-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 開店時間ダッシュ、嬉しくも | main | 『ヤバイ気持ち』/穂波ゆきね(原作・鹿住槇) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『君の心を眠らせないで』/鳩村衣杏(櫻井しゅしゅしゅ)
今日は昨日の反動で、床屋に行く以外は家に居ました。

家の中で風が吹けば涼しいですね。
おかげで私、コミック1冊小説2冊、同人誌全て、
逆転裁判3を終えるというスムーズさ。
最後のゴドーはどう見てもナルゴドフラグだよ…。
(ゴドナルでも可)
4は意見が分かれるようですが、やるしかないですね。

さて、今日は鳩村さんのいい意味で地味なお話でした。
以下、感想です。




『君の心を眠らせないで』/鳩村衣杏
幻冬舎コミックス (2006/11/30)
【Amazon】


☆あらすじ
大手飲料メーカーに勤める吉永諒一は、宅配便の誤送がきっかけで
同じマンションに住む税理士の沖野司と知りあう。
穏やかで芯が強い沖野に好感を持ち親しくなるが、
ある日、彼が同性愛者だと知る。戸惑ったものの、
沖野への友愛の気持ちは変わらず、友人関係を続ける諒一は
いつしかそれ以上の想いを沖野に抱く自分に気づき始めるが……

*   *   *   *   *   *

この作品、お決まりの「記憶喪失」があり、
本人たちにとってはとても大変です。その上、
挿絵が櫻井さんなのになぜか地味に感じられるのです。
地味と言うか…キャラが地道なのかもしれません。

この作品、珍しいことに、なくした記憶は
戻るかもしれないし、戻らないかもしれないという
グレーゾーンのままで終わってしまうのですが、
それでも彼らは地道に、乗り越える気がするんですよね。

それは、作品の半分以上を使って描かれた、彼らの緩やかで
しっかりとした付き合い方が見えていたからだと思います。

諒一はゲイとして生きることへの葛藤を感じながらも
司と歩んでゆこうとするし、司も、諒一がたどってきた、
「ゲイであること」への葛藤を知っているため、
急かさずに歩調を合わせてゆこうとしていました。

特に司が、「ゲイの世界」を紹介しながらも、
いきなりその世界だけに染まってもらうのではなく、
今までの自分とうまく調和して、少しずつ認識を
変えて欲しい、というやりかたはすごく良くて、
この丁寧な描写は鳩村さんの作品でも屈指の良さでした。

そんな風に、互いの価値観を折衝してきた彼ら。
人と付き合う上で一番難しいのは価値観が異なること、
それをどうやってすりあわせることかだと思うので、
それができた彼らなら……、もし記憶が戻らなくても、
二人三脚で新しい関係を築くこともできそうな気がします。

もちろんそんなの現実で起こったら非常に難しく、
別れる確率も高いと思いますが、BLのハッピーエンド主義が
発揮されてこの後も幸せだといいなあ、と思いました。


鳩村さんだけあって仕事場面もなかなか良かったですし、
オススメしたいのですが、うまくいっているだろうと
脳内補完をしていても、彼らがその後どうなったのか、
はっきり描かれないのがやっぱり寂しくもあります。
スピンオフ中でもいいので、その後を見たいですね……。

脇カップル(司の友人で、ゲイ仲間)もなにやら問題を
抱えているようですし、こちらでちらりとでも
書いてくれないかしら。(私が知らないだけで、すでに
書かれているのであればどなたかご指摘くださいませ。)

まあ、そのマイナス点を含めても、良作でした。
その点が平気そうであれば、どうぞお試しを。
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:32 | - | - |