-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BLマンガ読了メモ@2008.7.12 | main | 『ビター・スイート・レシピ』/月村奎(佐倉ハイジ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLマンガ読了メモ@2008.7.13
今日はめっためたに暑かったですね。
本を読むのに一苦労、さらにクソ面白くなくて2乗苦労でした。
この本め…半年後に首を洗って待ってらっしゃい!(先が長いなー)

さて、昨日の続き、BLコミック感想群です。

・『恋続アンビバレンツ』/吉田艦助
オークラ出版 (2008/7/11)

ゲイコミも読むものとしては、
アクアコミックス肉体派というレーベルが
存在するだけありがたいですね。
古川書房とここぐらいしかないもんなあ。

さすが肉体派だけあって、筋肉描写と性器描写は
とても良かったです。男性向けでよく見る、
体内にアレが入った状態で断面図になっている絵は
BLで見るとなんか新鮮でエロに関しては満足……、
なのですが、純愛ものギャグものバイオレンスものが
入り混じっていて、ばらけた印象が強いのです。

アンソロジー掲載作ゆえ、しょうがないことかもしれませんが、
もうちょっと統一感のあるつくりになってたら
良かったかな……ピアスとかと親和性が高そうな絵柄なので、
ぜひシリーズなどを描いてもらいたいものです!
ゲイコミ作家、頑張って!(と、せめても本を買って応援)


・『恋愛虫毒』/御景椿
リブレ出版 (2008/07)

先の吉田艦助さんもそうですが、
この方も初読み作家です。
絵柄はストライクではないのですが、
虫の擬人化ものとあって期待していました。



虫の生態などについては、ものすごく面白かったです。
天道虫が木の枝などにつかまると上まで登ってしまい、
うっかり飛び立っちゃうだなんて面白いですね!
BL本にするためというより、本当に好きなんだなと
いうのがコラムからもよくわかりました。

しかし虫のネタが面白いかわりに、BLとしては
萌えにまで至ることができませんでした。
擬人化しないでミニキャラのままだったほうが
萌えたかもしれません……(すっごく綺麗な3Dよりも、
想像力の働く2Dのほうが好きなようなものかも。)
あのやぎとおおかみ系がお好きならいいかもです。


・『シングルファザーズ』/梶本潤
海王社 (2008/7/10)

パパとパパの「本気恋」と書いて、
マジコイと読むようです。(帯より)
日本語って難しいですね!
バツイチ同士という設定に非常に
期待して、本編を読んでいないのに
外伝に手を出してしまいました。

結論から言うと、期待しすぎたようです。
顔の描き分けはいつものことなので目をつぶるとして、
キャラや彼らの過去がわからなかったせいか、
キャラの行動とかが分からず、魅力が半減でした。
また、良いのか悪いのかわかりませんが、
シングルファザー面がものすごく楽チンに見えるんです。
子育てと仕事で大変なバツイチ同士が唯一心を許す関係……
なんてのを想像していたのでちょっと残念でした。

井上佐藤さんのバツイチ同士(雑誌掲載作)の話が
良すぎたせいで期待しすぎたのかしら……、
やっぱり先に本編を読んでおくんでした。くそう。


・『ほんと野獣』/山本小鉄子
海王社 (2008/7/10)

山本さんのイメージはとりあえず
「ほんわか、ピュアラブ」だったので、
ヤクザものねえ…と思いつつ、
しっかり購入したら面白かったです。

まあ、出会いからしてほほえましくて、ヤクザに
見えないかわいいヤクザ(受)のパンツを盗んだ犯人を
警官(攻)が捕まえた……ですから。
持ち味がそがれることなく可愛かったです!
中身がなよなよしているわけでもなく、
可愛いロミジュリを堪能いたしました。

ヤクザのハードなものを期待したら外れると思いますが、
山本さんのこの雰囲気が好きなら心配ご無用です。


・『アイツの大本命』/田中鈴木

リブレ出版 (2008/07)

あの「不細工特集」で人気ナンバー1(笑)!』って、
リブレが自分で「あの」と言っちゃうくらいに
異端だったアンソロ・不細工特集に収録されていた
「アイツの大本命」が単行本にお目見えです。

不細工…なんだろうけれど、2話3話と進むにつれ、
吉田(受)がかわいすぎるうう!となること請け合いです。
当て馬に襲われかけて、当て馬がその佐藤の顔に
「あ〜ダメだ雰囲気出ねぇ…」と言われているシーンや、
ドSな佐藤(攻)にラブラブにいじめられているシーンが
もう萌えすぎて周りの温度を3℃上げましたね、うん。

不細工トリオも面白く、佐藤の類友ドS少女も美しく、
楽しく読めた1冊でした。田中鈴木さん大好きだ!

さー、暑いけれどBLを支えにして明日からも頑張ろう。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - |