-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『君の心を眠らせないで』/鳩村衣杏(櫻井しゅしゅしゅ) | main | 2008年8月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ヤバイ気持ち』/穂波ゆきね(原作・鹿住槇)
引き出しの整理をしていたら、昔の手帳が出てきました。

以前は手帳に読んだ本をメモしていたので、
ちょっと気になって見たところ、BL抜きで
毎年平均約100冊読んでいました。
(BL抜きというのはBLを読んでいない時期のため)

それがBLをまた読み始めた2005年からというもの、
愕然と減っていて、うーん、BLへの傾斜ぶりが
よくわかった一日でした。今なんて小冊子のために
本を買うようになっちゃったくらいだしな…腐腐腐。

しかし、小冊子のために買ったとはいえ、
この作品はいい作品でした。以下、感想です。




『ヤバイ気持ち』/穂波ゆきね(原作・鹿住槇)
徳間書店 (2001/09)
【Amazon】



☆あらすじ
引っ込み思案で内気な透(とおる)は、水泳部に
所属する同級生・涼司(りょうじ)に片想い中。
ずっと親友のふりをしてたのに、ある日突然涼司に
「おまえを見てると、なぜか欲情するんだ…」と言われる。
その理由を確かめたいと言う涼司に戸惑いながらも、
透は隠してきた欲望に流されるように涼司に抱かれてしまい…

*   *   *   *   *   *

原作つきのドラマはどれもつまらないと思う私ですが、
この原作つきのマンガは面白かったです!
(文化祭〔フェア〕でノリで付き合ったら意外とよくて、
その後も付き合うようになりましたみたいな感覚)

まず、キャラは説明が多すぎず少なすぎずで分かりやすく、
絵もシンプルで読みやすく、間のとり方や
感情の描写も上手くてさらっと読みやすいです。

穂波さんのコミックスは初読みだったのですが、
シンプルな中にも感情溢れるものを感じました。
かなり無神経で感情が計り知れない厚顔面の涼司も、
無神経さに傷つきながら体の関係を喜んでしまう
透の複雑な表情も、ズキュゥンときました。


話の入りの奇抜な涼司のセリフは派手ですけれども、
それ以降の展開は、古きよき学園ものという印象。
(突飛な発言)→逡巡の上で体だけ→別の男と付き合うと嘘→
本当のことを告白→ラブラブ……、うーん、
ここまで真っ当だとかえって懐かしく感じます。

ただ、絵柄もシンプルながら丁寧な描写のためか、
先の展開は読めつつも、すっと自然に引き込まれて、
一気に読んでしまいました。
王道って良いですよね……、良いんですよ!

鹿住さんの小説は、最近は装飾性があまりないので
なかなか読む気にならないのですけれども、
絵で表現されると、それもいいもんですね!
透の恋する姿はつい応援したくなる可愛さですし、
とても良い原作つきコミックスでした。
挿絵が上手い人に原作つきって相性がいいのかなあ。


この作品が気になったのでネットで調べたところ、
人気が高かったのでしょうか、鹿住さんの同じタイトルの
小説がこのコミックスの後に出版されており、
さらにCDもコミックスと小説の間に出されていました。

すごい事ですよね、最近良くある、元々から
本→すぐにCDって流れじゃないんだもの。
小説版は、コミックスでは描かれていない涼司視点の
話もあるそうなので、ぜひ読んでみようと思います。

また、穂波さんは原作つきの作品が他多数あるようなので、
こちらも読みたいな……オススメありましたらお知らせください。

というわけで、まだバースデーフェア対象品で
迷われていたら、こちらをオススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 20:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:31 | - | - |