-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2008年上半期 BL小説/コミック ベスト10 | main | 全サとアニメのはなし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2008年上半期 BL小説ワースト5
昨日に続き、独断と偏見に基づいた上半期ワースト5です。

ベストの作品を選ぶのも楽しいのですが、
ワーストはワーストで楽しいんですよね。
普段、リアルでもネットでも面白くないBL本の話を
することがないので、そのせいかもしれません。

あと、楽しめなかった作品はもう考えないように
流しているつもりでも、知らず知らず澱のように
どこかにたまっていて、それを吐き出せているからかな?

理由はさておき、以下、若干辛めのワースト感想です。
苦手な方は右回れ右してくださいませ。



<最初にご注意>
画像を借りるために一応リンクははりますが、
飛ぶことは一切おすすめしません。

☆ワースト5
『蠱惑の脅迫者』/本庄咲貴
竹書房 (2008/4/25)
【Amazon】

これを買ったのは、ラヴァーズ「GREED」という
レーベルのポジションを知るためだったのですが、
えっと……、違いが分かりませんでした。

そして、内容はまれにみるあまりに典型的な作品でした。
刑事が捜査のため潜入→犯される→酷い目にあう→
なぜか好きになっちゃう→実は俺も→ハッピー!!って、
無いから! 下っ端ひとりが裏付けも取れていないのに
潜入捜査をさせられることがありえないですし、
犯された相手を好きになる理由も説得力がない。
それに受けが甘ちゃんから脱却したいと言いながらも、
結局弁護士になるまでの間は甘えるって……、
司法試験って日本一難しい試験じゃなかったっけ。

あと、Hシーンでは喘ぎ声に笑ってしまいました。
「ぃっっ―――――――――っっっ!」
全て小文字、どうやって発音するんだろ。
過激なHシーンを目指したらしいのですが、
残念ながらHもストーリーも中途半端に感じました。



☆ワースト4
『闇に純白〜引き裂かれた堕天使〜』/佐伯まお
二見書房 (2008/3/14)
【Amazon】

佐伯まおさんはトンデモ系としてはとても好きな
作家さんですが、それでも言いたい。
シャレードパールの本の薄さと内容の薄さに絶望した!

薄いと言うより、タイトルどおり引き裂かれて
ばらばらでまとまっていない感があります。
エピソードの多さもいかんともしがたいですが、
キャラのちぐはぐさがちょっとつらかったです。

受けのトラウマによる淫乱発動はまだ良いとしても、
ナンバーツーは輪姦しておきながら、その後に
「走りで権限交代を下のやつらに見せてやる」なんて
いつの時代のぬるいヤンキーだよ、なことをしているし、
攻の廃墟マニアって設定もあまりいかされていないし、
その挙句最後に「実は〜だったんだよ!」という某マガジンの
キ○ヤシ並の強引な結びでハッピーエンド。……ははは。
たった120P弱で恋愛も他の要素も、というのは
難しい気もするけれど、須和雪里さんの短編なんか
もっと短いページでも印象に残ったしなぁ。
ワンコインでもお得感がない作品でした。

☆ワースト3
『執事に恋してはならない』/御木宏美
海王社 (2006/11/24)
【Amazon】

こちらはどっちかというと、
期待が大きすぎて現実との落差に
がっかりしてしまった残念賞かもです。

昨今、巷に執事ものがあふれている中、
観光専門学校(前身が執事、メイド養成学校)の
バトラー科とホテル科を使い、実習で賓客の見習い執事と
豪華客船の見習いキャビン・アテンダントという立場に
なって繰り広げられるお話、という設定に、
おお、さすが御木さんだ!とわくわくしていたのですが、
なんというか、全てにおいて中途半端なのでした。

今回、キャラを見習いにした分、得意の職業知識が
描かれていてもどうしても職務という感じではないし、
恋愛面においても甘ったるい部分がほとんどなく、
どこに惹かれたのかも不明なまま、「俺たちの恋はこれからだ!」
――いわゆる某飛翔(英語にしてね!)の打ち切り作品みたいな
終わり方になっていて、なんとももったいない……。
あと5冊ぐらい続いて、就職してからも関係を
深め合うところまで書いてあれば、面白かったかも。

ちなみに、受けの口癖は「ぬかせ」。そんなハタチ居ないよ!


☆ワースト2
『マリンポリスは恋に濡れそぼつ』/葉月宮子
プランタン出版 (2007/02)
【Amazon】

海上保安庁のカップルということで、
著者の萌えどころがつまっているそうですが、
残念ながら理解できませんでした。

いや、バディ同士での、とか同室の関係とかは
分かるんですが、攻めが理解できませんでした。

再会したらある事件のせいで態度が変わっていた、と
いうのはいいんですけれど、仮にも自分のバディに対して、
態度があまりに子供過ぎるだろ……。しかも職業意識が高く、
ストイックと描写されているのに、「力量不足のお前は
俺のバディとは認めない」……って、君のせいで
仕事に支障をきたしていると思うでござる。
素直に指導すればいいじゃないか。

さらには、じつは超むっつりスケベな攻めは
ところかまわずに欲情し、船室ではなんと抜かずの6回(!)や、
路地で準備なしでの挿入など、受けにご無体をしでかします。
受けの次の日の仕事とか考えてねえだろ、こいつ。
異議あり!どう考えても、この攻めはムジュンしています!
どうせストイックなら、本当にストイックなままの関係のほうが、
職業意識の低い人間よりは萌えたかもしれません……。
(某マガジンのあのマンガが影響大なのかもですが。)


☆ワースト1
『新宿退屈男』/愁堂れな
竹書房 (2008/1)
【Amazon】

ようやく本丸まで辿り着きました。
これを書きたいがためにここまで
書いてきた、と言っても過言では無いわ!

本当にタイトルどおり退屈でした。
まず主人公の受けが警察官とは思えぬ直情径行というか、
幼稚で頭が悪すぎてイラッとさせられました。
天然というスパイスでごまかせる素材ですらありません。
攻めの行動・言動にも魅力が無い。襦袢を着せたかった、と
あとがきにありましたが、本当にそのためだけとしか思えません。

事件も背景も「シリーズものだから続きは次の巻で!」みたいな
飛ばしぶりで、でもそこが飛ばされていては全く面白くなく、
続きどころか残りのページすら読む気がうせてしまいました。
2作目?ええ、もちろん読んでなるものですか。

エロだってふんだんにあれば良いってもんじゃないと思う。
エロ描写で読ませる作家さんではないと思いますし、
そこにいたるまでの過程・理由がイマイチなんだもの。
また、一人称で地の文が書かれているときに、自分のアレを
「俺の雄」と書かれているのを見て爆笑です。
どこに自分の性器を雄という男性がいるんだか。

奈良さんのパッケージが国産うなぎに見せてくれますが
中身は中国産のうなぎなんじゃ?と訝しみたくなる作品でした。


ふう、すっきり。半年の穢れを落とした気分です。
もしこれらの作品が好きな人がいましたら、
まあ、感想はひとそれぞれってことでお許しを……。

私はまったくオススメしませんが読むのはご自由にどうぞ!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2008年 | 21:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - |