-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ビター・スイート・レシピ』/月村奎(佐倉ハイジ) | main | 定時ダッシュ、むなしくも >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『変態天使の純情』『変態天使に祝福を』/須和雪里(内田かおる)
ついに須和雪里フォルダができてしまいました。

最近「この作品面白い」と思っても、新刊を読むのが
精一杯で、なかなか過去の本まで辿りづらいのですが、
それでも須和さんは遡っていきたい作家です。

あと旧作が気になっている作家と言えば、小林典雅、
剛しいら(いつになったら旧作を読み終わるんだ…)、
吉田珠姫、樹生かなめぐらいしかいないんですよね…、
もっと広げないといけないなあと思う反面、
興味のある新刊も見過ごせないし、困っちゃう毎日です。

それでは今日の感想本、名に相応しき変態本でした。
以下、感想です。
(お貸しいただいたHさん、ありがとうございました。)



 
『変態天使の純情』『変態天使に祝福を』/須和雪里
竹書房 (1998/07, 10)
【Amazon】     【Amazon】


☆あらすじ
高校入学早々、草野秋広は笑顔が女神様のように素敵な、
化学の橋本先生(男)に恋してしまう。化学の苦手な秋広は
夏休みに橋本先生の個人授業を受けることになり、
2人は急速に仲良くなっていったのだが…

*   *   *   *   *   *

まず麗人のノベルスがあることにびっくりですね……、
ラヴァーズ以前に小説が出ているとは思いませんでした。

さすが麗人レーベルだけあって、エロの回数は多いですが、
それよりも橋本先生と草野の変態度が衝撃的でした。

どこまでが変態なのか、そのものさしは
人によりけりだと思いますが、

・人の白衣を勝手に着てオナニーする
・ごつめの受けに裸にパンストを着せる
・本物の真珠のネックレスをあっちのパール代わりにする
・バナナならぬバナナアイスをつっこむ
うん、誰が見てもド変態だね!
ちなみにこれは1冊目の内容をさらっと拾っただけで、
2冊目だって負けず劣らずの変態振りです。

これだけなら「くだらねー(笑)」で終わりなんですが、
それに終わらないのが須和さんらしい。

先生の変態ぶりは変態という域に収まっておらず、
実は精神疾患的なところまで行ってしまっています。
愛しいものを殺したくなってしまうのです。
彼のこの悪癖は先天的なものではなく、過去に
愛していた人物に殺されかけたことによるトラウマです。

愛してる人に殺されかけたから自分もそうだ、という
安易な話ではなく「愛しているのに殺したくなる」理由が、
須和ロジックによって見事に描かれており、
さもありなんと納得してしまいました。
先生が愛しているものを殺したがる悪癖が、
「愛されなかった怖さ」ゆえの悲哀に変わるとき、
切なさがどっとこみあげてくるのです……。
危ない、電車の中じゃなかったら泣く所でした。


それを受け入れようとする草野も凄いんですけどね。
普段のセックスだって半端では無いのに、
こんな弱さをもっているひとを愛せるってのは、
よっぽどの変態か、天使か……、そんな草野が
とった道は想像にお任せします。

もちろん続刊が出ていますから死ぬことはありませんので、
その点はご安心を。でも須和さんだったら、
下手すると死んだ草野とで話を書きそうで怖い(笑)

続刊は隣人´△叛萓犬箸離┘躇幣絅札奪ス未満、
という、面白い構成となっていまして、
ここからまた先生の弱さが露見するのですが、
それは読んでのお楽しみと言うことで。
私は隣人△亮ο辰さいっこうに面白かったです。
BLで、いやゲイ小説だってねえだろ、痔ネタは!(笑)

内田かおるさんの挿絵もベストマッチでした。
(内田さんの挿絵って珍しいなあ。他に見たことない)

ということで、旧作ですが、全力でオススメです。
| [BL・小説]須和雪里 | 22:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | - |