-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 全サとアニメのはなし | main | ナツのコラボ表紙をBLで妄想する >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『罪人は愛を知る』/大鳥香弥(一馬友巳)
「“ブッ殺す”と心の中で思ったならッ!
その時スデに行動は終わっているんだッ!」という
JOJOファンには定番のプロシュート兄貴のお言葉です。
(知らない人はいきなりのっけからすみません。)

私は面白い本を読み終わったときにセリフを
改変して心の中で叫んでしまいます。すなわち、
「“面白い”と心の中で思ったならッ!
その時スデに行動は終わってるんだッ!」という風に。
面白い本って読んでるときは「面白い」と思わず、
読み終わってから「面白い」と思うんですよね……。

そういう楽しい読書ができた1冊でした。以下感想です。



『罪人は愛を知る』/大鳥香弥
幻冬舎コミックス (2007/02)
【Amazon】


☆あらすじ
近世ヨーロッパ風の、とある国の領主・ハトリー伯爵は
頼れる名領主、冷たく傲慢で女嫌いのサディスト。
そんな彼に危ないところを助けられて拾われるはシルス、
身なりはみすぼらしくとも、美しく貴族的な所作と
知性でハトリーの興味をひきますが、母の遺言と
ある目的をもってハトリー伯爵に近づきました。
その目的の大きさゆえに簡単には打ち明けられず、
距離が近づいても頑ななためにハトリーに不審がられてしまい……

*   *   *   *   *   *

リンクスロマンスだけあって、良いロマンスファンタジーでした。

シルスの目的は、(ネタバレ白文字→)国の王位継承なのですが、
そうとあっては味方なのか敵なのか、また、
味方でも協力してくれるのか静観したままなのかを
見極めなければならないので、ハトリーが不信感を
募らせても、打ち明けられないシーンがすごく自然です。

失敗すれば死と隣り合わせな、大げさに言えば
陰謀が絡むだけに恋愛よりも深い信頼を得なければならない、
ハトリーとの信用が確たるものとなっていなければいけない。

そのハードルの高さがすれ違いを盛り上げると同時に、
虐げられても口を割らないシルスの芯の強さが引き立ち、
ハトリーに守られるだけでなく、大胆かつ慎重に、
事をなそうとする凛々しい人柄が見事に描かれています。

ストーリーの秘密を盛り上げるとともに、
シルスの芯の強さも描き出していて、
両方とも上手く相互作用していたと思います。

どうしてもファンタジーだと役割のためのに
人格形成がなされているキャラが多くなりがちですが、
シルスには血肉の通った人間性を感じました。


そう、シルスの描写が特に良かったのですけれども、
攻めのハトリーもなかなか良かったです。
ハトリーの自覚なしの恋からくる嫉妬心や、
自覚してからの優しさとヘタレ化、
さらに秘密を知ってからのひたむきさは、
前半の悪行を帳消しにするほどです。

うわべだけでない忠誠が、シルスの正体を知る前から
描かれているおかげで、その深さがよく分かるし、
本当にうまく物語と恋愛模様が融合していました。

シルスにしたことが赦されるわけではないですけれど、
表紙に見えるとおり、この先もシルスにかしずき、
慕い添ってゆく決意が感じられるラストシーンも、
彼の株を上げまくった要因でしょう。……というか萌えたよ!!
会社で我慢できなくて昼休みに読ませちゃうぐらい!


まあ、ストーリーは珍しくはないかもしれませんが、
人物描写や構成がしっかりしているので、
先が見えても飽きるということはありませんでした。
落語の『寿限無』がお決まりの話であっても、
話者の芸が達者であれば「じゅげむじゅげむ……」が
いくらでも面白いと感じられるようなもので、
丁寧に綴られた王道ストーリー、ばっちこい!でした。

というわけで、ロマンスファンタジーが読みたい方には、
ぜひオススメしたい1冊です。

| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:52 | - | - |