-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2008年8月新刊購入予定リスト | main | 『隣の』/腰乃 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
一般エロ小説を読んでみる
「一般エロマンガを読んでみる」という企画を
エイプリルフールにやりまして、そのあとも
オススメされた師走の翁さんほかを試してみたんですが、
関谷あさみさんの『YOUR DOG』のギリギリセーフを
除いて、やっぱりダメでした。

一番合わなかったのが男性(主人公)の存在の希薄さ、
だったみたいです。DQ の主人公みたいで、
その男の中にすんなり入り込めるひとにとっては
感情移入しやすいでしょうが、まったく女性に
興奮できない自分には向かないんだなあという結論に。

しかし、小説ならどうなんだ、と思い、ちょっと
トンデモ系のを探してみたら……あった。

ということで一応専門で無いレーベルの本ですが、
18禁内容+一般向けなのでいったん切ります。




『でこちん』/横溝美晶
徳間書店 (2000/08)
【Amazon】




☆あらすじ
真中太史(まなかふとし)は、鍛え上げた筋肉を誇る、
スポーツクラブのインストラクター。
そのうえハンサムときているから、クラブの女性会員から
ひっきりなしにモーションがかかる。が、超短小+包茎+早漏の
ムスコが災いして、いまだに童貞というトホホ状態。
そんな彼に大異変が起こる。嬉亀神社の主・大亀様が
ある事故により宿り、突然下半身に巨砲が出現したのだ……

*   *   *   *   *   *

あらすじからお分かりの通り、よくあるパターンの
「義母」「人妻」「女子大生」などの小説は、
マンガと同じで、そういう属性の女性との状況を
愉しむものだろう、と思ったのでそれらは避け、
男性側に何かが起こる、官能小説として
変り種(でしょう、きっと)なこれを読んでみたら、
や、やばい……面白かったです。


真ん中が太いという名前なのに、185センチ90キロで
インストラクターというゲイにももてそうな彼が、
実はアレが小さくてコンプレックスに悩んでいる、
なんてネタ的にはBLでもいけそうな感じですよね。

そこに大亀様が宿って巨根になって、セックスしまくる
荒唐無稽な話なんですけど……、吉田珠姫さんの
あの「ピジョンブラッド」を読んだものとしては、
全然楽しめる範疇でしたことですのよ。

終わり方もBLだったらここは「元の小さいものでも
好きだという人間があらわれる」という展開だろうな、と
思ったところで、なんと現状維持のまま、絶倫のままで
いっちゃうところには、男の率直な願望が現れていて、
予想外で楽しかったです。(しかし、この大亀様、
過去にも女に手を出しすぎて封印されたというに懲りない奴……)


やっぱり勝因としては男性(主人公)が話の中心であり、
男性の体についての描写もけっこうあったりしたことが
原因だと思いますねー、はい。

巨根になるまではヘタレ(三十で童貞とか)だったり、
変化が起きてから自信マンマンになっちゃう姿とかに
同性だからこそ分かるその気持ち、ええ、楽しめました。
(私はデカすぎるのは嫌ですけどね。)
少なくとも、個性の無い男性でないだけでも助かります。


一番危惧していた女性の描写は、もちろんありましたが、
絵よりはやっぱりスルーしやすいですね。
黒い茂み、と描かれていても、男性の体で思い浮かべて
しまえばまったく難は無いし、「いいわぁ〜」とかの
喘ぎ声もオネエ受だと思えばたいしたことありませんでした。
オネエ受けがハードル高いっていわれたらどうしようも無いですが(笑)
(もしくは「いい………ぁっ…」などに脳内変換でも可か)


こういったトンデモもしくは男性中心路線で攻めて行けば、
充分官能小説は楽しめることを発見しました。
幻冬舎アウトロー文庫とか狙い目かもなあ。

だからってこれを中心に読むことは無いですけどね…、
この人の本とか、もうチョイ探索しようと思います。
| [その他]BL以外の小説 | 22:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:16 | - | - |