-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『至福の庭 〜ラヴ・アゲイン〜』/六青みつみ(樋口ゆうり) | main | 2008年上半期 BL小説ワースト5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2008年上半期 BL小説/コミック ベスト10
蒸し暑いながらまだ風は涼しかった今日ももう7月、
例年通り、6月までの上半期ベスト10です。

母数となる2008年の6月末日までの読書数は、
小説が238冊、コミックが116冊でした。
ランキングには入れていない非BL小説も50冊ほどと、
去年より両方とも増えてます…確実に去年よりも
忙しいはずなのになんでなぜなんでしょうか。

まあ、本人でも分からないことは置いておいて、
見てやってもよくってよ、というかたは以下へどうぞ。

前置き
新作旧作は織り交ぜてあり、2008年刊の作品を含むものは 印です。
タイトルにリンクがはってあるものは、感想へ飛びます。
順番は読んだ順で、特に他意はありません。

小説
・『TOKYOジャンク』シリーズ/ひちわゆか
12冊を4日間で読んでしまえるほど面白かった!
面白い作品はどれだけ時間がたっても面白いですね。

・『要人警護』シリーズ/秋月こお
ちょっとつらいシーンも多いですが、現時点で、
今年で一番のワーキングBLです。
クールなのにビッチな受けもいい!

・『美しいこと (上・下)』/木原音瀬
上巻で攻めが(おそらく)全国の皆さんに嫌われながらも、
下巻をこれほど待望していた作品も珍しい。

・『獣の妻乞い』/沙野風結子
エロ部門とケモノ部門でダブル1位に認定中。
沙野さんのエロス開拓精神には尊敬の念を抱きます。

・『愛と混乱のレストラン』/高遠琉加
せつないという感情を知ることができる、高遠ワールド。
今一番続きが読みたい作品です。

・『ウミノツキ』/いつき朔夜
地方もの、地域の信仰ものとして新しいジャンルでした。
このまま、素晴らしい作家さんでいて欲しいです。

・『茨木さんと京橋君』1/椹野道流
メス花シリーズと同じ世界の違う時間軸のお話。
椹野さんらしい日常にある穏やかさと幸せが素敵。

・『センターコート』1〜3/松岡なつき
松岡さんお得意の海外ものBLとしてはもちろん、
スポーツものとしても軸が一本通っています。

・『タブー』/須和雪里
『サミア』でもよかったんですが「いつか地球が海になる日」が
収録されているこっちを選びました。多様な味わいが魅力的。

・『NOW HERE』/木原音瀬
50代オヤジ受けという商業誌未踏の年齢差。
チャレンジャークイーンの名はこの人のためにある。

小説編雑感:
木原さんが2作品ですが、新作旧作もバランスがよく、
良かった点もそれぞればらけた結果になりました。
他に『ロイヤル・ゴールド (上・下)』『鬼流島カノン』
『年下の彼氏』『狼伯爵 〜永久のつがい〜』
『青の軌跡』シリーズ(未完ゆえ…)なども捨てがたかったのですが、
とりあえずこんなところに落ち着きました。
また、さらにベクトルの違う面白さとして、『キミログ』
『美男の達人』の2冊は欠かせません。
2冊とも花丸なのは花丸の方向性の象徴なのか……。


コミック
・『青春の病は』/西田東
読むだけで顔から火が出そうなほどに
恥ずかしいけれど、読む価値はあります。

・『カウント0』/柚摩サトル
嘘カウンターを使った設定がBLとうまく
融合していました。雑誌風にいうとカワエロ。

・『1限目はやる気の民法』1〜2/よしながふみ
新装版ではじめて読みました。よくもわるくも、
よしながさんの特色がふんだんに盛り込まれています。

・『同級生』/中村明日美子
今年 No.1 候補の作品です。
高校生同士のプラトニック…ドキュンキュンです!

・『白の無言』/大竹直子
端整で優美な絵と時代もののストーリーが
非常によくマッチしていて一見の価値ありです。

・『探偵青猫』1〜5/本仁戻
本仁戻さんがあまり得意ではないのですが、
この作品は読まず嫌いしていて損しました。

・『ミルク』1〜3/野原くろ
ゲイコミック唯一のベスト10入り。
「普通」な日常がどれだけ貴重かよくわかる。

・『胡桃の中』1〜2/川唯東子
BL版ギャラリーフェイク。エロは薄いですが、
このテイスト好きです。まだ続くそうで、楽しみ。

・『見えない星』/京山あつき
BLをよくも知らずに「hentai」と呼ぶのならば、
この本を読んでから言うべきだと思う。

・『知らない顔』/日高ショーコ
ほどほどにまとまりがあり、それぞれ違った
楽しさもある、短編集として良い作品でした。

コミック編雑感:
今年は色々な作家に挑戦しているせいか、
28人も初読み作家さんがいて、当たりはずれが
大きかったのですが、良い作品にも出会えました。
ベスト10内の柚摩サトルさん、大竹直子さん、
川唯東子さん、野原くろさんも初読み作家ですし、
ベスト10外でも、琥狗ハヤテさん、北別府ニカさんなど、
特徴的だけれど面白い作家さんに出会えました。


後半もどれだけ面白い作品に出会えるか、楽しみです!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2008年 | 21:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:17 | - | - |