-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ナツのコラボ表紙をBLで妄想する | main | BLマンガ読了メモ@2008.7.12 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『愛は憎しみに背いて』/中原一也(小山田あみ)
ついに出たボーナスでゴージャス!な気分になったので、
会社帰りに本屋に寄ったのがまずかったようです。
予定表にないものを買いすぎた……!どのようにして
あの最寄り駅書店は私のツボを抑えているんだろう。

予定外に買ったのはこちら。
・『弱虫ペダル』1/渡辺航
 →延期になった『セカンドウィンド』2 の代わりのように
  ロードレースのマンガがあったので衝動買い。
  最近はオタクと結びつけてキャッチーにする風潮がありましたが、
  これはその中でもうまく融和させていると思います。
・『恋愛虫毒』/御景椿
 →BL。まだ未読だけど擬人化っぽいので期待。
・『亀の鳴く声』/西炯子
 →フラワーコミックスだったので漏れてたもよう。
・『百鬼夜行抄』10/今市子
 →文庫版だったのでチェック漏れでした。ちょっと薄い……?

他にBLマンガを複数買い込んだので、明日は50%の確率で
BLマンガの複数短文感想になるでしょう。

以上、買い物日記でした。それでは今日は、
エロが(も)素敵だった中原さんの新刊感想です。




『愛は憎しみに背いて』/中原一也
幻冬舎コミックス (2008/06)
【Amazon】


☆あらすじ
昔の恋人・蘇芳忠利(すおうただとし)の勤める病院を相手取り、
裁判を起こすことになった弁護士の陣乃彰之(じんのあきゆき)。
十年前、尊敬してやまない蘇芳と愛し合っていた陣乃は、
ある事件がきっかけで、手酷く別れを告げられた。
情熱的に自分を求めてくれていた蘇芳の豹変に傷つき、
陣乃は彼の前から去ったのだ。蘇芳と再会した陣乃は、
この裁判から手を引くように迫られるが……

*   *   *   *   *   *

つくづく、中原さんというかたの攻めとエロスの
描写が、自分好みなんだなあと思いました。

蘇芳はイケメンで剣道を嗜んでいるおかげでガタイもよく、
男らしく人に慕われ、金持ちゆえか我が強いけれど、
気遣いもできて、包容力もあります。
それよりも大切なのが、多少オヤジくさくエロい。
つまり、自分のツボなんですよね、蘇芳。

そして『愛してる』だとかをあまり言わないかわりに、
直球に相手を求めるエロい言葉(抱きたいだとか、
興奮するだとか)をいうやつでして、えてして私、
そういうキャラが好きすぎるので参りました。

なんとなく、『愛してる』を連発するキャラって
胡散臭いというか、どうにも違和感を感じてしまいます。
イケメン+ガタイがいい+性格が良いなんて人間は
腐男子よりも存在しない「架空」に近いですが、
『愛してる』を告げる危惧すべき詐欺師はそこそこの確率で
「現実」にいるような気がするから胡散臭いなのかなあ……。

ま、原因はどうでも良いとして自分が受の立場なせいか、
攻めの好き嫌いが本の好き嫌いに影響するんですよねえ。
なので攻めが好みな確率の高い中原作品は、
きっとずっと買い続けると思います。


とはいえ、受への好みもやはり影響しますが、
今回の受・陣乃は、我の強い攻に従うだけでなく、
確固とした独立心があります。そのため、
ワーキングでもエロでも蘇芳をたじろがせるほどで、
よっかかるタイプでないのが良かったです。
最近の風潮なのかもしれませんが、守られるだけでない、
同等の「男」としての存在を、ワーキングでも
なんででも示してある作品は好きです。


さて、今回気に入ったエロスシーンは、
蘇芳が大学生という過去の時系列で、
事後で入ったままのアレをわざとピクリ、とさせる
大学生にしてはやりおるのう……なシーンと、
蘇芳が陣乃を抱く前に試しに抜けるか自慰してみたシーン。
エロジジイ思考なのに体は若者、な感じがたまりません。

あと、中原さんのエロシーンって「女」って描写が
多いですよね。(「女のように」「自分の中の女」など)
これ、乱発されると萎えてしまいますが、適量なら、
その心情は理解可能なので、効果的に楽しめています。

崎谷さんや秀さんや沙野さんのようにページから
飛び出るような描写ではないけれど、やっぱり好きです。
小山田さんの挿絵もマッチしていたから余計に。


……なんだか今回は、感想と言うより中原さんが
どれだけ好きかを語ってるだけのような気がしますが、
オヤジものでなくても楽しめた1冊でした。
| [BL・小説]中原一也 | 23:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:27 | - | - |