れた過去にあり、
現在進行形ではないので、それ自体はさほど痛くないです。
けれど、忘れていた中にある思い出せない過去の痛みが、
佳人の症状、態度に表れてくるのが痛々しいのです。

また、過去を思い出してからの描写も酷く重いです。
目の前の大司が好きなのだけれど、過去の苦しい
思い出の元になった原因も大司であることに
板ばさみになっても攻めを優先させる、
その受けの努力がいじましいくて切ないんですもの。

出かけるつもりだったんだけど雨が降りそう、
乗り気でないけどとりあえず行こうと家を出る、
雨が降り出してやっぱり止めればよかった、と
葛藤するようなモヤモヤ感を10倍に増幅させた感じで、
すごく朝からけだるげな気分になりました。

ただ、そこからすれ違いが解決されるときの解放感は
反作用的に大きくなるので、途中でやめなければ
読後は「良かった!」と言えるカタルシスを持った
作品だと思います。現に私は言えてます。


しかしいつもどおりの攻めのひとでなしっぷりには
「良かった」とは言いがたいものがありました。
7年間後悔しながら思い続けた挙句がそれか!と。

しかし大司が遠因となってつくられた佳人の殻を、
壊せるのも大司だけ、と佳人が無意識下でわかっているだけに、
思いっきり殴れないのが不満です。(挿絵は突いた)

ただ彼の発言で萌えたポイントとしては、
佳人に対して、「過去の大切なひと」を褒めちぎったり、
別れたことを後悔するように語るシーンでした。

記憶喪失ゆえに自分が褒められているとわからないので、
佳人本人には嫉妬感などを感じさせているのに、
読む側には「コイツベタぼれじゃねえか!」と
萌えさせる表現……極上に美味しかったです。


六青さんはどれを読んでも骨子は同じかと思うので、
シチュエーションが好みっぽければこちらからどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:35 | - | - |