-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『少年よ男子を抱け』/祇園あゆみ | main | 『水の記憶』/桜城やや >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『Spring has come』/月村奎(南野ましろ)
冷え性の私にはほんとに早く
春が来て欲しいものです。

月村奎作品、2作目です。
2001年初版てことで結構前の作品ですね。

流行の作家を追いかけるのもいいんですが、
こうやって廻り合って気に入った作家の作品を
過去へと遡って読んでいくのも好きです。

それでは感想です。



スプリング・ハズ・カム!
Spring has come!
月村 奎著
新書館 (2001.2)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!!

捨てられるものだからこそ愛しいもの。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ストーリー詳細

大輔は高校3年生。
大学の推薦をもらい、傍目から見れば安定しているが
母は居らず、祖母は怪我をし、父は家庭にはノータッチ、
妹・弟は家のことを手伝わせたら逆に危ないため、
家族の世話をしなくてはならない状況。

もっと上、東京の大学を狙えるはずだったのに
諦めたことからちょっと鬱屈のたまった少年。

そんな時、友人に連れて行かれた総菜屋の青年耕平と出会う。
耕平は調子のいいバカな男に見え、
二枚目ではないが人格のよさが出ているいい男。

しかし煩わしい毎日を送っている大輔にとって
こんな田舎町で総菜屋を営んでいる耕平に近親憎悪を覚える。


そんな時、同級生たちと飲み会でプライドを刺激されイライラ、
実は耕平がものすごく頭のいいやつだと知ってムカムカ。

そしてそれを家族にぶつけてしまったところ、
「お兄ちゃんがいなくてもやっていける」ようなことを言われ、
切れて家出する。

そこに現れた耕平となぜかドライブ。


耕平と話しているうちに、東京まで来てしまい、
今の生活なんて瞬く間に脱却してしまえることであり
捨てようと思えば捨ててしまえることと知る。

それでも残ったのは必要とされていたいという願望があったから、
決断できなかった自分を無意識に被害者意識にしていたからだと気づく。


さらに、耕平が家に残った顚末を知り…。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

月村奎さんらしいというか、読みやすいです。
まだ2冊しか読んでないけど、全部読みやすい。

とても丁寧に心理描写されており
大輔が抱えていたもやもやとした気持ちを
耕平がほぐしてゆく車の中でのシーンがすばらしいです。

大輔が家事でムカムカするのも良くわかります。
何もしない人間は家事ごときとバカにするけど
やってみると意外と時間食うし大変なんですよね。


耕平の過去の顚末は
耕平はゲイで、カマをかけてきた親友に
告白したらふられて自殺未遂をして、
やけくそになって両親にそのことを話したら
「そんなことで死のうとするな!」と叱られ
存在を肯定してくれる人に気づき、
存在を認めてくれる人を喜ばせたいという気持ちから
家を継ぐことになった。
ということなんですが。

ここもなんて言うか・・・
自分とかぶらせちゃったんですね、ハイ。

耕平の家族への思いと同じ境遇に立ったことが
あるから痛いほどにこの救済の大きさがわかります。
ゲイにとって家族から肯定されることって
進路変えても余りあるほどの大きな救いなんですよ、ええ。

ゲイであることのもやもやした気持ちも
しっかりと突き詰めて描写していると思います。
まったく後ろめたさとかが無いキャラのBLって
楽しめないんですよね。

日常のシーンも文句なし。
お惣菜も美味しそう。
もう1話の「春の嵐」もとっても素敵です。


全編に亘ってHシーンは皆無ですが
それにふさわしい南野ましろさんの絵で
さわやか系として相乗効果抜群。
Hシーン無くってもまったく問題なく楽しんで読めました。


様式美な物語や濃厚ラブシーンを
求めている方には物足りないかもしれませんが、
ちょっとした日常を切り取ったような
ほっとできる作品を求めているときにはぜひ☆オススメ!!!
| [BL・小説]月村奎 | 14:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:53 | - | - |