-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『愛は憎しみに背いて』/中原一也(小山田あみ) | main | BLマンガ読了メモ@2008.7.13 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLマンガ読了メモ@2008.7.12
この一週間で読んだBLコミックの感想です。
今週は自分としてはよく読みました。ネタバレというほど
ネタバレはしない予定なので、早速書いてしまいます。

・『ソウル・キッス』/ホームラン・拳
角川書店 (2008/7/1)

とても秀麗な絵と著者名のギャップで
いまだに笑ってしまうホームラン・拳さんの、
不幸な青年を主人公とした現代ものと思いきや、
実はファンタジーな作品でした。

『仲神家の一族』のようなギャグもいいんですが、
絵柄にあった直球なファンタジーもいいですね〜。
ファンタジー部分での、権力による隠蔽体質が
リアルぽくてちょっと現実を憂いてしまいましたが、
伏線もほぼ回収(1つだけあとがきで補足)されて
いましたし、1冊で完結した物語として楽しめました。
あ、カバー下は読み終わったあとに見るべし。


『コル・レオニス -獅子の心臓-』/車折まゆ
ふゅーじょんぷろだくと (2008/06)

表紙買いした短編集です。
初めて聞いた名前なのに、以前に買った
アンソロで読んだことのある話があり、
おかしいと思ったら、ペンネームが変わって
いました。(雑誌ではGunさんでした)
…トリビアでした。

絵は(トジツキさん+舞妓マリーさん)/2のイメージを抱きました。
表紙から裏切られる絵ではなく、丁寧な絵が嬉しいです。

1〜5話は、リンクしながら主人公がずれていく形で、
BLらしい話から決してカップリングではない兄弟の
コンプレックスの話など様々で、多様性に富んでいますが、
それゆえに、「この人たちの話もう少し読みたい!」と
思ってしまいました。全7話中の残りの2話も、BLの関係が
描かれていない状態で終わってしまうので、惜しいです。
ブックカフェのヒゲ店長×客の話の続き、読みたいな……。
次の作品も楽しみにしています。


・『カフェラテ・ラプソディ』/川唯東子
リブレ出版 (2008/07)
美形だけれど背が高く怖い顔の学生と、
チビでそばかすの書店員のラプソディ。
実はラプソディって概念としてよく分かってません。
(狂詩曲って字面が悪いと思う)


怖い外見で判断されてしまう実は乙女な攻めと、
過去に、外見で判断されたことから、
攻めの素直な愛情を受け取れない受け。
……ちょっとこのカフェラテ、甘すぎざますわ!
乙女な攻めという設定はありますが、ほのぼの系の
BLとして真っ当なつくりで安定感のある話でした。
私としてはここまで攻めが乙女だったらちょっと、
っていうかめちゃめちゃいじめたいと思いました。

・『神様の腕の中』4/ねこ田米蔵
リブレ出版 (2008/07)

このシリーズ、リブレになってから新装版を
除いて、初の新刊ですね。久しぶりの続刊すぎて
話を忘れているかと思ったらオムニバス形式なので
平気なんでしたね。それすらも忘れていました。



今回はいじめられていた攻めの家が、権力を
笠に着ていた受けの実家を買収することによって、
形勢が逆転する話だったのですが、ええっと……、
こいつらはいったい何がしたいんでしょうか。
攻めのやることも受けのやることも生温くてイライラする!
悪役も中途半端で何がしたいのかよくわかりません。
全員自分の力で何かを為していないからそう感じるのかも。
前巻までってこんな感じだったかなあ。再読します。

絵は相変わらず綺麗でしたけれどね。
ねこ田さんのブリーフは1度は見ておくべきだと思います。


・『不器用なサイレント』2/高永ひなこ
リブレ出版 (2008/07)
(前巻の感想→こちら)

今月のリブレの新刊で1番楽しみにしていた
このシリーズですけれど(2番は田中鈴木さん)、
さすが高永さん、愉しませていただきました!

おさまりよく終わっていた前巻からどうやって
つなげるのかなと思っていたら、イベントと新キャラでした。
イベントは、田宮の部活合宿で離れ離れ、という
定番なのですが、テンポとギャグが良い上に、
キャラがよく動いてるので定番でも楽しめます。
ギャグに大きく関与した新キャラ・智の母(智同様に、
無表情キャラ)もいい味を出していて面白かったー!
エロは少し抑えぎみですが心の中のミニ智も
相変わらず可愛く、大満足した一冊でした。


…あと5冊あるのですが、疲れてきたので続きはまた明日。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | - |