-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「小林典雅に期待する会」会員参加表明 | main | 『君の心を眠らせないで』/鳩村衣杏(櫻井しゅしゅしゅ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
開店時間ダッシュ、嬉しくも
おはようございます……ああ、よく寝た。

昨日記事を書いた後、池袋アニメイトで今日から
フェア開始、とコメントをいただいて、諦めようか
行こうかとても悩んだのですが、今朝、朝暑くて
目が覚めてしまったので、行くことにしました。

予定通り 10:05 にアニメイトについたところ、
確かに今日からという証拠に、店員さんがフェアの
本を品出ししていたり、明らかに小冊子目当てと思われる、
これから狩りをしようとするチーターのような目つきの
かたが私のほかにもいらっしゃいました。

見渡したところ文庫版がなく、店員さんに聞いて
階(売り場が文庫とコミックで異なる)を
間違えていたことに気づくというハプニングも
ありましたが、無事小冊子をゲットできました。

小冊子の残りは会計を終えた時点で残り20部弱ぐらいでした。
あのアニメイトでかの池袋で、これだけしかないのなら、
地元の書店で終了していたのもさもありなん……。
いっそフェア対象品と小冊子を一覧から指定するなど、
事前予約制にしてくれればいいのにと思いました。
そしたら全国から注文が来ると思うんだけれど、
配本のコストのほうがかかってしまうのかな。


さて、お宝をゲットした充溢感を味わいながら、
K-BOOS が開く 11:00 までリブロでモーニングセットと読書。
まずは戦利品の小冊子Cを読みました。
エダさんの『理髪師の〜』は、カップルの幼なじみの
友人の視点で描いた3人旅行ものでした。
カップルは幸せそうだし、肉屋の息子にも春が来て万歳!
遠野さんのは小説自体読んで無いのでスルー、
松岡さんの『F&B』はナイジェル視点のカイトラブを
綴った話で、ナイジェル派には嬉しい話でした。

559円で28ページの合同同人誌買って、商業誌が
1冊ついてくると思えばお得ですよね、ほんと。
なんか間違ってる気がしなくも無いのは暑さのせい?

ま、ほかにも『パサラちゃん 2』や、火崎さんの
『メビウスの恋人』を読んでいたらあっという間に11時。

K-BOOS ではじっくり見ましたがBL本はそれほど
買う気がなくなり、4冊ぐらいでした。代わりに
一般コミックは多めだったので、プラマイゼロ、
それに男性向けも再チャレンジで1冊買ってみました。
……あそこにいるのはBLゾーンにいるより恥ずかしい。

ちょうど1時間をゆったりとすごし、12:00 にまんだらけ。
ここでは商業誌はざっとみて特に買わず、今ハマリ中の
逆転裁判の同人誌を漁り、3冊計500円ほど購入。
ああ……、やっぱりゼニトラ受はないのか……、
意地っ張りでコワモテにきつい関西弁なのに
権威に弱く胸をあんなにはだけている、という
あんなに受々しいゼニトラの調教本がないとは残念。
自分の脳内妄想で満たすしかないか、やっぱり。

帰りの池袋は1時ごろ、ポニョの上演待ちの人が溢れてました。
私は「海中」が映像で見るのもダメなので見ませんが、
だからまんだらけとか、比較的空いてたのかな…。


あとはもう地元へ帰るだけだったのですが、
帰りの電車が途中から路線が変わるとは知らず、
2駅ほど過ぎてから間違いに気づいたのはこうやって
ネットで書けるからこそ笑い話ってことで。
ゲームに集中して乗り過ごすなんて初めてです。

その後は地元のほうで軽く買い物をして、帰宅しました。
ようやく全て揃った小冊子を眺めて、読み始め、…たら、
やっぱり疲れていたのか、さっきまで爆睡でした。
小冊子のコミック版が1枚絵ばかりで作品とはさほど
関係ない内容だったのが悪いと思うんだ(まさに責任転嫁)。

キャラのやりかたには naruhodo_igiari! と言いたいですが、
されど嬉しい感じてしまう私の腐った情熱とでは、
どっちもどっち、と感じた一日でした。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:31 | - | - |